韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

無能

バ韓国・元労働長官2匹が文政権の失敗をこき下ろすwwww

世界に名だたるバ韓国の無能大統領


バ韓国の元労働長官2匹が、文大統領の政策を批判していました。


「期待していたのに、これほど駄目だとは…」


「現在の雇用と経済危機は、お粗末な進歩と常識のない政策の合作ニダ」


「雇用が増えないのは全て政策のせいニダ」


「現政権は責任を取らず言い訳ばかり。最低賃金問題などさまざまな政策が全てそうニダ」


……と言いたい放題でしたwwww



いやぁ、さすが“元”労働長官のことだけはありますね。


自分たちの失政を丸ごと現政権のせいにするとは、いかにも屑チョンって感じです。




もっとも、文大統領こそがバ韓国最大の無能と言えるので、

これらの発言はあながち間違いではないんですけどwwwww


-----------------------
韓国、元労働長官が文政権の政策を批判=ネットからも厳しい声

 2018年12月13日、韓国・中央日報は「韓国の元労働長官2人が文在寅(ムン・ジェイン)政権の政策を批判した」と報じた。 

 記事によると、廬武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代に労働長官を務めた仁荷(インハ)大学の金大煥(キム・デファン)名誉教授と李相洙(イ・サンス)弁護士は同日、ソウルで開かれた「NEAR財団第3回談論時事フォーラム」で文政権について「期待していたのに、これほど駄目だとは…」と話したという。 

 金教授はテーマ発表で「現在の雇用と経済危機は、お粗末な進歩と常識のない政策の合作」と分析。また「短期間の成果に執着して実績を出そうと圧力を加えるのは極めて遺憾」とし、「開発独裁当時にしていた行為」と批判した。さらに「雇用が増えないのは全て政策のせい」とし、最低賃金の急激な引き上げ(※2年間で29%)を指摘した。非正規職ゼロ政策についても「非正規職を正規職に転換する政府の指針は公開採用(国民に平等に採用の機会を与えるため一般に公募する採用方法)だが、実際は労働組合の要求通りに正規職化している」とし、「良い職場を探していた若者が失望してしまう。『公正』の価値を踏みにじる行為」と指摘した。 

 また金教授はこの1年半にわたる現政権の政策を振り返り、「行政において構造的思考に欠けている。経済は循環だ。市場が持つ躍動性を無視している。積弊清算と行政を関連付けるのは非常に初歩的な政策行為」と述べ、政策本来の機能回復を促したという。 

 李弁護士も「現政権は責任を取らず言い訳ばかり。最低賃金問題などさまざまな政策が全てそうだ」と話し、「政府が片方に偏り過ぎ」「市場の変化を政府が管理できていない」「政策を安易に処理している」「全国民主労働組合総連盟との社会的な対話の必要性」など大きく4つの点を指摘したという。 

 これを受け、韓国のネット上でも「正直言って現政権は無能でどうしようもない。認めるよ」「理念だけ一丁前で頭の回転は良くない。こんなリーダーは初めて」「文大統領は韓国最大のリスク」「現政権になってから大分経ったのに、いまだに『積弊』の話と責任転嫁ばかり。成果を出したものは何もない」「アマチュア政府」「過去最悪だ」など、現政府に対する批判の声が相次いでいる。中には「仕方ないよ。言っても聞くような政権じゃない。このまま駄目になって政権が交代したら、一からまた始めよう」と諦めモードのユーザーまで見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b670769-s0-c20-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国・セウォル号】ついにパククネ婆の“空白の7時間”が明らかに!!!!!!

バ韓国崩壊を加速させてくれた2匹


2014年に我々を大いに笑わせてくれたセウォル号の沈没事故。

事故後、パククネ婆の“空白の7時間”が色々と取り沙汰されていましたが、

その全貌が明らかになっていました!!




・事故発生時は寝室で寝ていて、1時間を過ぎてからようやく起床。

・婆の起床後、崔順実(チェ・スンシル)が大統領府を訪れて会議が開かれる。

・事故後、7時間が経ってからようやくパククネ婆が対策本部を訪れる。




……というものだったようです。


あれだけの事故の時でも、

パククネ婆は自分1匹ではなんの判断もできずに、
崔順実のいいなりだったというワケですね。


ま、屑チョンどもの言うことですから、

今回の経緯も真っ赤な嘘という可能性も否めませんけどね。


-----------------------
韓国のセウォル号惨事、朴槿恵前大統領の「空白の7時間」がついに明らかに=「予想はしてたけど…」とネットは大荒れ

 2018年3月28日、韓国・ニューシスは、「迷宮入りとなっていた前韓国大統領・朴槿恵(パク・クネ)被告のセウォル号事故当日の『空白の7時間』の秘密が解明された」と報じた。 

