韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


産地偽装

【許すまじ!】福島県の水産加工会社が、バ韓国産サンマを“北海道産”に偽装して販売!!!!!!!!!

地球環境を守るためにバ韓国塵を駆逐するべし


福島県の水産加工会社がトンデモないことをしでかしていました!!


バ韓国産のサンマを「北海道産」と偽って販売していたのです!!!!!!!!!


あんな糞尿だらけの海で獲れた魚を国産表示に偽装するだなんて、これは立派な殺人未遂ですね。


これでまた、福島の水産物に対する評価が下がることになります。



こんな糞業者は、関係者まとめて死罪にすべきでしょう。

本当に許しがたい犯罪です。



-----------------------
サンマ加工品138万匹分、産地偽装 農水省が改善指示

 サンマの開きなどサンマ加工品138万匹分の産地を偽って表示し販売したとして、農林水産省は8日、福島県いわき市の水産加工会社「伴助(ばんすけ)」を食品表示法に基づいて改善を指示し、公表した。

 同省によると、伴助はサンマの丸干し、開き、みりん干しの3商品のサンマの原産地について、実際は台湾産や韓国産、岩手産、宮城産だったのに、「北海道産」と表示して販売した。2015年11月~今年2月に、全国で138万3718匹を売ったという。

 伴助は農水省に対し、もともと北海道産のサンマを仕入れて加工していたが、在庫不足になり、ほかの産地のサンマを仕入れ始めたと説明している。表示の違法性については認識していたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000011-asahi-soci
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【バ韓国ネタ】皆さん忘れてませんか? 産地偽装は立派な犯罪です。

この日本からチョーセンチン犯罪者を追い出すべし


まずは、チョーセンチン犯罪者どもを国内から一掃すべきだと思いませんか?





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【AEON注意!】鳥インフルに続き口蹄疫が絶賛拡散中のバ韓国!!

鳥インフルに続き口蹄疫発生中のバ韓国


先日、バ韓国の農林畜産部が口蹄疫拡大の警報レベルを最高値に引きあげていました。


市場を閉鎖するなどして拡散防止に努めているようですが、まぁ無駄に終わるに違いないでしょう。


そもそも、きゃつら朝鮮ヒトモドキが21世紀の現在も生き延びていることが間違いなのです。



日本が統治していなければとっくの昔に自滅していたバ韓国塵ども。

本当にこの日本という国は、この地球に対してとんでもない迷惑をかけてしまっています。



ここは素直に非を認め、罪を償うべきでしょう。

本来ある姿に戻すべく、我々日本人が積極的に害獣どもを駆逐するべきなのです。

もうこれは嫌悪感とかいった程度の低い話ではありません。

我々に課せられた義務なのです。



後の世代に負の遺産を残さないためにも、

なんとしてでもきゃつらを根絶やしにしたいものです。



-----------------------
韓国で疫病の拡大が深刻化、口蹄疫警報を最高レベルに引上げ―中国メディア

 韓国農林畜産部は9日、口蹄疫拡大の警報レベルを最高の「深刻」レベルに引き上げたと発表、全国の偶蹄類家畜市場を一時閉鎖することを明らかにした。新華社が伝えた。 

 韓国農林畜産部は「口蹄疫はすでに国内の多数の地域に拡大している。また、A型とO型が同時発生している。牛の抗体形成率が低いことから、ウィルスの拡散リスクが高まる可能性が高いうえ、冬季は消毒条件が悪いといった要因から、最終的にこのような措置を講じることを決定した」としている。 

 今月9日から18日まで、韓国では生きた鳥獣を農場間で輸送することが禁止され、従業員が農場に出入りすることも厳しく制限される。また、徹底した消毒防疫措置が施されるほか、口蹄疫検査については、検査・検疫の対象範囲を全国の主要幹線道路にまで拡大する方針。 

 これまでのところ、韓国チョンギド(京畿道)ヨンチョン(漣川)郡で8日、A型口蹄疫ウィルスの発見が報告されているほか、5日と6日にもチュンチョンプクト(忠清北道)ポウン(報恩)郡とチョルラプクト(全羅北道)チョンウプ(井邑)市で続けてO型口蹄疫ウィルスが見つかっている。同じ時期に2種類の類型の口蹄疫が発見されたことで、疫病拡大に対する憂慮が高まったことを受け、韓国政府は疫病管理体制を強化したとみられている。 

