韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

無気力

アルファ碁の勝利を受け、うつや無気力症になるバ韓国塵どもwwwwww

アルファ碁にボロ負けした屑チョン棋士


屑チョンのなんたらとかいう棋士が、グーグルの「アルファ碁」に負け越していましたが……。

その結果を受け、

“うつ”や“無気力症”を訴える馬鹿ウンコ喰う塵どもが増えているんだそうですwwwww

>「同じ人間として屈辱を覚えたニダ

>「囲碁は高度な精神力の闘いだから、まだ人間が優勢だという期待があったニダ

>「人間としてのプライドが傷つき、一日中憂鬱だったニダ

といった具合にショックを受けているんだとか。


どいつもこいつも大きな勘違いしてますねwwww

どうして揃いもそろって「人間」という言葉をクチにしたんでしょうね?


これこそ人間になりたくてもなれないヒトモドキどもの焦燥感といった感じでしょう。



ま、どうせショックを感じるのなら、さっさと世を儚んで自殺するべきでしょうね。

数千万匹単位で屑チョンどもが死んでくれれば、間違いなくこの「アルファ碁」の開発者はノーベル賞ものですから!

-----------------------
韓国、人間がAIに敗れたショックでうつ・無気力まん延=韓国ネット「僕だけじゃなかった」「なぜよりによって韓国人棋士を相手に?」

 2016年3月10日、韓国メディア・韓国経済によると、韓国囲碁界の天才棋士・李世ドル(イ・セドル)九段が、グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャーによるコンピューターソフト「アルファ碁」との対局で2連敗を喫したことを受け、韓国人の間でうつや無気力症状を訴える「AI恐怖症」が広がっている。 

李世ドルが負けたのを見て涙が出そうになった。同じ人間として屈辱を覚えた」と語るのは、ある大学院教授。「囲碁は高度な精神力の闘いだから、まだ人間が優勢だというぼんやりとした期待があった」と語る会社員の男性も、「人間としてのプライドが傷つき、一日中憂鬱(ゆううつ)だった」という。韓国の科学哲学者の一人も李九段の敗北は「大きな衝撃」とし、「人間だけの能力と考えられていた直感、創造性、意思疎通まで機械が超越できるということを示した人類進化史の事件」と表現した。 

 この「歴史的敗北」を受け、韓国では「自分の仕事がいつかAIに代わられるのでは」との不安も広がっているという。就職活動中の学生の一人は、「労働のかなりの部分を機械が代替するかもしれないのに、職業に就くということ自体に疑いを持った」と語った。 

 一方、こうした不安に対しては「限られた囲碁という分野でのAIが勝ったことの意味を誇張する必要はない」など、AIはまだ恐れるに足りないという専門家の声もある。韓国のネットユーザーからも、賛否さまざまなコメントが寄せられた。 


「もちろん今の時点ではコンピューターが人間を思い通りに扱うなんてことはできないけど、この発展は恐るべきスピードだ。10年後が恐怖であることは事実」 

僕だけじゃなかったんだ…。李九段が負けるのを見て、本当に何もやる気がなくなって怖くなったよ。グーグルは今自分たちが何をしてるのか分かっているんだろうか?」 


僕も気が抜けた。グーグルは囲碁なんかじゃなくて翻訳ソフトについてもっと研究すべきだよ。なんでよりにもよって韓国人棋士を相手にしたのか…」 

「映画『ターミネーター』の監督は天才だね。こんなことを予見してたなんて」 

「結局は金持ちだけが世の中を支配する」 


がっかりすることはない。逆に考えれば、完璧なコンピューターを相手に李世ドルがあそこまで対抗したのは立派。彼は歴史的なことを成し遂げたとも言える。機械も結局は人間が作り出す物だしね」 

「機械がブルーカラーの仕事に取って代わるというのはよくある錯覚。むしろホワイトカラーの職業の代わりこそ機械の得意分野だよ」 


「スティーブン・ホーキングはかつて『人口知能の開発は人類の終わりを意味する』と言った」 

「AIの開発は核開発と変わらないと思う。核も間違いではないけど、使う人間がどう使うかに懸かっている」 

「天才だって負けるのに、平凡な人間にどうやってAIに勝てと?」

http://www.recordchina.co.jp/a130209.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








教師になったことを後悔しているバ韓国塵教師、20パー以上でOECD中断トツの1位wwwww

無気力でも自慰を披露するバ韓国の教師www


バ韓国の教師のうち、実に20パーセントの屑どもが「教師になってことを後悔」しているんだとか。

この数値はOECD加盟国の中で断トツの1位とのことwwwww


その理由は、冷笑主義と挫折感に陥って「脱力症候群」を体験しているからのようです。


バ韓国塵どもが集団で無気力に陥るのは生物として正しいでしょう。

なんの未来もない屑チョンどもですから、何をしたって無駄だということが分かっているが故でしょうね。

その無気力が高じて、ドンドン自殺増える屑チョンが増えることを祈るばかりです。


-----------------------
最悪の集団無気力に陥った韓国の教師たち

 韓国の教職社会が、経済協力開発機構(OECD)の中で最悪の集団無気力症に苦しめられているという調査結果は衝撃的だ。韓国の中学校教師のうち「教師になったことを後悔している」と答えた割合が20%で、OECDの34加盟国の中で1位だ。「再び職業を選ぶならば教師になりたくない」と答えた割合もスウェーデン(46.6%)と日本(41.9%)に続き3位(36%)だ。OECDが昨年、加盟国の10万5000余りの中学校教師を調査して発表した「教授・学習国際調査(TALIS)2013」報告書を分析した結果だ。依然として多くの教師が情熱を燃やしているが、相当数の教師は冷笑主義と挫折感に陥って「脱力症候群」を体験しているという意味だ。

 実際、公教育が崩れながら教師の自尊心も共に損なわれているという指摘は昨日今日のことではない。だが教職社会の無力感がこうした有り様にまでなったという事実は、これ以上見過ごすことではない。韓国社会が教師の自尊心回復案を本格的に用意しろとの警告音だ。教師たちのこうした集団無気力症は生徒たちの教育にも否定的な影響を与えるほかはない。これを防ぐためにも教育当局は、教師たちの自尊感を高められる対策づくりに積極的に乗り出さなければならない。

 このためにまず教師たちの声に積極的に耳を傾ける必要がある。報告書を分析したヤン・ジョンホ成均館(ソンギュングァン)大学教授は、行政業務(8.2%)や教室の秩序維持(13.6%)などの雑事にエネルギーを注がなければならない教師の勤務構造が最も大きな原因だと指摘した。教育本来の業務ではない仕事に時間を過度に奪われ、上層部の顔色を伺わなければならないなど自律的ではない教職文化が士気の低下に一役買ったという話だ。当局は教師・保護者と膝を交えて学校の自由化水準を高める具体的な案づくりに出なければならない。

 教師たちの自尊心の鼓吹と志気の盛り上げは、教職社会の進取的な文化形成につながる。これは2世教育の品質維持・向上のためにも絶対に必要だ。「死んだ教員の社会」がどうやって未来世代を育てるための新しい風が吹く教育現場を作ることができるだろうか。先生が情熱的に生徒たちに教えることができる教育文化づくりは、私たちの時代の課題だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/9770647/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る