韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

病院

これがバ韓国の日常! 産婦人科を訪れた妊婦、麻酔で寝ている間に無断で中絶手術されてしまう!!

バ韓国の病院はヒトモドキ用です


バ韓国ソウルで異常な犯罪が行われていました。


・妊娠中のベトナム人女性が、ソウルの病院で診察を受ける

・栄養剤の注射を処方される

・麻酔剤を打たれ、勝手に中絶手術されてしまう


……という流れです。

屑チョンの妊婦だったら、医師を褒めてあげることころですが……。



あまりこのベトナム人女性に同情する気はおきませんね。


ヒトモドキの病院に自らの意志で行くのは、単なる自殺行為なのですから。




それにしても、患者の身元やカルテを確認することなく、胎児を殺してしまうだなんて。


これはきっと氷山の一角なんでしょうね。


これからは、ちゃんと身元を確認して、ヒトモドキの胎児だけを粛々と殺してほしいものです。



-----------------------
妊婦を取り違えて中絶手術。栄養剤を打ちに来た女性、身元確認されず

 韓国ソウル市の産婦人科で、病院側のミスにより同意なしに中絶させられてしまう事件が起きた。

 聯合ニュースによると、ソウル江西(カンソ)警察署は9月23日、栄養剤の注射を受けようと来院した妊娠6週だったベトナム人の妊婦に対し、病院側が取り違えて中絶手術を実施したことが明らかになり、捜査に乗り出したと発表した。

 ソウル江西区の病院に勤める産婦人科医師1人と看護師1人を業務上過失致傷の容疑で調べているという。

 CNNによると、江西署は「医師と看護師は容疑を認めている」としている。

 医師と看護師は8月7日、患者の身元を勘違いして妊婦の同意なしに中絶手術をした疑いがある。

 被害を受けた妊婦は事件当日、診療室で妊娠6週の診断を受けた。

 そして栄養剤の注射を処方され、分娩室に訪ねて来たが、看護師が身元を確認することなく栄養剤ではなく麻酔剤を打った。医師は、カルテや妊婦の本人確認をしないまま、眠っていた妊婦に中絶手術を行ったという。

 妊婦が目を覚ましたときには、すでに手術が終わっており、胎児は体外に出されていた。

 警察は、妊婦の同意なしに中絶を行った医師を罰する「不同意堕胎」の適用を検討していたが、法律上の犯罪成立要件が厳しく、立件が難しいため、業務上過失致傷の容疑で捜査をしているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00010011-huffpost-soci
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【これぞバ韓国】1日2.4件以上のペースで、患者が医療スタッフに暴行!!!!!!

患者が医者を殺すのが日常茶飯事のバ韓国


バ韓国では、診療中に患者が暴れだして医療スタッフに暴行を働くのが日常茶飯事のようです。

一昨年は893件も発生しており、1日に2.4件以上も暴行が行われていましたwwww


昨年の大みそかにも暴行事故が起き、医者が刺されて死亡していました。



いやぁ、他の国では考えられないことが当たり前のように発生しているんですねぇ。




ま、屑チョン同士が殺し合うのは素晴らしいことですから、

医療スタッフだけではなく他の患者まで巻き込んでどんどん死んでいただきたいものです。



-----------------------
ソウルの大型病院で診療中に患者が振り回した凶器により医師が死亡

 ソウルの大型病院で患者が振り回した凶器に刺されて医師が死亡する事件が発生し、医療スタッフの安全対策が急がれるという指摘が提起された。 

 ソウル鍾路(チョンノ)警察署は病院で診療を受けていたところ、医師を殺害した容疑でパク氏に対して拘束令状を申請したと1日、明らかにした。パク氏は先月31日午後5時44分ごろ、ソウル鍾路区江北(カンブク)サムスン病院精神健康医学科で診療を受けていたところ、医師のイム教授に凶器を振り回した容疑がかけられている。 

