韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

激減

バ韓国自動車業界が崖っぷちwww 中国でのシェアが3パーセント台に急落!!!

バ韓国車の性能は世界最低


中国におけるバ韓国車のシェアが激減していました!!


なんと現代自動車と起亜自動車の両社を足しても、

そのシェアは3.9パーセントwwww


完全に支那畜どもに見限られた格好ですね。


支那畜も屑チョンに負けず劣らず低能揃いですが、

バ韓国車の品質の悪さにようやく気付いたのでしょう。



挽回することはまず不可能でしょうから、

これでまたバ韓国崩壊のタイミングが速まってと言えるでしょう。


バ韓国側は、中国を諦めてインド市場を狙っているようですが、

今更どこを狙っても焼け石に水でしょうねwww



-----------------------
韓国・現代自動車、中国市場に進出して以来最大の危機―韓国メディア

 2019年4月11日、中国メディアの環球網は、韓国車の中国市場シェアが4%を割り込み、韓国国内が危機感を募らせていると報じた。 

 記事は「中国乗用車市場情報連席会が先日発表したデータが、韓国自動車企業の危機感を高めている」としたうえで、韓国メディア・ニューシスが11日、「現代・起亜自動車の今年3月の中国市場シェアが4%を割り込んだ。これは、現代自動車グループが2002年に中国市場に進出して以来最大の危機だ」と報じたことを紹介した。 

 同会が先日発表したデータによると、3月の中国市場での広義の乗用車小売販売台数は前年同月比12%減の178万台となり、中でも現代・起亜は同27%の大きな減少になった。同時に、現代・起亜の中国市場シェアも落ち込み、現代は2.6%、起亜は1.3%で両社を足しても3.9%と4%に満たなかった。 

 2002年に中国進出した現代・起亜グループは、2011~14年に中国市場シェアを10%まで拡大し、15~16年も8%のシェアを保っていたが、この2年でシェアを急激に落とした。 

 記事は、韓国の業界関係者が「中国の消費心理の委縮が自動車市場にマイナス成長をもたらしたほか、世界の自動車業界間の競争もますます厳しくなっており、決して簡単な状況ではない」としたうえで、現代自動車が中国依存の構造の転換に力を入れ、中国での販売回復を目指すと同時に将来的に重心を中国からインドへと移すことを検討していると語ったことを紹介している。

https://www.recordchina.co.jp/b702315-s0-c20-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国経済】自動車生産、輸出、販売すべて前年同月比2桁減!!!!!!!

ストライキするバ韓国・現代自動車の労働者ども


バ韓国の自動車業界の転落が止まらないようです。

9月の自動車生産・輸出・国内販売はすべて減少率が2けたを越えていたのです!!


それなのに、労使団体は「もっと給料寄こせ」の一点張りwwwwww


本当に頭の悪い連中ですね。



ちなみに、産業通商資源部は、


10月は生産・輸出とも昨年比で2けた増加が可能ニダ!


と発表しているようです。


どうやら自分たちが半分死んでいることにまだ気づいていないようですね。


一刻も早く完全に死んでいただき、朝鮮ヒトモドキの棲息数を激減させたいものです。


もちろん、最終目標は汚れたDNAの完全なる駆逐ですが。




-----------------------
韓国9月自動車生産29万1971台=前月比18%減

 秋夕(中秋節=今年は9月24日)をはさんだ連休(22-26日)があったため、9月の自動車生産・輸出・国内販売はすべて減少率が2けたを記録した。2016年から始まった自動車産業の不振が続いているということだ。

 産業通商資源部(省に相当)が12日に発表した9月の国内自動車産業月間動向によると、生産は29万1971台で、前年同月比18.2%減だったとのことだ。輸出は18万3964台で18.4%、国内販売は12万7753台で17.3%減少した。9月は操業日数が昨年より4日少なく、現代自動車など主要自動車メーカーが労使団体交渉妥結を名目に一日多く休んだためと見られる。

 輸出は、欧州の一部地域を除き、北米(-14%)、欧州連合(EU)(-32.7%)、中東(-44%)、中南米(-22.4%)など全地域で不振だった。メーカー別でも現代自動車(-0.8%)、起亜自動車(-28.1%)、韓国GM(-11.9%)、双竜自動車(-23.8%)など、すべて昨年9月より減少した。完成車メーカーの不振により、自動車部品輸出も一部の欧州の国やアフリカを除いた全地域で不振に陥り、昨年比18.2%減の17億6000万ドル(約1974億円)にとどまった。エコカーは、電気自動車の販売は増えたが、ハイブリッド車が減少したため、販売台数は8.0%減の8722台だった。エコカーの輸出も22.3%少ない1万3770台となっている。

 今年1月から9月までの輸出は176万2923台で、前年同期間比で9.3%減少し、金額は292億5000万ドル(約3兆2807億円)と8%減った。自動車生産は8.4%、国内販売は1.2%減少した。

 産業通商資源部は「ストライキなどの変数がなければ、10月は生産・輸出とも昨年比で2けた増加が可能だろう。10-12月期も前年同期比で生産・輸出とも増えると予想される」と話している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/13/2018101300445.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【崩壊まっしぐらwww】バ韓国・サムスン電子、中国のスマホ工場を閉鎖する見込みwwww

バ韓国サムスンが中国のスマホ工場を閉鎖か


年間3600万台のスマホを生産していたサムスンの中国工場が操業停止となるようです。

ま、当然でしょうね。


粗悪品をどれだけたくさん生産しても、キチガイ以外は誰も買わないんですからwwwwwww


中国市場において、わずか5年前までは20パーセントのシェアを占めていたサムスンのスマホ。

しかし、現在は1パーセント未満というのですから、本当に笑えますねwwwwww



現在、サムスン電子はベトナムなどの東南アジアでの生産にシフトしているようですが、

数年もしない内に同じような閉鎖のニュースが流れるに違いありません。



バ韓国塵の皆さん。

さっさと生きる事を諦めてみてはいかがですか?



