韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

破産

これがゲーム強国の実力www バ韓国のゲーム会社、続々と破産!!!!!

バ韓国製ゲームをやるのは情弱とキチガイだけ


バ韓国のゲーム会社の実態が明らかになっていました。


直近の4-6月期において、上場している会社の半数以上が赤字となっていたのです!!

こうした赤字に耐えられず、破産するゲーム会社が増加中なんだとかwwww


ワンパターンの課金システムが飽きられ、さらに限韓令で中国市場から締め出されたのが要因とのこと。





それにしても、バ韓国の「●●大国」や「●●強国」ってのは本当にすぐに廃れますねwww


あ!

「自殺大国」の称号だけは、朝鮮塵が死に絶えるその時まで安泰でしょうwww



-----------------------
韓経:墜落する韓国ゲーム…上場企業の半数が「赤字」

 韓国の上場ゲーム会社の半数が赤字に苦しめられている。中国など外国製ゲームの攻勢と週52時間労働制などの規制のためゲーム産業の成長が鈍化したためだ。「ゲーム強国」と呼ばれた韓国のゲーム産業の競争力が大きく落ちたという分析が出ている。

 韓国経済新聞が27日に韓国の上場ゲーム会社35社を分析した結果、4-6月期基準で15社が赤字を記録した。6年前の2013年4-6月期の5社に比べ3倍に増加した。いわゆる「3N」と呼ばれるネクソン、ネットマーブル、NCソフトの上位3社は4-6月期の営業利益が1年前より10%以上減少した。同じ期間に上場ゲーム会社(5月に上場したSNKを除く)の営業利益も3942億ウォンから3595億ウォンに10%近く急減した。

 韓国は世界で初めてオンライングラフィックゲームを開発し、アイテム販売など収益モデルを作って「ゲーム強国」と呼ばれた。だが最近赤字に耐えられず破産するゲーム会社が増加している。

 韓国のゲーム会社は人気ゲームが急速に変わるモバイルゲーム市場の速度戦で押されている。これら企業が適時に新作ゲームを出すことができない隙を利用して中国製ゲームが急速に市場に食い込んだ。世界最大のゲーム市場である中国にゲームを輸出できなくなったのも競争力低下の要因に挙げられる。中国政府は韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備などを理由に2017年3月から中国国内での韓国製新規ゲームの流通を認めていない。

 韓国ゲーム学会会長を務める中央大学経営学部のウィ・ジョンヒョン教授は「週52時間労働制などで人件費負担に耐えられない中小・中堅ゲーム会社の破産が継続して増えるだろう」と予想した。

 大手ゲーム会社は別の分野で生きる道を探し始めた。韓国2位のゲーム会社ネットマーブルは生活家電レンタル会社の熊津(ウンジン)コーウェイ買収を推進している。1位のネクソンの創業者であるキム・ジョンジュNXC(ネクソンの持ち株会社)代表は会社を売り出すこともした。

https://japanese.joins.com/JArticle/258990
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【税金8兆ウォンが無意味にwww】バ韓国・造船大手のSTX造船海洋が、2度目の法定管理申請へ!!

ゾンビのように動くだけのバ韓国・STX造船海洋


倒産寸前だったバ韓国の造船会社“STX造船海洋”が、法定管理の申請を行うようです。


この会社は2年前にも法定管理の手続きを行い、

8兆ウォンもの税金が投入されていたという経緯があるんだとか。


結局その大量の税金は何の役にも立たず、一部の連中のポケットに収まっただけとはwwwwwwww



ま、今回も是非大量の税金を使って救済してあげてほしいものです。

屑チョンどもが怒りまくり、血管がプッツンして死んでくれることを願うばかりですなwwww



-----------------------
多額の税金を投入したのに…韓国大手造船企業が再び会社更生手続へ=韓国ネット批判

 2018年4月10日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の造船大手「STX造船海洋」が再び日本の会社更生法に当たる法定管理を申請する見込みだという。 

 報道によると、韓国産業銀行は「STX造船労組が自力救済案の提出を拒否したため、STX造船が昌原(チャンウォン)地裁に再生手続きを申請することにした」と明らかにしたという。 

 政府と産業銀行の債権団は先月8日から約1カ月間、STX造船海洋の人件費75%削減などを中核とした労使自力救済案を設け、労組側に確約書の提出を要求しており、同救済案に合意した場合は前受金払い戻し保証の発行を支援するが、合意できない場合は原則通り法定管理手続きを進めるとの立場を固守してきた。STX造船海洋労使は「人件費の部分について合意に近づいた」と明かしたが、労使確約書を産業銀行に提出することに関しては合意に至らなかったとのこと。 

 STX造船海洋が法廷管理手続きに入るのは8兆ウォン(約8000億円)近い税金が投入された16年に続き2回目だといい、昨年7月に法廷管理手続きを脱してから9カ月で再び法廷管理に置かれることになるという。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「もう国民の血税を投入するのはやめてくれ」「税金の無駄遣いだ」「個人破産する人が多い中、このような企業に税金を投入するのは間違いだと思う」など、さらなる税金投入を警戒する声が多く寄せられた。 

 また「こうなったのも労組の振る舞いのせい」「労組の利己心から生じた結果」「労組は会社の利益なんて関係なくて、労働闘争で飯を食っている」など、過激な活動を繰り広げる労組への批判の声も見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b590777-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る