韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

犯罪者

犯罪検知用のAIカメラ、バ韓国のソウルに3000台設置へ!

バ韓国塵を区別するのは至難の業


バ韓国のソウル市内に、犯罪検知用のAIカメラ3000台が設置されるようです。


様々な情報を感知して犯罪が発生する可能性があると、最寄の警察署に通報する仕組みとのこと。



そもそも屑チョンなんざ全匹犯罪者なので、警察への通報が鳴りやまないのでは?



ま、バ韓国塵相手にこんな防犯措置を施しても無駄でしょう。






ちなみに、最新のiPhoneの顔認証機能ですら屑チョンどもの顔を認識できません。


こうしたカメラで証拠の画像を押さえても、検挙には結びつくとは思えませんね。


-----------------------
韓国ソウル、犯罪検知用のAIカメラ3000台設置へ―中国メディア

 2020年1月3日、中国メディアの澎湃新聞は、韓国・ソウル市が、人工知能(AI)ソフトウェアが組み込まれた犯罪検知用カメラ3000台を市内に設置する計画だと報じた。

 米ZDNetの2日付報道を引用して伝えたところによると、ソウル市の瑞草区と韓国電子通信研究所(ERTI)は、今年7月までに区内にAIカメラ3000台を設置すると発表した。

 カメラは、通行人の位置や時間、行動パターンを処理するAIソフトウェアを使用して、犯罪が発生する可能性を測定する。通行人が普通に歩いているのか、または誰かを追いかけているのかを自動測定したり、通行人が着用しているもの(帽子、マスク、メガネなど)や、携帯しているもの(犯罪などに使われる可能性の高い袋や他の危険物など)も検出できる。こうした情報から犯罪が発生する確率を測定し、一定の確率を超えた場合、地域の拠点や付近の警察署に通知するという。

 瑞草区とERTIは今後、20万件に及ぶ裁判所の判決文書と犯罪映像を分析して、AIソフトウェアに記憶すべき犯罪パターンを提供する計画だ。

 ERTIによると、AIソフトウェアは現在、開発段階にあり、22年までの完成を計画している。そうした機能を備えたカメラは最終的に、ソウル市内の他の区のほか、国内の各道でも活用されることになるとしている。

https://www.recordchina.co.jp/b771465-s0-c30-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・ソウルで行われた海外就職博覧会! 日本企業が最多の65社も参加だと!?

バ韓国で行われた海外就職博覧会


バ韓国のソウルで海外就職博覧会が行われていました。


このイベントは、日韓関係の悪化で2か月ほど延期されていたとのこと。


大勢の屑チョンが職を求めて殺到していたようですが、

日本企業がこのイベント最多の65社も参加していたのが驚きです。



本当にふざけた話です。


バ韓国から大勢の犯罪者を呼び寄せるだなんて、とんでもない蛮行です。





あれだけ反日運動をしておきながら、よくもまあ日本で就職したいなどと言えるものです。


どうしても日本で就職したいのなら、全匹のDNAを採取しておき、去勢を義務付けるべきでしょう。


あ!

全匹に電子足輪を装着させておくのも必要でしょうねwwww




-----------------------
反日運動で2カ月延期された海外就職博覧会に1000人

 ソウル市内のホテルでは12日午後、日本、米国など9カ国の企業100社が採用ブースを設け、面接を行っていた。参加企業は日本企業が65社と最多で、韓日関係悪化がうそのように面接希望者が絶え間なくブースを訪れた。ブース近くの椅子には正装した青年らが準備してきた履歴書や企業情報をチェックしていた。

 今回の行事は雇用労働部と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が青年の就職支援を目的として開いたものだ。会場には全国各地から1000人以上の青年が集まった。日本ボイコットのムードが色濃い中、前年(1011人)並みの参加者を集めた。

