韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

禁止薬物

ドーピングでリオ五輪が絶望視されている競泳のパクなんちゃら、元代表監督が土下座して出場を訴える!

五輪出場を訴えて土下座するバ韓国・水泳チームの元監督


禁止薬物の使用でリオ五輪出場が不可能になったバ韓国の水泳選手であるパクなんちゃら。

先日、そのパクなんちゃらを指導していた元監督が土下座でなにやらお願いをしていました。


泰桓はこれまで長い間自粛したニダ。ぜひチャンスをいただきたいニダ


と、五輪出場を訴えたとのこと。



これまたずいぶんと安い土下座ですねぇ。


地ベタに座り、野グソを拾い喰いしていた連中なので、このように土下座することになんの抵抗も感じていないんでしょう。


-----------------------
リオ五輪:元韓国代表監督が土下座でお願い「朴泰桓に出場の機会を」

 競泳の朴泰桓(パク・テファン、26)が28日、東亜水泳大会(光州・南部大学国際プール)・男子一般の部100メートル自由形決勝で48秒91の大会新記録を出し優勝した。自己最高であり韓国記録でもある48秒42には及ばなかったが、200メートル・400メートル・1500メートル自由形の優勝に続く4冠に輝き大会を終えた。

 朴泰桓は禁止薬物であるテストステロンに陽性反応を示し、国際水泳連盟(FINA)から1年6カ月間の資格停止処分を受けたが、先月処分が解けた。

 今回の大会では出場した4種目すべてで8月のリオデジャネイロ五輪出場資格の基準となる参加標準記録Aをクリアした。だが、「薬物などに対する懲戒処分の満了から3年が経過していない者は韓国代表になることができない」という国内規定に基づき、リオ五輪には出場できない状況だ。

 朴泰桓は同日の記者会見で「今回の大会でベストを尽くす姿を見せることが重要だと思った。自分のやるべきことをすべてしたと思う」と言った。朴泰桓を指導したノ・ミンサン監督は「泰桓はこれまで長い間自粛した。ぜひチャンスをいただければ」と言い、土下座した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/29/2016042900842.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








ドーピング陽性反応のクァク・ユファ「韓方薬を飲んだだけニダ!」 → はい、全部ウソでしたwwwwwwwwwww

ドーピング陽性反応が出ていた屑チョンのクァク・ユファ


屑チョンのメスのバレーボール選手が、先日ドーピング検査でヒっかかっていました。

6試合の出場停止と随分軽い処分でしたが……。


この醜女は、発覚当初、

母親がくれた韓方薬を飲んで、反応が出たニダ! ドーピングが陽性だったのは韓方薬のせいニダ!!

と言い訳していたんだとか。




はい。


全部嘘でしたwwww


この醜女は禁止薬物が含まれているダイエット薬を飲んでいたことが分かったのです。


痩せていようが太っていようが、どれだけ整形しようが、屑チョンに生まれた時点で終わっているというのに……。

随分と無駄な努力をしてるんですね。



ちなみに、偽証発覚後も追加の処分はナシで「6試合の出場停止」だけが課されるようです。

こういう連中だからこそ、「嘘はつかなきゃ損ニダ!」という国民性となるのでしょうねwwwwwww




ところで、屑チョンどもの言う「韓方薬」ってただのウンコのことでしょうか?


-----------------------
「ダイエット薬飲んだ」クァク・ユファが韓方医協会に謝罪

ドーピング:女子バレーボール聴聞会で偽証「罪悪感のため言えなかった」

 女子プロバレーボール、興国生命ピンクスパイダーズのクァク・ユファ(21)=写真=がドーピング検査で陽性となり、6試合の出場停止処分を受けた問題で、「韓薬騒動」が広がっている。

 韓国バレーボール連盟(KOVO)は26日、「クァク・ユファが23日に行われた反ドーピング委員会の聴聞会で『韓薬(韓国伝統漢方薬)を飲んだ』と釈明したことと関連し、25日に追加調査した結果、実際に服用したのは韓薬ではなく、ダイエット薬だったと確認された」と明らかにした。クァク・ユファは聴聞会からたった二日でダイエット薬を服用したことを認めたため、聴聞会で偽証したという批判は避けられなくなった。

 クァク・ユファは4月に行われたドーピング検査の結果、禁止薬物であるフェンジメトラジン(Phendimetrazine)とフェンメトラジン(Phenmetrazine)が検出され、連盟から6試合の出場停止処分を受けた。これらは向精神薬で食欲抑制効果があり、肥満治療薬などダイエット用に使われる。しかし、クァク・ユファは聴聞会で「母の知人が『体にいい物だ』と言ったので飲んだ」と虚偽の陳述していた。このため大韓韓方医協会は「クァク・ユファのドーピング違反薬物は韓薬とは全く関係ない。法的措置に乗り出す」と表明、騒動が広がっている。

 その後のKOVOの追加調査で、クァク・ユファはソウル・江南の肥満クリニックで太ももを細くするため該当の薬を処方されたことが分かった。クァク・ユファはファンの間でアイドル的な選手として人気がある。

 今回の騒動で、KOVOと所属チーム・興国生命の選手管理に問題があることが発覚した。「ジャンプが重要なバレーボールで否定的な方法により体重を減らしたのは、ステロイド剤服用と同様に競技力に影響を与える可能性がある」というのがバレーボール専門家らの見方だ。女子バレーボールチームはラウンドごと、または試合ごとに選手たちの体重を測定するほど体重に敏感だ。だが、KOVOが反ドーピング教育をするのは新人選手のオリエンテーション時だけで、それ以降は特に指導を実施していない。

 KOVOはクァク・ユファの「聴聞会偽証」に対し、追加の処分や賞罰委員会を開く計画はないとのことだ。

 クァク・ユファはこの日、KOVOで「罪悪感から正直に話せなかった」「大韓韓方医協会に謹んでおわび申し上げる」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/27/2015062700362.html?ent_rank_news
-----------------------


それにしても、上記画像の股開きwwwww

悪臭が漂ってきそうで目が痛くなってしまいました。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る