韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

溺死

【デジャブ?】新学期開始が再延長となったバ韓国の教室の様子ww

バ韓国中の幼獣が死にまくればオールOK


始業式の延期が決まったバ韓国


大邱コロナによって順調に屑チョンどもが死にまくっていますwww


バ韓国の教育部が、新学期開始時期の再延長を発表していました。



ご覧の画像は、そんな新学期を準備する教員どもの様子です。



何かに似てるなと思ったら、

セウォル号沈没でクラスのほとんどが溺死した教室でしたwwww



登校してくるはずの幼獣どもが次々に死に、合同葬儀のような教室になってほしいものですね。



-----------------------
韓国教育部、新学期のさらなる延期を発表

 新型コロナウイルス感染症(コロナ19)問題が長期化する中、韓国教育部(省に相当)は、韓国国内の幼稚園および小・中・高校の新学期延期を発表した。写真は17日午後、京畿道水原市中央区の芭長小学校で、机の上に置いてある教科書と贈り物を整理する先生らの様子。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/17/2020031780283.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の若者が最も見ているオンライン動画、くちゃくちゃと醜い「モクバン」だったwwww

バ韓国。モクバン動画はただのグロ!


バ韓国の若者世代が最もよく見ているオンライン動画は、

「モクバン」とのこと。


醜い屑チョンがただ食事しているだけという「モクバン」。


そんなのを見て何が楽しいのか、全く意味不明ですねwwww




ま、キチガイどもの趣味嗜好なんてものは、

最初から理解する気はありませんが。







それにしても残念です。

セウォル号沈没事故の際、現在のレベルくらいネットでの動画配信が身近なものだったら……。


沈みゆく船の中からの面白動画がたくさん配信されていたんでしょうねぇ。



-----------------------
韓国の若者が最もよく見ているオンライン動画は「モクバン」―韓国メディア

 2019年12月29日、韓国・聯合ニュースの中国語版サイトは、韓国の10代と20代に最もよく見られたオンライン動画は、食べる様子を配信する「モクバン(モクパン、モッパンとも)」であることが、韓国放送広告振興公社(KOBACO)が26日発表したリポートで分かったと報じた。

 全国の13~69歳の消費者4000人を対象とした調査結果によると、オンライン動画を週に5日以上視聴する割合は、13~29歳では50%に達した。そのうち、13~29歳の男性と13~18歳の女性が「モクバン」コンテンツを最も好むことが分かった。

 オンライン動画視聴者の割合は、性別では男性(37%)が女性(27%)より高かった。

 年代別では、13~18歳が51.3%で最も高く、19~29歳(48.5%)、30~39歳(29.8%)、40~49歳(23.9%)、50~59歳(17.4%)、60~69歳(12.1%)と続いた。

 モクバン、日常・旅行・グルメ、ニュース・政治、映画・エンタメ、音楽の種類別では、モクバンが61%で最も人気が高く、特に13~18歳の61.4%がモクバンを視聴していることが分かった。

https://www.recordchina.co.jp/b770565-s0-c30-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国塵大量死!】ハンガリーの遊覧船沈没! 乗客はバ韓国の団体観光客!!!!!

ハンガリーでバ韓国塵どもが大量死!


ここ最近の国内では悲惨なニュースが続いていますが、久々に胸がスっとするニュースが飛び込んできました!



ハンガリーを観光中のヒトモドキの集団を乗せた遊覧船が沈没していたのですwwww


既に7匹の死亡が確認されていて、19匹が行方不明とのこと。


心の底から願いたいものです。

犠牲者に人類が含まれていないことを!