 9日、韓国農林畜産部は、今まで設置されていた「鳥インフルエンザ対策支援本部」を「口蹄疫・鳥インフルエンザ支援本部」と改名し、防疫措置に総力で取り組む構えを示した。 

 韓国では最近、疫病の発生・拡大が深刻化し、防疫措置のプレッシャーが高まっている。昨年末には鳥インフルエンザが発生、関連当局は計3000万羽以上の家畜を殺処分したことから、国内では鶏卵の価格が高騰。韓国政府の措置が功を奏し、鳥インフルエンザの発生・拡大状況は次第に鎮静化している。

http://www.recordchina.co.jp/a163557.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








腐った原料で「ビール」や「ラーメン」を作るバ韓国、それを輸入して店頭に並べる日本の売国企業!

イオンのTOPVALU商品はただの汚物の塊です


バ韓国では、カビの生えた小麦粉で作られた「ビール」や「練り物」や「菓子」や「ラーメン」などが当たり前のように流通しています。


こうした小麦粉の保存方法も当然いい加減で、ネズミの体液やら糞尿も数多く入り混じっています。


ま、糞尿喰いの屑チョンどもには相応しいのかもしれませんが……。



問題は、こうしたバ韓国産の食品を輸入して店頭に並べる日本の小売店が存在していることですね。

どこかの民主臭い「TOPなんちゃら」とかいうプライベートブランドなんぞには、
こうしたバ韓国産の小麦粉がふんだんに使われていることは間違いありません。


イオンの「TOPVALU」商品は絶対に買わない、という人は確実に増えていますが、
日本人全てがそうなるようより強く警鐘を鳴らしたいものです。


-----------------------
韓国のラーメンやおでんに腐った原料使用か?でんぷん製造業者に捜査=韓国ネット「日本のように法を厳しく!」「今まで食べた物を考えると吐きそう」

 2016年4月27日、韓国・MBCテレビによると、韓国でカビの生えた小麦粉から小麦でんぷんを製造し、ビールやおでん(練り物)の原料として大手食品メーカーに納入していた業者に警察の捜査が入った。

 問題は、業者の元従業員による告発で明らかになった。この元従業員が1年前から撮りためていた工場内の写真には、積み上げられた小麦粉の袋にびっしりとカビが生えた様子や、その横を這うネズミの姿が写っている。元従業員の話によると、「腐った物(小麦粉)と状態の良い物を選別し、状態の良い物は自動で(でんぷん製造レーンに)投入し、腐った物は人の足で踏んでから投入していた」という。

 国民権益委員会は告発を受け調査を開始、工場長が一度は腐った小麦粉の使用を認めたものの、後になって業者側は「工場長がうっかり認めてしまったようだ」としてこれを否定している。現在は、警察が食品衛生法違反に当たるかどうかを調べている。

 この業者で製造された小麦粉でんぷんは韓国の大手食品メーカーに納入され、ビールやラーメン、菓子、おでんなどの製造に使われていた。

 これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。


「日本のように法律を厳しくしてくれ!無期懲役だ」

ずいぶん前からやられてたみたいだね。ため息

今まで食べた物を考えると吐きそう。防腐剤がたっぷり入ったはずの小麦粉にカビが生えるって、いったいどれだけ古い物なんだ?


「人のやることとは思えない。すぐに業者の名前を公表し、関係者を捕まえて腐った原料の食べ物を食べさせてほしい」

「この世で最も駄目な人間は、こうして食べ物で悪ふざけをするやつらだ」

ビールにラーメン、お菓子におでん…今まで食べてない物がない


「業者名を教えてくれ。汚くて何も食べられない」

「中国と韓国は、どちらがより腐っているか競争をしているみたいだ」

でんぷんなんて、ほとんど全部の加工食品に使われてるだろうに…

「このでんぷんを使ったから、ラーメンからカビが生える事件が起こっているのかも」

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-130224/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る