■韓日関係悪化で2カ月延期

 今回の行事は雇用労働部の主催で毎年2回開かれる韓国最大規模の海外就職博覧会だ。日本国内での求人難から韓国の人材を求める日本企業の参加が毎回最も多い。ところが、そのせいで当初9月初めに予定されていた博覧会は中止寸前となった。7月に日本の輸出規制で韓日関係が急速に悪化すると、雇用労働部は開催を保留した。雇用労働部関係者は当時、「関係がぎくしゃくする中、日本企業を就職博覧会に招くのは体裁が悪い」と話した。そして、反日ムードがやや和らいだことから、2カ月後に控えめに博覧会を開催した格好だ。

 遅れたものの開催された博覧会には、ソニー、日産、ハウステンボスなど65社が参加。各社は外交問題などお構いなしに韓国の人材確保に集中した。日本の家電メーカー関係者は「社内には韓国人に対する差別は全くない。悪化した雰囲気の中でも志願してくれた韓国人に感謝するばかりだ」と話した。参加者のPさん(26)は「日本企業は父母がどうしているかや健康状態、家庭状況などを尋ねた。韓国に帰ってしまうことがないように、長く働ける人材を探しているという印象を受けた」と語った。

 韓国統計庁が発表した9月の青年拡張失業率(体感失業率)は21.1%に達する。青年の5人に1人が仕事を持たない計算だ。雇用労働部関係者は「海外就職は容易ではない選択だが、国内の雇用が不足しているため、海外就職に目を向ける青年が多いようだ」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/13/2019111380064.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















官製デモwww 検察の弱体化を願うバ韓国塵どもの群れwww

検察の弱体化を願うバ韓国塵ども


政府の思い通りにデモするバ韓国塵ども


官製デモに参加するバ韓国塵ども


相変らず屑チョンどもはヒマなようですね。


昨日、ソウルで「司法積弊清算」や「検察改革」を求めるデモがありました。


政府が用意したお揃いのポスターを手に持ち、

ツリ目・エラ張りの似たような醜い顔をした連中が行進していました。


本当に間抜けすぎる官製デモですなぁwwww




それにしても、検察の弱体化を求める国民性って異常ですよね?


国民全匹が犯罪者のバ韓国ならではの光景と言えるでしょう。



-----------------------
「司法積弊清算」「検察改革」求めるキャンドル文化祭

 19日午後、ソウル市永登浦区の国会前で開かれた「第10回司法積弊清算のための検察改革キャンドル文化祭」で、参加した市民らが司法積弊清算を求めるプラカードを掲げているところ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/19/2019101980038.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















一族全匹犯罪者wwww バ韓国法相のチョ・グクの弟に逮捕状!!

バ韓国の法相、チョ・グクの弟に逮捕状!!


バ韓国の法相チョ・グクの弟に逮捕状が請求されていました!!


既に逮捕されている親戚に続き、2匹目の逮捕者となりそうですね。


チョの妻のチョンも有罪間違いナシなので、

家族全匹犯罪者となるのも時間の問題でしょうwwww





それでも、バ韓国にとってはこれが当たり前の姿なんですよね。

なにしろ犯罪者しか存在していないのですから。



本当にキチガイじみた国ですなぁ。



-----------------------
チョ法相の弟の逮捕状請求 背任容疑など=韓国検察

 韓国のソウル中央地検は4日、チョ国(チョ・グク)法務部長官の家族が運営してきた学校法人を巡る不正疑惑で、背任や証拠隠滅教唆などの容疑でチョ氏の弟の逮捕状を請求したと明らかにした。

 学校法人の事務局長を務めた弟は虚偽の工事で工事代金の債権を確保し、法人関係者らを相手取って「偽装訴訟」を起こしたほか、教員志願者の親から採用の対価として数億ウォン(約数千万円)を受け取った疑いが持たれている。また、証拠隠滅を図ったとして、証拠隠滅教唆の容疑も適用した。

 弟が逮捕されれば、チョ氏親族の中では2人目となる。先月16日、チョ氏親族による私募ファンドの運用疑惑で同氏のおいが逮捕されている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/04/2019100480147.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る