韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

渡航禁止

MERSウイルス渦巻くバ韓国のソウルで!? 東方神起がウイルス拡散のためソウルでコンサートを開催予定!!

屑チョンオス二匹組の東方神起


MERS災禍のバ韓国で、屑チョンのオスユニット東方神起がコンサートを行うとのこと。

しかも、石を投げれば感染者にあたるソウルで!!


なんでも2匹組の片割れが徴兵する直前のコンサートとのことで、自称日本人のファンどもが数多く訪韓するとみられています。



コレはどう見ても屑チョンどもの策略でしょう。


自分達だけが不幸になることに耐えられず、日本にもMERSウイルスを撒き散らそうという魂胆に他なりません。


屑バ韓国への渡航禁止が出せない今の日本は本当に情けない限りです。

渡航禁止措置が取れないのなら、帰国禁止措置くらいは強硬してほしいものです。


コンサートへ行くような連中にとってはただの里帰りなので、帰国を禁止しても問題ないんじゃないッスかねwww



-----------------------
MERS渦中で東方神起がコンサート決行!感染予防を徹底するが…不安!

 MERS(中東呼吸器症候群)患者が続々と増え続ける韓国。パク・クネ大統領も深刻な事態を憂慮し、今週末に予定されていた訪米を中止したほど。その脅威は韓国芸能界にも広がっている。

 韓国芸能界の様子を見てみると、状況は予想以上に悲惨な様相を呈していた。音楽番組など多くの観客が集まる公開録画は中止され、芸能人の営業先であるイベント行事などは次々と中止や無期限延期に。コンサートは中止され、映画も公開日を延期するなど、MERSの影響で災難続きとなっている韓国芸能界。

「芸能人としては死活問題です」と嘆くのは韓国芸能事務所関係者。特に、ドル箱である中国での活動が制限されており、収入面に大きく関わるという。

 13日から始まる上海国際映画祭から自粛要請を求められていたチャン・ドンゴンとソ・ジソプが不参加を表明。他にも、中国での活動を自粛要請されている韓流スターが多くいるという。

 そんな中、韓国のファンだけに留まらず、日本や中国のファンを多く抱える東方神起が今週末、MERS渦中のソウルでコンサート決行を発表した。ファンを思うと勇気ある決断だが、それ以外の人々にとってみれば迷惑としかいいようがない。

 会場では消毒液を散布したり、熱探知機で異常がある人を検出するというだが、限界があるのではないだろうか。ユンホ入隊直前のコンサートのため、多くの日本人が強行渡韓するはずだが、果たして、来週の日本はどうなっているのか。不安でならない。

http://www.koari.net/news/detail.php?id=5381&type=0&category=0
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








外国人観光客の8割が「韓国旅行は安全」と答えたニダ! ウリの調査だから間違いないニダ!!!!!

韓国の観光公社のねつ造アンケート結果wwww



バ韓国の観光公社がアンケート調査したところ、外国人観光客の81.4パーセントが「韓国旅行は安全だ」と答えたんだそうです。


ヘー、ソウデスカ。


きっとツリ目でエラ張りでキムチ臭い観光客ばかりを対象にしてたんでしょうね。



って、そいつらただの里帰りの屑チョンどもで、観光客じゃないだろうがっ!




一方、屑チョンどもは、61パーセントが「国内旅行は安全ニダ」と答えているようです。


よし、よし。

もうきゃつらの記憶からセウォル号沈没事故は完全に無くなっているようです。


数千匹単位の屑チョンどもが死ぬ大事故を心待ちにできますね。










-----------------------
外国人観光客の8割超「韓国旅行は安全」 日本に次ぎ2位

 韓国観光公社は4日、7~10月に外国人観光客704人を対象にアンケート調査を実施した結果、81.4%が韓国旅行は安全だと答えたと明らかにした。

 同公社は、香港・台湾、東南アジア、・欧州、北米を大きく上回る数値で肯定的な反応だと説明した。

 韓国で初めて行われたこの調査は、対象者が韓国を訪問する前と後の2回にわたり実施された。

 日本人観光客のうち来韓前に韓国が安全だと答えたのは58.0%だったが、韓国旅行後は72.0%に増えた。

 同公社は「南北関係による不安」を除けば、韓国はほかの国よりも安全な観光地と認識されていると伝えた。

 国・地域別で安全な旅行地と認識されている割合が最も高かったのは日本で、88.6%だった。韓国は日本に次いで2番目となった。続いて、香港・台湾(70.5%)、北米(67.7%)、中国(37.5%)の順。

