韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

疲弊

【劣化コピー大国wwww】バ韓国のメーカー同士でのパクり合戦が激化!!!!!

劣化コピー商品しか作れないバ韓国


日本や欧米の商品を堂々とパクっているバ韓国。

さらに、パクった事実を隠蔽し、オリジナルを主張するというキチガイぶりを日々披露してくれています。


そんなバ韓国ですが、最近はバ韓国のメーカー同士によるパクり合戦も激しくなっているようです。



パクりパクられで疲弊している企業が開発意欲を失い、

バ韓国経済に更なる悪影響を及ぼしているとのこと。



いやぁ、相変わらず見るも汚らわしい醜態を晒してくれますねぇwwww


さっさと死ねばいいのに。


-----------------------
食品・生活用品業界でコピー横行、韓国産業全体に被害与える恐れも

「当社が先に発売した。類似商品が後から登場した」(LG生活健康)

「当社の発売時期は後だが、真似はしていない。独自開発した商品だ」(愛敬産業)

 練り歯磨き業界1-2位のLG生活健康(シェア40%)と愛敬産業(同20%)が最近、4週間の差で発売したヒマラヤ岩塩商品をめぐり、神経戦を展開している。口腔内の健康に良いとされるヒマラヤ岩塩を配合した商品コンセプトだけでなく、パッケージデザインも酷似しているからだ。両社はどちらがどちらのコンセプトを真似たのかを社内・社外的に追跡する一方、法的紛争に備え、大手法律事務所の助言も受けている。

■練り歯磨き業界両雄に戦雲

 LG生活健康は3月7日、「ヒマラヤピンクソルト入り練り歯磨き」を発売した。それに先立ち、1月23日には食品医薬品安全処(食薬処)から許可を取得した。4週間後の4月2日、愛敬産業が「2080ピュアマウンテンソルト」を発売したことで、対立が生じた。愛敬産業は2月8日に食薬処の許可を取得した。両製品はパッケージも似ている。ヒマラヤの山並みが描かれているだけでなく、機能によって水色とピンク色の2種類があるのも同じだ。

 これについてLG生活健康は「あまりに似た商品が発売され、コンセプト企画案やパッケージデザインが流出した経緯はないか社内で調べている」と説明した。愛敬産業は「食薬処に許可申請書を提出する以前から商品コンセプトとパッケージを開発していた」と主張した。

 ただ、価格だけは異なる。練り歯磨き100グラム当たりの価格はLG生活健康が54.5ウォン(約5円60銭)、愛敬産業は21.9ウォンだ。業界関係者は「類似製品が発売された直後に攻撃合戦に陥るのは珍しい。ヒマラヤソルト入りの練り歯磨きは既にブルガリア、米国などで市販されている」と話した。

(中略)

 韓国デザイン振興院関係者は「特許、知的財産権で商標やデザインを登録し、保護を受けることはできるが、最低6カ月を要するため、その間にコンセプトやデザインのトレンドが変わってしまう」と指摘した。

 淑明女子大経営学科の徐鏞求(ソ・ヨング)教授は「業者がそうした盲点を悪用し、類似商品を一斉に発売することは、長期的に新製品の研究開発意欲をそぎかねない。結局は産業全体に被害を与えかねない行為だ」と警鐘を鳴らした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/06/2018060600685.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












平昌冬季五輪組織委員会の委員長「全ての工事は始まってるニダ! 分散開催は難しいニダ!」

チョヤンホ平昌オリンピック大会組織委員長


バ韓国の平昌冬季五輪組織委員会委員長が、

日本などとの分散開催は難しいニダ!

と改めて態度を表明していたようです。


すでに全ての競技場の工事が始まっており、(分散開催を盛り込んだ)改革案を適用することは難しいニダ

というのが理由みたいですね。


ま、なんにせよ日本を巻き込んでもらっては困ります。



きゃつらの糞みたいなプライドのおかげで、大金を投じてボロボロになるバ韓国の姿を見られることでしょう。

で、結局開催できずに投じた金が無駄になるというのが既定路線でしょうね。




くれぐれも日本は分散開催などに応じてはいけません。

億害あって一利もないのですから。


-----------------------
揺るぎない大会にまい進・・平昌五輪組織委が分散開催を否定、韓国ネット「対策なしで意地張らないで」「ナッツ騒動のお詫びに…」

 韓国・聯合ニュースなどによると、2018年平昌冬季五輪組織委員会の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)委員長(韓進グループ会長)は12日、国際オリンピック委員会(IOC)が提案した日本などとの分散開催について「難しい」と述べ、あくまでも単独開催を目指す姿勢を示した。

 趙委員長はこの日、「平昌の場合、すでに全ての競技場の工事が始まっており、(分散開催を盛り込んだ)改革案を適用することは難しい」と述べた。さらに、2016年2月にはテストイベントが始まるため、分散開催を議論する時間もないと指摘したという。

 一方、「完璧な競技場の事後活用案と経費節減案も準備し、IOCとの議論を通じて揺るぎない大会の準備にまい進する」と強調した。平昌の準備の遅れや開催後の施設活用方法が不明確であることがIOCの分散開催提案につながったことを意識した発言とみられている。

 このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは多くの意見が寄せられている。主なコメントを紹介しよう。


コストの25%を負担する力さえ無い自治体が何考えて3度も誘致にトライしたんだ?