-----------------------
サムスン、中国天津の携帯電話工場の操業停止を検討、年間3600万台生産―海外メディア

 2018年8月13日、中国メディアの網易科技は、韓国サムスン電子が、販売低迷や労働コストの上昇を理由に、中国天津の携帯電話工場の操業停止を検討していることを伝えた。 

 網易科技は「海外メディアのロイター通信が13日、韓国紙エレクトロニック・タイムズの報道を引用して伝えた」とし、サムスン電子が天津にある天津三星通信技術での携帯電話生産を今年停止することを検討しており、撤退する可能性もあると報じた。 

 サムスン電子は13日、ロイターに対し、「天津事業の今後については何も決まっていない」とした上で、「スマートフォン市場全体が成長鈍化によって難局に直面している。サムスン電子の天津通信事業は競争力と効率性を高める活動に注力することを目指す」とコメントしたという。 

 ロイターは「サムスン電子は約5年前まで中国の携帯電話機市場で20%のシェアを持っていた。だが、価格競争力に優れる華為技術(ファーウェイ)や小米(シャオミ)などの中国ブランドに押されて今年は1%未満に落ち込んでいる」「サムスン電子のスマートフォン売上高は、ライバルが低価格で高性能な機種を続々と投入していることから、第2四半期決算は、利益の伸びが1年超ぶりの低水準となった」「サムスン電子は中国で、天津のほかに恵州でも携帯電話を生産しているが、近年はベトナムやインドの携帯電話工場への投資を強化している。同社は先月、インド・ニューデリー近郊に世界最大のスマートフォン工場を開設すると発表した」などと伝えている。 

 エレクトロニック・タイムズによると、天津工場の生産量は年間3600万台、恵州は7200万台、ベトナムの2カ所の工場は計2億4000万台という。

https://www.recordchina.co.jp/b634016-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















お先真っ暗www バ韓国・サムスン電子、主力商品の世界シェアがダダ下がり中wwwwww

バ韓国のサムスン、各分野でシェアが激減


バ韓国の屋台骨を支えていると言っても過言ではないサムスン電子。

そのサムスン電子の世界シェアがここ数年ずっと右肩下がりの状態となっています。

テレビ、携帯電話、ディスプレイと主力分野のシェアが下がり続けていて、回復の見込みは無しwwwwwwwww



バ韓国政府は、北朝鮮と中国とアメリカの顔色を伺うのに必死で、何の対策も出せないまま。

頼みの綱の半導体が大コケしたら、そのままバ韓国経済の崩壊に繋がるのは間違いないでしょう。



じわじわと世界規模で広がっていたバ韓国製品の不買運動が、身を結んできた感じですかね。


もっとも屑チョンの製品なんざ、不買運動をしなくとも誰も買わなくなるのは当然の結果でしょうwwww



なんにせよ、バ韓国崩壊の時がいよいよ迫ってきたんですねwwwwww


-----------------------
サムスン業績危機、4大製品で半導体除くシェア急落=韓国ネット「バブル崩壊直前の日本を見ているよう」「半導体まで駄目になったら韓国は終わる」

 2018年5月27日、韓国・聯合ニュースによると、サムスン電子が生産する4大製品の中で半導体を除いた全ての世界シェアが数年間下降曲線を描いていることが分かった。 

 業界によると、今年第1四半期、サムスン電子の家電(CE)事業部門の主要製品であるテレビ(TV)の市場シェアが20.1%となり、前年同期(21.4%)に比べ1.3ポイント下落。TVのシェアは12年以降、昨年までの6年間連続で20%台を記録したが、年初に不振となり今年は7年ぶりに10%台に落ち込む可能性がささやかれている。 

 IT・モバイル(IM)事業部門の主な製品である携帯電話は状況がさらに深刻だ。今年第1四半期のシェアが18.9%となり、1年前(21.4%)に比べ2.5ポイント急落。世界シェアトップの座は守ったが、13年第1四半期(28.6%)と比較すると、10ポイント近く下落したことになる。 

 デバイス・ソリューション(DS)部門は、ディスプレイと半導体事業の悲喜が交錯。ディスプレイパネルは、主要品目の中でシェア下落の速度が最も速い。15年までは20%を上回っていたが16年に17.1%、17年に14.8%に下落し、今年第1四半期には前年同期(15.0%)に比べ1.8ポイント下落した13.2%に落ち込んだ。 

 主力の半導体製品であるDラムは、圧倒的な技術格差をもとに今年の第1四半期の市場シェアは44.9%に達し、前年同期(44.8%)とほぼ同水準だったが、決して安心できないというのが業界の指摘だ。 

 業界関係者は、「李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が最近、人工知能(AI)のような新たな道の発掘に乗り出しているのも、このような現実認識に基づくものとみられる」とし、「半導体景気が下火になる前に、新成長動力の確保が必要」と指摘している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「サムスンが駄目になったら、現政権にも大ダメージなはずなのに、文大統領は北朝鮮問題ばかりに一生懸命だ」「サムスンが生き残るためには、韓国を離れるしかない」「文政権の財閥締め付けがうまくいった証拠だろう」など、現政権の経済政策を疑問視する意見が寄せられた。 

 また、「Dラムしかないのに、これに米国から輸入関税を掛けられたらおしまいだ」「半導体まで駄目になったら韓国は終わる」など、韓国の将来を憂える声もみられた。 

 その他に「バブル崩壊直前の日本を見ているようだ」とするコメントもあった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/27/2018052702534.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る