韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


滅びよ

【滅びゆくバ韓国】文政権になっても拍車がかかるバ韓国の少子化wwwwwww

一日も早くバ韓国塵どもが死に絶えますように


大統領が文在寅になっても、バ韓国の少子化はますます加速しているようです。

今年の10月の新生児の数は3万匹を下回り、最小限の水準になったとのこと。


ちなみに、新生児の数は2015年12月から

23ヵ月連続減少しているんだとか。


これは素晴らしい状況ですね。



ちなみに、

この日本に巣食っている糞帰化チョンや屑在日どもを完全に駆逐できれば、

少子化対策に回せる税金がかなり増えることになります。


やはり、日本の少子化対策として最も有効なのは屑チョンどもを一匹残さずぶっロコすことでしょうね。



-----------------------
'少子化対策失敗' 10月出生数3万人また、崩壊

 ムン・ジェイン大統領がこれまでの低出産政策が失敗だと画期的な対策を注文した中、10月に生まれた新生児数がまた三万人を下回った。 これは歴代二番目に最も少なく、10月基準では最小限の水準だ。

 婚姻・離婚件数は10月、秋夕連休の効果で通報の数が減少し、いずれも減少した。

 統計庁が27日に発表した人口動向を見ると、10月の出生児数は1年前より3700人(11.7%)減少した2万7900人だった。これは昨年12月2万7400人に次いで歴代二番目に少ない水準だ。

 10月基準で、関連統計が集計され始めた2000年以降最少である。今年1~10月までの累積出生児数は30万6千人と、昨年同期より12.2%減少した。

 このような趨勢なら、史上初めて開催した40万人台割れが確実視される。残った二ヵ月間、昨年の水準から出生児数が増えたとしても、今年の年間で30万人台中盤に止まることとみられる。

 前年同月と比較した新生児数は2015年12月から23ヵ月連続減少している。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LPOD&mid=sec&oid=001&aid=0009775297
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【シンクロニシティ!?】バ韓国・江原道で相次ぐ練炭自殺!!!!!!!!!

自殺道具をバケツリレーする屑チョンども


バ韓国の江原道の複数個所で、

練炭自殺の死体が発見されたそうです!


現在判明しているのは3匹だけのようですが、もっと増えてくれることに期待です!!



コリャア、もしかしたらアレですかね?

100匹目の猿よろしく、ある日一斉に屑チョンどもが自殺してくれる前触れかもしれませんね。


その際には、朝鮮半島の屑チョンだけではなく、世界中で害悪を撒き散らしている屑チョンも同様に死んでいただきたいものです。


ね? チョン・シネさんwwww


-----------------------
江原道、あちこちで車両内に「煉炭火」…3人が遺体で発見

 江原(カンウォン)道内のあちこちで、車両内で煉炭に火をつけたまま死亡した変死体が発見されたり、火災が起きるなどの事故が相次いで発生し、警察が捜査を始めた。警察は車両内部で発見された煉炭などにより、死亡した人たちが自ら命を絶ったと見て、正確な死亡原因を調査中だ。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=18&ai_id=215404
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【滅びの笛】火病を発症する若者が急増中のバ韓国!!!!

朝鮮DNAは顔にも性格にも異常をきたす


火病という宿痾を抱えているバ韓国塵ども。

現在、バ韓国ではそんな火病を発病する若者が急増しているようです。


あ! この表現は的確じゃありませんでしたね。

屑チョンなんてものはニダァと醜い産声をあげて生まれ落ちたときから火病を患っているのですから。


ここにきて火病が顕著になっているのは「就職難」をはじめ、バ韓国の崩壊を肌で感じ取っているからなのでしょう。

屑チョンの大学教授は、

瞑想や散歩などを通じて自らを振り返り、ストレスを解消できる時間を持つ必要があるニダ

とアドバイスしているようですが…。



きゃつらのストレス解消といったら、レイプ、放火、売春といったところでしょう。

もっともっと屑チョン同士で憎みあって、その生息数を5000万分の1くらいに減らしてほしいもんです。

そうなればストレスも減って、火病が少しは治まるんじゃないっすかねwwww



-----------------------
韓国で若者の「火病」患者が増加=韓国ネット「寝てる時間が一番幸せ」「韓国の教育が問題」

 2016年4月7日、韓国日報によると、韓国で20代の若者を中心に、ストレスによる心の病「火病」を患う人が増えている。

「火病」または「鬱火病」は、朝鮮民族特有の精神疾患と指摘されている病気で、激しいストレスへの適応障害が見られ、これまでは中年女性の病気と言われていた。しかし、2013年に1万3850人だった20代の火病患者数は、2015年に1万5425人に達した。増加率は11.3%で、全体の増加率(3.8%)に比べて3倍近く高くなっている。慶北大学精神健康医学科のチョン・ウンソン教授は、「就職難という厳しい状況に置かれているため、感情のコントロールを上手くできないと感じる20代が多い」としながら、「瞑想や散歩などを通じて自らを振り返り、ストレスを解消できる時間を持つ必要がある」とアドバイスしている。

 心のみならず、背中の痛みなどビタミンDの欠乏による疾患も若者を中心に増えている。2006年に44人だった20代の患者数は、2015年に3764人と80倍以上も増えた。盆唐ソウル大学病院家庭医学科のハン・ジョンス教授によると、室内にいる時間が増えたことが原因だという。

 これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。以下はその一部。


誰が若者をこんなふうにしたの?

「『最近の子は意気地がない』と言われることが多いけど、ただでさえ辛いのになんでそんなこと言うの?」


30代だけど、退職するにも再就職するにも微妙な歳。毎日が辛いし、鬱病にかかったかも

「20代はまだ若いから良い。30代になると、もう何もかも忘れて静かに外国で暮らしたい」


小さい頃は寝るのが嫌いだったけど、今は寝てる時間が一番幸せ

「人間関係を断ち切ったらストレスの70%が解消された。人は一人では生きられないけど、仲の良い人たちにはいつでもまた会うことができる。休息が必要なときはしっかり休まないと」


「これからもずっと同じ状況が続くのでは?塾に通って勉強する子は勉強して、諦める子は諦めて…。対策なんてない」

韓国の他人への思いやりを知らない競争教育が問題。その中で生まれた9割の敗北者は火病にかかるしかない。みんな同じ人間なんだから、価値を享有する教育が必要

「『若い時の苦労は買ってでもせよ』なんて言うけど、『若い時の苦労は老いて病』だよ」

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-133001/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








ジカ熱とは無関係なのにwwww 毎年500匹以上の小頭症患者が発生しているバ韓国wwww

遺伝子異常で化け物だらけのバ韓国塵ども


バ韓国では毎年500匹以上もの小頭症患者が発生しているようです。


ジカウイルスと無関係でこれだけ奇形児が生まれてくるなんて、さすがバ韓国ですねwwwwwwww



でもって今後ジカ熱の感染が拡大するので、この数値は倍増するどころか桁違いに増えてくれるでしょう。



いよいよ種の終焉が目前に迫ってきましたねぇ。

高みの見物としゃれこみたいもんです。



-----------------------
韓国小頭症患者、毎年500人発生

 ジカウイルスではない遺伝的問題で小頭症を患う患者が、毎年韓国で500人ほど発生することが明らかになった。健康保険審査評価院の保健医療ビッグデータ開放システムによると、韓国の小頭症患者は昨年は489人であり、2013年587人、2014年510人と比較して、着実に500人ほど発生していると集計された。

 昨年の小頭症患者の80%以上は0~5才の幼児患者であり、この半分以上は女児であると分析された。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=18&ai_id=212313
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る