妄言を口にするのがバ韓国大統領のお仕事です


バ韓国の産業通商資源部・長官が訪米して土下座外交をしていましたwww


米化学大手デュポンに、日本が輸出規制していたレジストの生産施設をバ韓国に設置するようお願いしていたとのこと。


国産化すると宣言しておきながら、結局は外国の企業に頼るという醜態を晒していたわけですwwww


ま、失敗に終わることは間違いないでしょう。


アメリカ企業の施設とはいえ、そこで働くのがヒトモドキでは製品の品質はヒトモドキレベルになるわけですから。



本当に無駄な悪あがきですね。


見苦しいだけなので、さっさと諦めて民族総自決でもしていただきたいものです。




-----------------------
米化学大手が韓国でレジスト生産へ 日本の輸出規制品目

 米化学大手デュポンが韓国に、日本が対韓輸出規制を強化した半導体・ディスプレー材料3品目のひとつであるレジスト(感光材)の生産施設を設ける。同社の対韓投資は、韓国主力産業である半導体の製造に欠かせないレジストの供給元を多角化し、対日依存度を下げることに大きく寄与すると期待される。
 
 韓国産業通商資源部によると、訪米している成允模(ソン・ユンモ)同部長官は8日(現地時間)にデュポン社長と面会した。デュポン側はこの席で、最先端の極端紫外線(EUV)用レジストの開発・生産施設を韓国に設けるための投資を確定させ、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)に2800万ドル(約30億6000万円)の投資申告書を提出した。同社がすでに工場を構える忠清南道・天安に、2020年から21年にかけて投資を実施する予定だ。

 今回の投資は、デュポンと韓国政府のニーズがマッチした結果だ。デュポンは韓国国内の子会社を通じ、1998年から天安にある二つの工場で半導体回路基板用の材料や部品を生産してきた。EUV用レジストなど次第に成長する市場を先取りするため、韓国への新たな投資を決めた。

 産業通商資源部は、日本政府が昨年7月に3品目の輸出規制を強化して以降、半導体材料などの供給を安定させるためデュポンと接触して投資を働き掛けていた。EUV用レジストは現在、主に日本メーカーからの輸入に頼っているが、デュポンの投資を誘致したことで供給元を広げられるようになった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/09/2020010980150.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