 記事によると、韓国検察の調査で、セウォル号沈没事故が発生した14年4月16日、朴被告は事故発生から約1時間30分経った午前10時30分ごろまで大統領府官邸の寝室にいたことが分かった。当時、大統領府国家安保室傘下の危機管理センターは午前9時19分にメディアの速報を見てセウォル号事故発生の事実を知り、午前9時24分に大統領府の送信システムを利用してメールを送ったそうだ。 

 その後、危機管理センターの実務者らは海洋警察の状況室を通じて午前9時22分〜31分に船舶の名称、乗船者、出港時間、船の大きさなどを把握、午前9時42分ごろに救助隊の動員現況、午前9時54分に救助隊の人数を把握したそうだ。さらに午前9時57分ごろには「救助された56人が事故地点の北側4マイルの距離にある西巨次島(ソゴチャド)に移動する予定」という事実も確認、同事故の状況報告書第一報の草案が完成したという。 

 しかし記事では「同報告書が朴被告に手渡されるまでに約30分かかった」と伝えている。午前10時には元国家安保室長の金章洙(キム・ジャンス)氏が事務室で状況報告書第一報の草案を受け取り、前危機管理センター長のシン・インホ氏から電話報告を受けていた。ところが朴被告の携帯電話に電話をかけて事故内容を報告しようとするも、連絡が取れなかったという。そのため第2付属秘書官だったアン・ボングン氏に電話で「大統領に報告できるようにしてほしい」と伝え、シン氏には報告書を官邸に伝えるよう指示したとのこと。その後午前10時19分には官邸警護官を通じて官邸に勤務する金(キム)氏に報告書を手渡したというが、朴被告の寝室前にあるテーブルの上に報告書を置いただけだったとされる。 

 結局、朴被告が寝室から出てきたのは、午前10時20分ごろに官邸を訪れたアン氏に寝室前から数回名前を呼ばれた時だったそうだ。そして午前10時半に当時海洋警察庁長だった金錫均(キム・ソッキュン)氏に電話で基本的な救助指示を出したというが、この他に特別な措置はなかったとされる。午後になり、崔順実(チェ・スンシル、国政介入事件の中心人物)被告が大統領府を訪れるとようやく関連会議が開かれ、中央災難安全対策本部への訪問が決定したとのこと。 

 記事は「つまり朴被告は事故発生から1時間後に寝室から出て報告を受け、『影の実力者』と呼ばれた崔被告と会議を行い、午後5時過ぎになって中央災難安全対策本部を訪問した」と説明している。これを受け、検察関係者は「セウォル号の事故は大きな悲劇であるのみならず、国民の多くが国家の存在理由について考えるようになったきっかけ」とし、「この日の大統領と大統領府の状況が、いわゆる『セウォル号7時間の疑惑』として多くの憶測と陰謀論を呼んだ」と話しているという。 

 ついに明らかになった「空白の7時間」について、ネット上には大量のコメントが寄せられている。「ある程度予想はしてたけど、とんでもない」「悪魔」「どれだけ無能なの?一生刑務所で過ごして」など朴前大統領に対し大ブーイングが起こっている。 

 崔被告に対しても「つまりセウォル号沈没事故も裏で崔順実が動いていたのか…。許せない」「(韓国国民は選挙で)朴槿恵じゃなく崔順実を選んだってことか」「第18代大統領、崔順実」とのコメントも。中には「結局はその時間に寝てたってこと」など、あきれた様子の声も多く見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b587486-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ

















英エコノミスト誌「バ韓国塵である潘基文は、歴代最悪の国連事務総長だ」

ロクな英語を話せないパンなんちゃら


イギリスの老舗新聞社のエコノミスト社が、国連事務総長のパンなんちゃらを、

最も勢いのない、最悪な総長」と評していました。


その理由として、

大国のご機嫌取りばかりしている

英語でのスピーチが満足にできない

無知ゆえに言葉の誤用が多い

懸案への迅速な対応能力がない

業務への思い入れも足りない


などが挙げられていました。



パンなんちゃらの悪行を知っている我々からしてみたら、

上記の理由なんて可愛いものですよね。


ま、世界中の人々に「屑チョンを金輪際国連事務総長にしてはいけない」と知らしめた功績だけは評価してもいいかもしれませんがwwwww



-----------------------
英誌、国連・潘基文事務総長を「最も勢いのない最悪総長」と酷評=韓国ネット「恥ずかしい」「まさか韓国の次期大統領に?」

 2016年5月23日、韓国・東亜日報によると、英誌エコノミストが国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長について、「歴代最悪の総長の一人」と酷評した。 

