韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

生きてるだけで犯罪者

【バ韓国の国技】家出少女を宿泊させて売春を強要していた10代の屑チョンwwwww

バ韓国塵の国技は売買春です


バ韓国で18歳と22歳の屑チョンが逮捕されていました。


この2匹は家出中の知り合いを家に泊めていたのですが、

その家出少女の有り金を奪った後、売春を強要していたというのです。



あれ?


国が推奨している国技を粛々と行っただけなのに?



バ韓国塵ってのは10代のころからこんな感じの生き物なのです。


生きているだけで全匹犯罪者であり、更生なんて真似は絶対にできないのです。



ね?

生かしておく価値なんてこれっぽっちもありませんよね?



-----------------------
家出した友達のお金奪い売春を強要した10代の拘束

 家出を唆して一緒に同居を始めた後、生活費の名目で金銭を奪って売春を強要した10代が警察に拘束されました。 

 ソウル永登浦(ヨンドンポ)警察署では、昨年6月から3か月間家出をした友人のAさんに生活費を支払うよう要求をして、約1000万ウォンを奪い取った疑いでパク某少女(18歳)とソ某容疑者(22歳)を拘束しました。 

 パク少女らはAさんが金銭を用意できないため、売春を強要した事が警察の調査で明らかになりました。 

http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=1113767
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















在外韓国塵犯罪者は270万匹! 刑務所などに収監されているのはたったの1172匹だと!?

犯罪者ではない韓国塵など存在しない!!



屑韓国塵が海外でどの程度拘置所や刑務所に収監されているかが発表されていました。


全部で1172匹で、その内の4割以上の474匹がこの日本で収監されているというのです!!

きゃつら屑どもには刑務所の臭い飯ですらもったいないですね。


それにしても随分と控えめな発表です。
実際はゼロの数が一つ増えそうな感じですが……。



ちなみにあくまでも収監されている屑の数です。


海外で暮らす屑韓国塵で、犯罪者なのはざっと270万匹ほどとなります。


全世界で害獣が270万匹!

さらには帰化チョンや成りすましも入れたらもっともっと数が増えます。



これだけの犯罪者を輸出しているだなんて、どこから見ても立派なテロ国家ですね。



-----------------------
海外収監国民40カ国1172人…日本474人最多

 270万在外韓国国民のうち外国の拘置所や刑務所に収監されている人が1172人に達することが明らかになった。

 外交部が7日、国会外交統一委員会に提出した国政監査資料によれば去る6月30日現在の海外で収監中の我が国民は40カ国、1172人に達した。国家別では日本が474人で最も多かった。引き続き中国315人、米国214人、フィリピン48人、タイ22人、オーストラリア19人の順だった。米・中・日3国収監者が全収監者の85.6%を占めた。

 犯罪容疑別には麻薬が279人で最も多く、殺人(163人)、詐欺(153人)、窃盗(97人)、強盗(77人)が後に続いた。特に麻薬犯をより強く断罪する中国で麻薬にかかわった容疑で収監中の韓国国民は101人に達した。

 中国司法当局は去る8月、二度にかけて韓国人麻薬犯3人の死刑を執行したことがある。海外で事件・事故とかかわった私たちの国民(被害者・加害者)も毎年増加している。2011年7808人、2012年8910人、昨年9100人に続き今年は去る6月末まで4732人を記録した。被害者(2484人)は窃盗(1722人)、強盗(126人)、行方不明(118人)の順だった。

http://www.segye.com/content/html/2014/10/07/20141007004867.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る