今頃、バ韓国では遺族様どもがションベンを漏らしながら狂喜乱舞していることでしょう。



神の采配か、雨が降り続き救助作業が難航しているとのこと。

1匹でも多くの害獣が死体で発見されることに期待したいものです。



-----------------------
悪天候の中でクルーズ船が追突 韓国人犠牲のハンガリー遊覧船事故

 ハンガリーの首都ブダペストを流れるドナウ川で29日夜(日本時間30日未明)、韓国人団体観光客を乗せた遊覧船が沈没した事故は、多数の死者や行方不明者を出した。韓国外交部によると、同船に乗船していたのは35人で、韓国人は観光客30人とソウルから同行した引率者1人、現地ガイド2人の計33人だった。うち7人の死亡が確認され、7人が救助されたが、19人は行方不明となっている。

 事故が起きた遊覧船「HABLEANY」(ハンガリー語で人魚)は29日午後9時すぎ(以下、現地時間)、ブダペストの国会議事堂付近で別の船と衝突し、短時間のうちに沈没した。

 海外や現地のメディアによると、事故の目撃者はドナウ川に架かるマルギット橋のそばで大型クルーズ船が後ろから「HABLEANY」に追突したと証言した。衝撃で「HABLEANY」は転覆し、急流に飲み込まれるように速い速度で沈んでいったという。

 ハンガリーの気象サービスサイトが公開した気象観測用カメラの映像には、マルギット橋の橋脚方向に進んでいた大型クルーズ船が突然右に方向を転じる様子が映っている。橋の下で方向を変えた直後、前にいた「HABLEANY」とみられる小さな船に後ろから追突するような場面も確認できる。

 韓国人乗客のパッケージツアーを催行した韓国のチャムチョウン旅行社によると、「HABLEANY」は夜景ツアーをほぼ終えて戻る途中だったという。救助された韓国人客の通訳を務めている現地の韓国系住民は聯合ニュースの取材に、甲板に出ていた乗客は泳いで逃れたが、下の階にいた乗客の多くは沈没する船からの脱出が難しかったようだと伝えた。

 海外や現地のメディアによると、事故が起きた日は天候が悪く、今月に入り雨が多かったためドナウ川の水位もかなり上昇していた。夜にかけて雨が降り、強風が吹くなど悪天候だったが、現地の遊覧船業者は通常通り船を運航させた。川の水かさが増し、ところどころに渦ができていたという。

 現地では30日明け方まで雨が降り続き、救助作業も難航している。現地のテレビは、ドナウ川の水温が10~15度程度と低く、危険な状況だと伝えている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/30/2019053080198.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















ベトナムでバ韓国塵観光客死亡! ガイドの制止を無視して溺死wwwwwww

ベトナム人に殺されて当然のバ韓国塵ども


ベトナムの観光地で、屑チョン観光客が死んでいましたwww

ガイドの制止を無視して湖に入り、25メートルほど泳いでから戻れなくなって死んだとのこと。



ああ、ベトナムの地がまた屑チョンのせいで汚れてしまいましたね。


きゃつらが死ぬのは大歓迎ですが、

我々人類に迷惑をかけないよう朝鮮半島の中で死んでほしいものです。



馬鹿は死ななきゃ治らないといいますけど、

屑チョンどもはたとえ生まれ変わっても馬鹿のまんまなんでしょうねwwww


-----------------------
ベトナムで韓国人観光客1人湖に落ちて死亡

 駐ベトナム韓国大使館と現地の僑民雑誌『ライフプラザ』などによれば、6日の午後3時頃にベトナム南東部のビントゥアン省ファンティエット市にある休養地・ムイネーの砂漠の湖で、韓国人観光客のAさん(58歳)が湖に落ちて死亡した。 

 Aさんは「危険だから下りないで」というガイドの注意を聞いたのだが、もう一人の仲間と一緒に砂丘の下の湖に入って事故に遭った事が分かった。 

 もう一人は湖からすぐに出たが、以前から水泳が得意だったAさんは25mほど泳いでから戻れなくなった事が分かった。

 韓国大使館は事故の消息を聞いてすぐに現場に警察領事を送り、現地警察と協力して事件経緯を把握した。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=056&aid=0010563543
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る