韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

生命保険会社

ついにここまで……、バ韓国の生命保険会社のボーナスは「キムチ」wwwwwww

キムチは人類向けの食品ではありません


バ韓国の保険会社のボーナスが「キムチ」だったことが話題になっていました。

しかも、そのキムチはグループ系列会社が製造していたとのこと。

消費期限切れの在庫処分だったのは間違いないでしょうねwwww


さらに、そのキムチは10キロで19万5000ウォンというボッタクリ価格が設定されていて、

その金額分がしっかり課税されていたんだとかwwwwwwww


いや、凄いですね。

ついにバ韓国経済の崩壊が来るところまで来たといった感じです。


ただ、こうした現物支給に不満を訴える社員も少なくないとのこと。

キムチだったのが良くなかったのでしょうね。

ウンコでも配っておけば、誰からも文句が出なかったでしょうからwwwwww



-----------------------
韓国の保険会社、社員のボーナスをキムチで支給し物議=韓国ネット「ボーナスが出るだけましだ」「救護物資でもあるまいし…」

 2016年8月9日、韓国の生命保険会社・興国生命が社員へのボーナスをキムチなどの食料品で支給していたとして騒ぎになっている。韓国・ヘラルド経済が伝えた。 

 韓国の金融投資業界によると、興国生命はこの間、キムチ、ワイン、コーヒーなど、同じ泰光グループ系列の企業が製造・販売する食品を役員・社員への成果給として支給していた。今年1~6月期に支給されたのは、10キロ19万5000ウォン(約1万8000円)のかぶら大根キムチ、1本10万ウォン(約9200円)のワイン、6本15万ウォン(約1万4000円)の水出しコーヒーなどだ。 

 業界では同社のこうした行為が公正取引法違反に当たるのではとの指摘が上がり、金融監督院が「提供業者の選定や契約を進める過程で価格の適正性が検証されていないか、予定価格が作成されていなかった」として、今年初め、同社に警告を出していた。しかし今年に入っても「現物支給」は行われ、社員の間でも「この秋にもキムチが配られる」とのうわさが広まっていた。また、社が支給した食品の金額を給与に参入していたことから社員は現物支給分も課税されており、社員からは不満の声も高まっていた。 

 これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。 


「うちの会社もワイン支給のことがあったよ」 

「それはキムチではなく『クム(金)チ』と言う」 


10キロ19万5000ウォンのキムチって、金で巻いてでもあるのか?」 

ボーナスが出るだけましだ」 

「グループの会長や社長の配当金もキムチにしたらどうだ」 


「僕が社会人になった頃、80年代入社の先輩たちは、小麦粉1袋と砂糖10キロがボーナスだったと聞いたよ」 

「当時は砂糖が貴重品だっただろうからね。でも今の時代、誰もキムチをもらって喜ばないよ。救護物資でもあるまいし…」

http://www.recordchina.co.jp/a147106.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国・最高裁】自殺も災害ニダ! 保険金を支払うべきニダぁ!!!!!

今後も増加し続けるバ韓国塵どもの自殺率


バ韓国の最高裁がすんばらしい判決を出していました!!!!!!!!!!!

判決で、

自殺も災害ニダ! 死亡保険金を支払うべきニダ!!

としていたのです。


バ韓国の生命保険会社は「自殺は災害ではないニダ!」として今まで保険金を支払ってこなかったようですが、

この判決により今までの未払い保険金を支払わなければならない事態になりそうですね。



ま、そんなことより、

この判決を受け、自殺する屑チョンどもが増加してくれることに期待したいものです。



ざっと5000万匹ほどが自殺してくれれば、後の除鮮作業がグっと捗るでしょうからwwwww


-----------------------
最高裁「自殺も災害…保険金を支払うべき」=韓国

 自殺保険金支払いをめぐり数年間続いてきた生命保険会社と消費者の間の法廷争いで最高裁が消費者に軍配を上げた。 

 最高裁は自殺したAさんの親が生命保険会社を相手取り起こした保険金請求訴訟の上告審で、「『災害特約約款』に基づく(自殺)死亡保険金を支払うべき」とし、原審を破棄して事件をソウル中央地裁に差し戻したと13日、明らかにした。ほとんどの生保会社が2010年4月以前に販売した災害特約約款には一般死亡保険のように「加入2年後自殺した場合には保険金を支払う」と明示されていた。生保会社はこれを根拠に「自殺は災害ではない」という論理で保険金の支払いを拒否してきた。 

 未支払い自殺保険金はING生命が653億ウォン(約61億円)、サムスン生命が563億ウォン、教保生命が223億ウォン、アリアンツ生命が150億ウォンなど。

http://japanese.joins.com/article/690/215690.html?servcode=400&sectcode=430
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る