韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

特定

【バ韓国・セウォル号沈没事故】調査委「船体を引き揚げて調べても沈没の原因が特定できなかったニダ!!」

大金をかけて引き揚げられたバ韓国のセウォル号


長い時間と大量の金をつぎ込んで引き揚げられたセウォル号。



しかし!!


船体を隅々まで調査した結果、沈没の原因を特定できなかったようですwwwwwwww



いやぁ、さすが屑チョンどものやる事ですなぁ。


ま、あっさり沈没の原因を特定してしまったら、

職にあぶれる屑チョンが大量発生してしまいますからねwwwwwww




もっとも、沈没の原因は我々から見たら火を見るより明らかですよね?

答えは「屑チョンだから」の一言で片付くのですから。



-----------------------
沈没原因特定できず 韓国セウォル号の調査委 

 韓国南西部沖で2014年4月に起きた旅客船セウォル号沈没事故で、原因の調査を進めてきた韓国政府の船体調査委員会は7日までに、沈没の発端となった転覆の原因について、操舵ミスや船体の改造、荷物の過積載が原因とする説や、外部からの衝撃説などを列挙した報告書をまとめた。統一した見解を示さず、原因の特定ができなかった。

 調査委は政党や遺族の代表から推薦を受けた弁護士、大学教授らで構成。報道陣に公開された資料によると、操舵ミスなど船内に原因があったとする委員と、潜水艦との衝突を念頭に外部に要因があったと考える委員、さらなる検証が必要だとする委員で意見が分かれた。

 事故では299人が死亡し、他に5人が行方不明となった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33887580X00C18A8CR0000/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の窃盗事件、現場に残した窃盗犯の大便でDNAが特定されるwwwww

バ韓国で急増中のホームレスども




さきほどソウルで発生していた窃盗事件。

盗みに入った窃盗犯は、帰り際に便意をもよおして裏口付近に大便をしたんだそうです。

その大便から検出したDNAが窃盗犯の特定に結びついたとのこと。


トイレで用を足していれば証拠を隠滅できたものを……。




きっとこれは窃盗犯の善意でしょう。


金を盗んだ代わりに、食糧として大便を残したのです。



それを美味しく召し上がらなかった被害者は、屑チョンの風上にも置けないド屑ですね。





-----------------------
犯人の遺留品は排泄物!? 窃盗の犯行現場で便意もよおし DNAから容疑者割り出し=韓国

 中国メディアの国際在線は9日、韓国の聯合ニュースを引用し、韓国ソウル市でこのほど、犯行現場に残した大便がきっかけで窃盗の常習犯が検挙される事案が発生したと報じた。

 記事はソウル市江東警察署が9日、39歳の窃盗の常習犯を逮捕したことを紹介。報道によれば、犯人は7月6日深夜、ソウル市江東区内のバーに忍び込み、店のレジから現金7万ウォン(約7223円)を盗み出した。だが、金を持って逃げようとした犯人は急に便意をもよおしたため、店の裏口付近で大便をし、それからそそくさと店を後にしたという。

 続けて記事は、店側から通報を受けた警察が店内に設置されていた監視カメラの映像から容疑者を割り出し、さらに現場に残された大便から検出されたDNAから犯人を特定したと紹介した。

 警察の取り調べによると、無職の犯人は2013年1月ごろからソウル市内のレストランやバーなど41店舗で窃盗を繰り返しており、これまでに539万ウォン(約55万6200円)を盗んだという。記事は犯人が「ホームレスで収入がなかったため、窃盗するしかなかった」と供述していることを伝えた。

http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/sech-20140910-20140910_00102/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る