 同誌はこのほど発売された最新号で、潘事務総長について「(国連内部での)行政能力や(国連外部での)統治能力など、すべてにおいて失敗した総長と評価されている」とし、「コフィ・アナン氏ら他の元総長に比べ、強大国に対抗するのを嫌がった」と主張した。さらに、「口下手で手続きにこだわり、懸案への迅速な対応能力や業務への思い入れも足りない。就任から9年が過ぎたが、『占領』などの問題となる用語を使う失敗も犯した。最も勢いのない、最悪な総長のうちの一人」などと強く批判した。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからも、「潘総長は逃げ足だけは速かった」「まさか韓国の次期大統領になろうと考えていないよね?」「潘総長を高く評価していたのは韓国人だけ」「潘総長が大統領になった時の国の姿が想像できる。朴大統領に対する評価と全く同じだ…」「これまでの事務総長の中で、潘氏のようにただ強大国の機嫌を取るだけで任期を終える人はいなかった」「正確な分析。同じ韓国人として恥ずかしい」「典型的な韓国型の管理スタイルだったようだ」など、厳しいコメントが多く寄せられた。 

 一方で、「真面目に一生懸命働いている潘総長を批判するなんてひどい」「誰もが国連事務総長になれるわけじゃない。潘総長に対する酷評を報じて国民の反感をあおる韓国メディアに問題がある」といったコメントもみられた。

http://www.recordchina.co.jp/a139400.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【史上最低の国連事務総長・パンなんちゃら(バ韓国塵)】無能事務総長のおかげで国連が生まれ変わる!?

史上最低の無能事務総長だったパンなんちゃら


国連史上、最悪の無能事務総長との呼び声高いバ韓国のパンなんちゃら。

このパンなんちゃらの任期がいよいよ今年いっぱいで終わります。


ロクに英語もしゃべれず、多くの屑チョンを国連職員として雇い入れ、中立の立場をとることなく母国に肩入れしたりと、史上最低の国連事務総長であったことは間違いないでしょう。


しかし、このパンなんちゃらのおかげで、同じ過ちを繰り返さないよう事務総長選びが変わることになりました。

これで二度とバ韓国塵が国連事務総長になるというフザけた事態にはならないでしょう。



なにはともあれ、

パンなんちゃらは世界中の人々にバ韓国塵の無能さをアピールしてくれたことがGJでしたねwwwww


-----------------------
潘基文の最大の功績は? 国連が変わるかもしれない

 現在の潘基文・国連事務総長は、今年いっぱいで任期が切れる。そして2016年4月12日からは、3日間にわたって潘の後任候補者たちのスピーチや質疑応答が開始され、いよいよ後継選出活動が本格的に始動したと言える。

 実は今回の事務総長選びは、国連70年の歴史で過去に例のない試みとなる。しかも潘の時代まで存在してきた選出の悪しき“密室性”から決別するきっかけの年となりそうだ。

(中略)

 また日本では、彼が韓国人ということで彼に批判的な人たちも少なくない。だがそうした感情論を差っ引いても、潘が立派に役割を果たしたかどうかには大きな疑問符が付く。

 事実、過去にはインガブリット・アレニウス前事務次長が潘を批判する50ページの文書を提出して国連を去ったという事例も起きている。また英ガーディアンは、「最近引退した国連高官は潘の最大のハンディキャップは彼が英語を流ちょうに使えないことだと言う。そのために米国やそのほかの地域で支持を勝ち取ることが困難になっている。『私たちは彼に話し方や、メディアトレーニングのレッスンをした』と、この高官は言う。話し方のレッスンは多い時で週に2、3回行い、良くはなったがまだ不十分だ。『私たちはテレビ出演を控えるようアドバイスした。彼は押し付けがましい』」と、バカにした感じで書いている。

 さらに最近でも、中東和平問題で失言したり、モロッコのゲリラを支持する発言をしたり、米議会議員からも「無能」と呼ばれて話題になるなど、相変わらず批判的な声が多い。

無能の事務総長が生まれたワケ

 だがよくよく考えれば、現事務総長がそんなふうにしか見られていない責任は、そもそもその任命を担う安保理の常任理事国にあると言える。さまざまな思惑の中、“密室”で自分たちに都合のいい事務総長を決めてきたからこそ、無能と言われる事務総長が生まれてしまうのだ。

(中略)

 米ニューヨークタイムズ紙は、今回の新しい公聴会スタイルの候補者選びについてこんな指摘をしている。

 「多くの外交官たちが密かに、もし10年前に国連総会で今回のような公聴会が開かれていたら、彼(潘基文)は事務総長になれていただろうかと話している

 だからこそ、10年前までのやり方はすぐにでも止めるべきなのである。そして皮肉なことに、「選出方法の改革」のきっかけを作ったという事実こそ、潘が残す最大の功績となる可能性がある。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2150762
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る