 韓国訪問前はすりや窃盗被害を懸念する人の割合が35.7%、宿初施設でのトラブルを心配した人の割合は14.0%だった。

 一方、韓国人1218人のうち61.0%が国内旅行は安全だと答えた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/11/04/2014110401786.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【レイプ大国・バ韓国】外国人女性をレイプする事件が急増中!! ここ数年で被害者の数が3倍以上に!!!!!!!!

韓国の街を歩くのは自殺行為です


今さら何を、という気もしますが……。

ここ最近、バ韓国内での外国人女性に対するレイプ事件が急増しているとのことです。



常に被害者意識に溢れている韓国塵にしてみれば、我々人類に何をしても許されると思っているのでしょうね。





そもそもバ韓国なんぞに行く外国人女性も、相当頭がおかしいでしょう。

レイプ犯だらけの雑居房に、全裸で飛び込んで行くようなものですからね。




それゆえ、被害者の女性に同情する気はビタイチおきません。




-----------------------
韓国で外国人に対する性犯罪が急増、韓国ネットは「事実なら死刑にしろ!」「大韓民国の教育を正すべき」

 韓国・朝鮮日報は25日、韓国で外国人に対する性犯罪が急増していると報じた。

 ソウル地方警察庁によると、外国人に対する性犯罪の発生件数は2009年の76件から2013年には213件と、3倍近くに急増したという。この期間の、性犯罪全体の発生件数も4250件から7350件に増えているが、伸び率は1.7倍だった。警察関係者は、スマートフォンのアプリなどによって外国人と会いやすくなったことが性犯罪を増加させていると分析している。

 記事は、外国人に対する犯罪の例として、今年7月に休暇中の陸軍兵士がソウル市内の個室居酒屋で酔いつぶれたスペイン人女性観光客に暴行した事件や、4月に韓国人6人が米国人の女性英語教師を泥酔させ、集団で暴行した事件を紹介している。

 このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは多くのコメントが寄せられている。主な意見を紹介しよう。


「外国人への強姦は国の恥さらしで一層タチが悪いとするトーンの記事は、相当未開です。強姦は誰に対しても『無条件』に悪行であって、これを犯した者は全員厳しく、厳しく処分しなければ」

「こんな奴はアソコを切り取って、20年ほど監房送りで。食わすメシ代が勿体ないけど」

自分さえ良ければ何しても構わないという考え方に問題あり。他人を自分のように考えて気遣う教育が幼少時から徹底されておらず、韓国ではこのようなことが日常茶飯事だ

「大韓民国の教育を正すべきです。家庭教育も大事です」

「検挙して被害補償の義務を徹底的に負わせろ。国の恥だ」

「相手が内国人でも外国人であっても、意図的な強姦、暴行、性犯罪は一罰百戒だ。最低でも欧米や中東の先進国のように20年以上の長期求刑や無期懲役、死刑に処さねば」

外国の男とへべれけになるまで飲んだ女にも問題がある

外国人による犯罪への対応が先です

「防犯カメラがいかに犯罪を抑えているか、よくわかる… 防犯カメラの威力を恐れ、多くの犯罪予備軍が(犯罪しようとする)考えを捨てていることだろう」

「事実なら死刑にしろ… アメリカならすれ違いざまに接触しただけで捕まってしまう」

「もう解いてしまえ。法的に自由にできるよう… 性犯罪率を抑えたいなら、カネで堂々と処理できるようにして、人権の保護については警察が別途頑張れば良いのでは?」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140826-00000042-xinhua-cn
-----------------------



バ韓国に行くと必ずレイプされる! この事実をもっと周知させて、全世界がバ韓国を渡航禁止国に指定する事が急務と言えるでしょう。





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る