韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

潜水艦

北朝鮮が潜水艦発射ミサイルの開発着手か? 実用化されれば、バ韓国に打つ手なしwwwww

北チョンの潜水艦攻撃が朝鮮戦争再開のきっかけか?



あくまでも伝聞ですが、北チョンが潜水艦から発射する弾道ミサイルのシステム開発に着手したんだとか。

これは実用化されれば、バ韓国にとっては探知不可能の脅威になるようです。



このあたりで北チョンの軍事力強化に日本が手を貸してやるのもありかもしれませんね。


まず朝鮮ヒトモドキ同士で大量に殺し合ってくれたほうが、後々の除鮮活動が捗りますから!




ま、実際は殺し合いにはならず、北朝鮮による一方的な虐殺に終わるんでしょうがね。



-----------------------
潜水艦発射ミサイルの開発着手か=実用化なら事前探知困難に-北朝鮮

 韓国の聯合ニュースは14日、軍合同参謀本部や政府筋の話として、北朝鮮が潜水艦からの弾道ミサイル発射システムの開発に着手した兆候を捉えたと伝えた。実用化されれば、地上から発射するミサイルと違い、人工衛星や偵察機による事前の探知がほぼ不可能になる。

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/jiji-2014091400042/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








空も飛べず、海中も潜航できず、陸も走れない!! お粗末すぎる韓国軍の実態ww

沈みっぱなしの孫元一


バ韓国の軍隊がいかにハリボテなのか、まとめられていました。

ご存じの方も多いでしょうが、こうして改めてその実態を知ると呆れてしまいますね。



こんな屑の集まり、有事の際は到底役に立たないでしょう。


2015年12月に朝鮮半島有事における指揮権が米国から韓国側に移譲されます。

そうなったら、北朝鮮のヤリたい放題となるでしょうね。


-----------------------
北朝鮮もあきれた「韓国ハリボテ軍隊」大崩壊惨状

(略)

 国を代表する企業が問題を抱えていると、国家防衛の砦である軍隊にも大きく影響するという。

「自国で兵器を開発できることが精強な軍隊の条件ですが、そのためには民間企業の技術が成熟していないと成り立ちません。韓国軍は総兵力60万人超を擁し、海兵も備えた巨大な軍隊ですが、その実、問題が山積していると言えますね」(軍事ライター・黒鉦(くろがね)英夫氏)

 そのお寒い韓国軍の実態を以下、報告しよう。
 まずは韓国空軍。

 軍事評論家の古是三春氏が言う。
「韓国空軍の主力戦闘機F-15Kは、主要部分を除いた部品を米国から持ち込み、現代が組み立てるノックダウン方式を取っています。ところが、技術的に未熟なためか、組み立てがうまくいかず、ランディング・ギア(着陸装置)が折れるなどのトラブルが続出しているんです

 2000年以降、韓国では30機以上の戦闘機が墜落し、40名近いパイロットが死亡している。

「それだけではありません。韓国空軍は、ご法度も犯しています。F-15Kのタイガー・アイ(暗視装置)を分解し、技術を盗用しようとしたんです。この装置は、いわゆるブラックボックス(開発国から指定される分解してはいけない秘密部分)です。激怒した米国は以後、米軍の最新技術供与を拒否したばかりか、新たにタイガー・アイを購入する際は、値段を6倍にすると通告したようです」(防衛省関係者)

 航空自衛隊で戦闘機パイロットを務めた、佐藤守・元空将(軍事評論家)が言う。
韓国はブラックボックスを分解したばかりか、その最先端技術を海外に流失させようともしました。これは言語道断の行為です

 前出の古是氏が続ける。
「ブラックボックスは開けると、そこから電波が発生。それを衛星がキャッチ、米軍に情報が入る仕組みです。韓国がいくら否定しようが、ブラックボックス破りはバレてしまうんです」

味方ヘリを敵機と見なす火砲

 ほかにも、ハープーン対艦ミサイルやMLRS(ロケット弾を発射するシステム)、戦車など、米当局が韓国によって技術を不正流用されたと見る装備は、実に16種類に及ぶという。