 加害者のパク氏はこの日、イム教授の最後の患者だった。躁うつ症を病んでいたパク氏は入院治療を受けて退院した後、数カ月の間病院を訪れなかったが、この日に予約なしに突然診療を受けに来た。一年の最後の日の午後遅くまで診療をしていたイム教授は予約なしに訪ねてきた患者を拒まず被害に遭った。当時、診療室にはもしもの状況に避難できる空間が用意されていた。パク氏がイム教授を害してドアを閉めると、彼はその場所に避けた。だが、看護師などの外にいる人々を心配したイム教授は避難空間から出て「早く避けなさい」と大声を張り上げた。イム教授の遺族は「自分だけが生きようとすれば事故に遭わなかったはずだが、看護師の安全を考えてまともに避けることができなかったようだ。その状況でもずっと避難と知らせ、避けたかどうかを確認したという」と伝えた。警察は被害者のイム教授の正確な死因を究明するために2日に剖検をする予定だ。 

 イム教授はうつ病・不安障害専門家で自殺予防に努めてきた。韓国型標準自殺予防教育である「見て・聞いて・話して」を考案した。うつ病で苦痛を受ける人々のために著書『死にたい人はいない』を出版したりもした。同僚医者は仁術を施してきたイム教授の事故を聞いて茫然自失しているという。慶煕(キョンヒ)大病院精神健康医学科のペク・ジョンウ教授は「その日午前、母校である高麗(コリョ)大学医大で学生たちに自殺予防教育が義務付けられたという話を聞いて喜んでいたが…」として言葉が出ないようだった。 

 病院で患者が診療中である医療スタッフに暴行をふるうのは稀なことでない。2017年、病院で医療関係者の暴行・脅迫などで通報・告訴された事件は893件だった。一日に2~3度は医療関係者のために行為が発生したということだ。大韓医師協会のパク・ジョンヒョク報道官は「診療室で医師や看護師が患者から暴行を受けることが一度や二度ではない。これは医療スタッフだけでなく他の患者の安全を脅かす行為」と強調した。 

 専門家たちは「医療スタッフの安全装置が強化されなければならない」と指摘した。仁済(インジェ)医大上渓白(サンゲ・ベク)病院精神健康医学科のイ・ドンウ教授は「医療スタッフの安全のために海外のように診療室内に避難のための裏口、非常ベル、安全要員の3つの要素は用意されなければならない」と話した。慶煕大病院精神健康医学科のペク・ジョンウ教授は「日本・米国の病院では精神科など一部科の場合、病棟に入るために金属探知器を通過する」と伝えた。処罰を強化する必要があるという声も高い。昨年末に救急室内医療スタッフ暴行事件の処罰を強化する法案が国会で成立した。だが、一般診療室や病棟で暴力を行使した場合、処罰を強化する医療法改正案は国会保健福祉委員会に係留中だ。

https://japanese.joins.com/article/667/248667.html?servcode=400&sectcode=430
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















収監中のバ韓国前大統領パククネ婆、病院に搬送される!!!!!

腰痛で病院に搬送されるバ韓国前大統領パククネ婆


1審で懲役24年の判決を受け、いまだに起訴中のパククネ婆。

そのパククネ婆が、病院に搬送されたそうです!!

その理由は、ただの腰痛wwwwwwwwwww


裁判所への出席は拒んでいるくせに、既に5回も病院で治療を受けているとのこと。


“腰痛”というのは他の病気と違って仮病しやすいからなのかもしれませんね。

いかにも屑チョンの考えそうなことです。




ちなみに、


物価の暴騰に失業者増加という現状を考えると、文在寅大統領より朴前大統領の方がましだったニダ


という声も上がっているんだとか。


ま、誰が大統領になろうとも、滅びに向かって一直線のバ韓国なので関係なさそうですがwwwwww


-----------------------
「普段から立って生活」の朴前大統領が病院に運ばれる=韓国ネットユーザーの反応は

 2018年5月9日、聯合ニュースなど複数の韓国メディアによると、ソウル拘置所に収監されている韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告が病院に搬送されていたことが分かった。 