「OK!分散開催せず平昌単独で!そのかわり、費用もすべての江原道と平昌が負担するように!」

江原道のためにも分散開催しろ。国が疲弊し、運営費も足らず江原道の予算が破たんするぞ

「仁川アジア大会の施設でさえ使い道ないのに、人もまばらな平昌の山あいに施設建てまくって、管理はどうする気だ?」

約束破ってまで誘致権を手にし、財政能力が無いから分散開催したい?見苦しいぞwww

「事後管理に年間数億ウォンかかるなんて…分散開催しろ…経済も厳しいんだ…」

「なら自分のカネでやるとか~国の税金盗るなよ~」

「こんなイベントで名を上げようと鼻息荒くする政治家たちも問題」

「国の恥ですね。チョ・ヤンホ会長、ナッツリターンのお詫びにカネ出してやれ」

反日感情はさて置き、分散開催が良いと思う。両国にとって利益でしょ

「茂朱、日本、北朝鮮など、誰とでも共同開催は良い事。小を捨てて大に就くのが、マーケティングの基本」

「対策もないのに意地張らないで。恥ずかしくないの?茂朱と分散開催すべき…元々、茂朱のほうが先だったでしょ?」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141213-00000006-xinhua-cn&pos=5
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【種の限界】デブと栄養失調の2極化が進むバ韓国wwww

醜いだけのデブチョン



バ韓国の国民の半分が、栄養不足か栄養過多であることが発表されていました。

栄養失調とデブの2極化が進んでいるというわけですね。


とくに20代のオスメスに顕著なようです。

その理由は、反日教育ばかりしていたので適切な健康教育を受けていなかったからとのこと。




カッカッカッカッカッwwwww



いかにも屑らしい末路ですね。

これでますますバ韓国の少子化に拍車がかかることでしょう。




バ韓国の逆を行くこと、バ韓国の嫌がることをすること、それが人類にとっての正義です。

だからこそ、我々は産めよ増やせよで少子化に抗っていこうじゃありませんか。


バ韓国の崩壊で飯ウマするためにも、美しい国を目指したいものです。




-----------------------
国民の半分が「過不足」、韓国人の栄養摂取

 韓国の疾病管理本部が30日に発表した「栄養不足および過剰摂取の現況実態」報告書によれば、国民の半分ほどが食べ物から摂取するエネルギーが足りないとか、その反対に過度であることが明らかになった。国民の20%ほどはカルシウム・鉄・ビタミンA・リボフラビン(ビタミンB2)などの必須微量栄養素を十分に摂取できていなかったり、脂肪摂取が過度だったりした。これはバランスの取れた栄養摂取と、これを通した病気予防や健康生活の営みという保健政策の目標が狂ったことを意味する。

 栄養不足は身体的・精神的な活力を落として免疫力を低下させ、結核・マラリアなどの後進国型の感染性疾患にかかりやすくする。特に20代の可妊期女性の栄養不足は、排卵・妊娠・出産に及ぶ母子健康にも悪影響を与えかねない。これによって出産率の低下だけでなく低体重児の出産で乳幼児の健康にまで影響を及ぼす恐れがある。逆に過剰な脂肪摂取は、成人病の原因を提供して医療費など社会的コストの増加の原因になる。

 特に注目される点は、20代男女の栄養問題が深刻だという事実だ。この年代の女性は栄養摂取の不足者比率が最も高く、男性はエネルギー・脂肪の過剰摂取者比率が最も高かった。その理由としては、彼らが適切な栄養・健康教育を受けなかったという点が挙げられた。実際に国民栄養調査の結果、小学校以上の国民のうち過去1年間に栄養教育や相談を受けた人の比率が毎年下がっている。2005年に9.2%だったこの比率は2013年に6.6%まで下がった。

 健康な社会のために、栄養や食習慣の改善を通した国民の健康生活支援案をつくることが急務だ。学校や軍、団体食堂での食事提供にとどまらず正しい栄養・食習慣・健康教育を併行することによって国民健康向上の効果を引き出さなければならない。福祉について話す時、病気予防ほど重要で費用対効果が高い政策はなく、正しい栄養と食習慣の教育ほど病気予防に効果的なものは探しがたい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141201-00000049-cnippou-kr&pos=4
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る