 当然、米国はブチぎれた。
「韓国空軍が次期主力戦闘機に予定しているF-35ステルス戦闘機の導入に、制限をかける模様です」(前出・黒鉦氏)

 F-35はレーダーに探知されずに北朝鮮上空に入り、火砲や弾道ミサイル基地を爆撃する能力を持つ。導入が制限されれば、韓国軍の能力が大きく削がれることになるわけだ。

「航空自衛隊も同じF-35を導入しますが、4機を完成品で買い、残る40機近くは、その大半のパーツを日本でライセンス生産が許可されています。ところが韓国には、40機すべてを完成品で買えと言うんです。これは技術力を値踏みされているから。さらには、コピーを警戒されて、意図的に性能を落とした機体を買わされることになりそうです」(前同)

 身から出たサビとは、まさにこのこと。

 一方、パクリでは韓国海軍も負けてはいなかった。

 ドイツが開発し、現代重工業がライセンス生産した主力潜水艦「孫元一(ソンウォンイル)」(214型潜水艦)でも、F-15K同様、ご法度のブラックボックス分解を強行。

「ブラックボックスをそっと開けてこれをコピーするには、かなり高度な技術が必要です。ですから、韓国は分解したはいいが、元に戻せなくなったと言います。一説には、潜水艦技術に長ける日本の防衛産業関係者に泣きついたところ、"悪事に加担はできない"と、けんもほろろに断られたと聞いています」(前出・防衛省関係者)

 ニッチもサッチもいかなくなった同潜水艦は、現在もドック深くに"潜りっぱなし"だという。

 その韓国海軍、さらなる醜態も演じて見せた。問題となったのは韓国が誇る強襲揚陸艦「独島(ドクト)」。独島は日本領「竹島」の韓国名。挑発的な艦名である。

「独島艦も設計上のミスが数多く発覚しています。就役から4年も経過した11年になって、艦尾側甲板上の自軍ヘリコプターを敵と認識し、機関砲が射程に収めてしまう重大な欠陥が発覚。昨年9月には火災事故の不手際で発電機が故障、航行不能に陥っています」(黒鉦氏)

 また先日などは、護衛艦が友軍艦艇に向けて30ミリ砲を誤射、負傷者を出す事故も起こしている。ほかにも、「対空ミサイルは半分命中すれば上出来。韓国版イージス艦とされる『世宗大王(セジョンデワン)』級駆逐艦も、細部の開発が間に合わず、"胴体だけ"と噂されています」(前同)

 空海軍だけではない。陸軍も、お粗末を地でいく。

 たとえば、現在配備中のK-1戦車。設計は米クライスラー社だが、それを韓国で"改良"したものだから、さあ大変。

「まず、105ミリ砲を120ミリ砲に取り替えた結果、重量バランスが崩れて変速機に異常が発生。次いで、火災検知器を当初の米国製から韓国製へと変えたところ、砲塔を左に向けて発射すると消火用のハロンガスが車内に噴射する欠陥が生じました」(防衛省関係者)

 この戦車、泥沼に嵌(はま)って抜け出せないことなど日常茶飯事(!)だという。

(略)

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1062868?news_ref=w_latest_pol
-----------------------

有事の際は、韓国軍に足を引っ張られるのは米国だけではなくわが日本も同様です。

ま、きゃつらのことだから一目散に逃げ出すでしょうから結果的に「韓国軍は存在しない」も同然ですね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【史上最弱の韓国軍】戦闘機や潜水艦を武器商人経由で購入! 個人輸入かよっ!!

ギリシャで欠陥が発覚していたのと同型の潜水韓


なんと韓国軍が輸入した兵器のうち、66パーセントが個人の武器商人を介したものだと判明していました。

どうやら政府間の兵器取引だと価格が高くなってしまうので、より低価格で購入可能な武器商人を頼ったとのこと。


最初このニュースを聞いた際は、歩兵の装備くらいのものかと思ったのですが、
さすが韓国! 予想を遥かに上回っていました。

F-15K戦闘機やドイツ製の潜水艦なども含まれていたのです!!



