韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

発売延期

まだ輸出規制前なのにwww バ韓国・サムスン電子の営業利益、前年比56パーセント減!!!!!!!!

崩壊間近のバ韓国・サムスン電子


バ韓国の屋台骨を支えているサムスン電子が、いよいよ危険水域に突入したようです。


今年の4月から6月にかけての営業利益は、

前年比56パーセント減というものでした!!!!!



これから半導体関連の輸出規制が始まるので、

この数値は間違いなく悪化していきます。



屑チョンどもの絶滅という全人類の願いが、

また一歩現実に近づいた形でしょう。




ヒトモドキを根絶やしにしたという功績を後の世に残すため、

我々日本人はもっと頑張らなければなりませんね。



-----------------------
輸出優遇除外:営業利益56%減のサムスン電子を襲う「ジャパンショック」

7-9月期以降はさらに心配との声も

 サムスン電子の収益性に警告ランプがともっている。サムスン電子は5日、今年4-6月期の売上高が56兆ウォン(約5兆1700億円)で前年同期間比4%減、営業利益は6兆5000億ウォン(約6000億円)で56%の急減という連結決算(速報値)を発表した。売上はほぼ同じだが、手元に残った利益が半分以下に減ったという意味だ。今年に入ってからはこのような傾向が続いている。昨年は1-3月期の営業利益が15兆6000億ウォン(約1兆4400億円)、同年4-6月期が14兆9000億ウォン(約1兆3750億円)だったが、今年は1-3月期の営業利益が6兆2000億ウォン(約5720億円)、同年4-6月期が6兆5000億ウォン(約6000億円)と大幅に減少した。売上高に対する営業利益を意味する営業利益率は前年4-6月期が25.4%だったが、今年4-6月期は11.6%になった。つまり、1000ウォン(約92円)分を売ると、昨年は254ウォン(約23円)もうかったが、今年は116ウォン(約11円)しかもうからないということだ。

■日本の経済報復など、不確実性が加わる…今年下半期も「五里霧中」

 スマートフォンの収益性は中国との競争のせいで後退している。上半期に発売した同社の主力製品「Galaxy(ギャラクシー)S10」が世界のスマートフォン市場低迷で期待されたほど売れていないのが大きい。また、中国・ファーウェイ(華為技術、Huawei)社に対抗して「世界販売台数1位の座を守るため、Galaxy A・Galaxy Mなどの中低価格スマホのモデル数を大幅に増やしたことも、収益性悪化につながった。4月に発売予定だった折り畳みスマホ「Galaxy Fold(ギャラクシー・フォールド)」は製品の欠陥問題で発売が2カ月以上先送りされている状態だ。8月に発売予定の下半期主力製品「Galaxy Note(ギャラクシー・ノート)10」と再発売を控えるGalaxy Foldの発売時期がほぼ同じであることも、どのような影響を与えるか未知数だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/06/2019070680013.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【片腹痛しwww】バ韓国・サムスン電子の折り畳みスマホ、土壇場で発売延期に!!

バ韓国・サムスン電子の折り畳みスマホ、発売延期に


今月の26日にアメリカで発売される予定だったサムスン電子の折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド」。

しかし!

土壇場で発売延期することになっていました!!



複数のメディアで指摘されていたように、

使用して1日目で画面が壊れてしまうのが原因ですwwwww



いやぁ、残念です。


大規模のリコールや損害賠償で、バ韓国経済に大打撃を与えてくれそうだったのに。



でも、しょせんは屑チョンのすることなので、

発売を中止にでもしない限り問題は発生し続けることでしょう。



新たな発売日は数週間以内に発表されるとのことですが、

またこの発売日も延期となるんでしょうねwww



-----------------------
サムスン 折り畳みスマホ “不具合”報道で発売延期

 スマートフォンメーカー最大手のサムスン電子は、画面を折り畳んで使うことができる新たなスマホを今月26日にアメリカで発売する予定でしたが、画面の不具合を指摘する報道が相次ぎ、延期すると発表しました。

 韓国のサムスン電子はことし2月、広げた状態ではタブレット端末のように使えて、画面を本のように折り畳むとスマートフォンとして使える「ギャラクシーフォールド」を今月26日にアメリカで発売すると発表しました。

 価格は最も安い機種で1980ドル、日本円でおよそ22万円です。

 発売に先立って一部のジャーナリストが使ってみたところ、画面が故障したり、正常に作動しなくなったりしたということで、不具合を指摘する報道が相次ぎました。

 これを受けてサムスンは22日、「指摘を検証し社内でテストを行うために発売を延期することを決めた」と発表しました。

 新たな発売時期は数週間以内に明らかにするとしています。

 画面が折りたためるスマホをめぐっては、スマホの出荷台数で世界シェア3位の中国のファーウェイも発売を計画していて、先進的なスマホをいち早く売り出すことで起爆剤としたいサムスンは、出だしからつまずいた形となりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190423/k10011892971000.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















またもや発売延期!! サムスン独自OS「TIZEN」を搭載したスマホwww

サムスン独自OSなんざ、韓国塵ですら使わないようです


糞パクリ企業サムスンの独自OSを搭載したスマホ。

この屑スマホの発売がまたもや延期となりました。


従来の予定では2013年に日本で発売されるはずでしたが、市場環境が良くないとして発売延期。

そして今回はこの7月にロシアで発売予定でしたが、競争力が無いという理由で無期延期となっています。



もはやサムスン製品には世界的規模で需要が無くなったということでしょう。



韓国塵が開発した独自OS搭載のスマホだなんて、屑チョンですら使いたくないのでしょうねww



-----------------------
サムスンの独自OS「Tizen」搭載のスマホ、再び発売延期に=中国メディア

 韓国のサムスン電子は11日、同社の独自OS「Tizen(タイゼン)」を搭載する予定のスマートフォン「Samsung Z」の発売を延期すると発表した。中国メディアの新浪科技が報じた。

 サムスンが6月初旬に発表した「Samsung Z」は、オープンソースのOS「Linux」をベースとしたサムスン独自のOSタイゼンを搭載しており、4.8インチのHD スーパーAMOLEDディスプレイを採用している。

 新浪科技は「サムスンはSamsung Zの発表時に2014年第3四半期にまずロシアで発売し、次いで各市場に投入すると宣言していた」と紹介。さらにサムスンがダウンロードサービス「Tizen Store」を通じてアプリケーションを販売すると発表していたことを紹介した。

 続けて記事は、Samsung Zが7月10日にロシアで発売される予定だったが、サムスンが発売を延期すると発表したことを紹介。さらに発売日は未定としたことを伝えた。

 サムスンは当初、2013年に日本でSamsung Zを発売する予定だったが、14年6月に延期したうえでロシアでの販売に変更した。サムスンは当時、日本での販売を取りやめたことについて「市場環境が良くないため」としていた。

 記事は業界関係者の発言として、サムスンがSamsung Zの発売を再び延期した理由について「Samsung Zの競争力が欠けているため」と伝え、タイゼンスマホを改善して競争力を持たせない限り、「“市場環境が良くないため”として取りやめた日本での販売が、世界的な規模で“市場環境が良くない”ことに発展する可能性もある」と伝えた。

http://news.nifty.com/cs/technology/techalldetail/sech-20140714-20140714_00023/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る