 朴被告は同日午前10時30分ごろ、拘置所の車でソウル市内の病院を訪れたという。これについて、ソウル拘置所関係者は「椎間板ヘルニアの症状の経過を確認するため病院に行った。緊急事態ではなく、通常の治療だ」と説明した。また朴被告の弁護人は「先月の面会時、朴前大統領は腰痛のため1時間10分のうち1時間は立った状態だった」とし、「普段も立って生活しているそうだ」と明らかにしたとのこと。 

 朴被告が外部の病院で治療を受けるのは今回で5回目。昨年7月には足の指の痛みを訴えて病院を訪れ、MRI撮影など精密検査を受けた。8~11月にも腰の痛みを訴えて病院を訪れ、関連の治療を受けていた。 

 「国政介入事件」をめぐる収賄容疑などで1審で懲役24年の判決を受けた朴被告は、追起訴された国家情報院の特殊活動費の上納および大統領選挙介入事件でも裁判を受けているが、法廷への出席を拒否し続けている。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは多数のコメントが寄せられているが、「まだ罪滅ぼしが済んでいない。国政介入事件により国が滅びかけたのだから」「裁判には出席しないのに、病院にはまめに通うんだね」「大統領時代に飛行機で十何時間もかけて米国や英国、フランスに行ってもてなしを受けていた時は全く痛くなかったのに?」「あと24年は健康でいてもらわないと困る」など冷たい声が目立つ。 

 一方で「病院に行ったことまで批判するべきでない」「まだ罪は確定していない。感情で動く韓国国民が情けない」「物価の暴騰に失業者増加という現状を考えると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領より朴前大統領の方がましだった」など、朴被告を擁護する声も多く寄せられている。

http://www.recordchina.co.jp/b599078-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【バ韓国・病院火災】スプリンクラーが無かったおかげで被害拡大!!

死者が増え続けているバ韓国の病院火災


本日の朝に発生したバ韓国の病院火災。

順調に死者が増えていて40匹を越していました。

まだ重傷を負った屑チョンが100匹以上いるので、まだまだ死者が増えそうでなによりです。


ちなみに、

この病院にはスプリンクラーが設置されていなかったため、被害が拡大したようです。



もっとも、バ韓国のことなので、

たとえスプリンクラーが設置されていても犠牲者の数はそう変わらなかったでしょうね。


いざという時に作動しないのがバ韓国製なんですからwwwww



-----------------------
韓国の病院火災 スプリンクラーが設置されておらず、被害の拡大招く

 26日朝、韓国南部の密陽にある病院で火事があり、これまでに高齢者や体が不自由な入院患者など37人が死亡、約130人が重軽傷を負っている。現地から尼崎拓朗記者が伝える。

 現場の病院には、避難に使われた脱出シュートが今も生々しく残されている。出火元とされる1階の救急室のあたり一帯には焦げくさい臭いが漂っていて、中の壁などが真っ黒に焼け焦げているのが分かる。割れたガラスなどが散乱しているのも確認できるが、なぜここから出火したのかは分かっていない。

 消防によると、病院の看護師から通報があったのは午前7時半ごろ。火は約3時間後に消し止められたが、これまでに37人の死亡が確認され、131人が重軽傷を負っている。死者は火元の1階と、重症患者が多く入院していた2階に集中していた。

 現場では科学捜査チームなどが慌ただしく出入りしていて、原因の究明が始まっている。

 地元の人に話を聞くと、この病院は高齢者の利用が多いことで知られていて、実際、高齢者や体が不自由な入院患者が多く犠牲になったとみられている。また、病棟にはスプリンクラーが設置されておらず、被害の拡大を招いた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14214467/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る