きっと糞チョンどもにしてみれば、家電量販店で白物家電を買うノリだったんでしょうね。


個人輸入の粗悪品(保証ナシ)と韓国人の気質が合わされば、軍隊と呼べるようなものじゃありません。



一刻も早くこんな国とは断交するしかないでしょう。


-----------------------
韓国の輸入兵器、3分の2を武器商人から購入―中国メディア

 2013年11月4日、中国新聞社によると、韓国国防調達計画局(DAPA)が先ごろ公開した資料で、過去6年間に韓国が輸入した兵器の66%が、個人の武器商人によるあっせんを介していたことが明らかになった。

 2007~2012年、韓国の武器・国防装備輸入額は16兆7000億ウォン(約1兆5300億円)に上る。このうち33.8%は政府間の兵器取引(FMS)を通じて調達されたが、残りの66.1%は武器商人のあっせんで契約が成立していた。FMSによる調達は武器商人よりも価格が高くなる。

 DAPAの資料によれば、武器商人を通じて輸入した兵器の製造元で最も多いのが米国で、49%を占めた。以下、ドイツ、イスラエル、英国、トルコと続く。輸入した兵器の中には米国のF-15K戦闘機やドイツのAIP(非大気依存推進)型潜水艦なども含まれている。

 2012年に韓国がFMSによって輸入した兵器は9億8680万ドル(約966億円)で、2007年の5億2540万ドル(約514億円)と比べて増加している。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20131106002/1.htm
-----------------------


そもそもこんな資料を公開してしまうあたりが朝鮮ヒトモドキらしいですね。

後先を考えるだけの知能がないきゃつらならではです。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【チラっ】おい!日本! ウリは物凄い高性能な潜水艦を配備するニダ!【チラっ】

チョン海軍の最新鋭潜水艦「鄭地艦」


馬鹿ウンコ喰うが大型の潜水艦を投入するべく計画中とのこと。
まあ、2030年までに戦力化という先の長い話なので、まず実現できないのでしょうが……。

こういう話をリリースして、日本にハッタリをかけるのが狙いなんでしょうねぇ。


机上の計画によると、この潜水艦は水中作戦遂行期間も飛躍的に長くなるとされているようです。
そりゃそうでしょうね。もし無理やりにでも実現して投入したら最後、そのままずっと沈みっぱなしになることが目に見えていますから。


パンダを飼う金すら無いくせに、軍事力強化に乗り出す馬鹿チョンども。
こりゃいよいよ南朝鮮の崩壊が間近なのかもしれません。



-----------------------
韓国海軍 3千トン級潜水艦9隻を戦力化へ

 韓国海軍が長期の水中作戦や長距離の精密攻撃が可能な3000トン級の潜水艦9隻を2030年までに戦力化する計画であることが分かった。軍消息筋が4日、明らかにした。

 3000トン級の潜水艦は従来の1800トン級などにはなかった垂直発射台を備え、潜対地ミサイルでの長距離精密攻撃が可能。水中作戦遂行期間も飛躍的に長くなるとされる。

 今後海軍が創設する3~4個の戦略機動戦団に配備され、北朝鮮や周辺国の海上での脅威に対応する。

 海軍は1800トン級潜水艦についても2018年までに現在の3隻から9隻に増やす。1200トン級9隻は3000トン級が戦力化される2020年代に順次、退役させる。3000トン級の導入で20隻以内の潜水艦戦力を維持する計画だ。

 一方、北朝鮮は潜水艦(艇)を約70隻保有し、韓国を圧倒している。北朝鮮は1800トン級潜水艦を20隻余り、325トン級を40隻余り、130トン級を10隻余り保有しているとされる。

 北朝鮮の戦力に対応するため韓国海軍は2018年から海上哨戒機20機余りを導入する計画だ。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2013/08/04/0900000000AJP20130804000300882.HTML
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ





アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る