韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

私腹

【バ韓国・平昌冬季五輪】大会関係者による詐欺・横領行為が発覚!!

バ韓国・平昌五輪は史上最低の結果に


開催を目前に控えているバ韓国の平昌冬季五輪。

ここにきて、大会責任者に詐欺や横領の疑いが発覚していましたwwwww


当然と言えば当然ですね。

なにしろ、屑チョンのすることなんですから。


失敗が約束されている五輪なのですから、

関係者はその醜い私腹を肥やそうと必死なんでしょう。


これからこのような醜態がどんどん晒されていくのは間違いありませんね。



-----------------------
ロゴ盗用疑惑の平昌五輪関連イベント、今度は企画責任者に詐欺の疑い=韓国ネット「平昌のイメージはもうガタ落ち」「大失敗の声がここまで聞こえる」

 2017年11月24日、韓国・ソウル経済新聞などによると、来年の平昌(ピョンチャン)五輪・パラリンピックを文化面から盛り上げようと行われている文化イベント「平昌文化五輪」の企画のトップに詐欺の疑惑が浮上した。同イベントをめぐっては、9月にロゴデザインの盗用疑惑も持ち上がっている。 

 水原(スウォン)地検特捜部は同日、地域イベントの補助金を横領した詐欺の容疑で、平昌文化五輪の総括企画者でチャラソム青少年ジャズセンター代表のA氏を調べていることを明らかにした。 

 A氏は2015年8月、京畿(キョンギ)文化財団から4億3000万ウォン(約4400万円)余りの補助金を受けて「ミュージックラン平沢(ピョンテク)」というストリート公演を開催したが、補助金のうち1億ウォン(約1030万円)相当を横領した疑いを持たれている。 

 A氏自身は「補助金関連業務についてはスタッフらが行っていたため私は何も知らない」と容疑を否認しているという。 

 検察は補助金の使途が一部不明だとしてA氏の逮捕状を請求したが、裁判所から棄却された。24日に令状審査を行った水原地裁は、棄却理由について「容疑について争う余地があり、現段階で逮捕の必要性が認められない」と明らかにした。 

 しかし逮捕のいかんにかかわらず、A氏が引き続き平昌文化五輪の業務を行うのは難しい見通しだ。国の文化体育観光部の関係者は「近いうちにA氏の進退について整理をしなければならないものとみられる」とし、「彼が引き受けた企画はすでに完了し実行段階にあるため、業務への支障はない」と話しているという。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからは「五輪はうまくいってほしいけど、前政権のおかげで平昌関連のことは全部臭う」「後始末に大忙し」など、前朴槿恵(パク・クネ)政権を批判する声がある一方で、「みんな前政権のせいなの?前政権で担当がミスすると大統領のせい。今は担当がミスすると前政権のせい」と皮肉る声も上がっている。 

 また「平昌大失敗の声がここまで聞こえる」「お偉いさん同士の宴なんてどうでもいいです」「平昌のぼったくり説は海外にも広まって、もうイメージがガタ落ちだよ」と諦めめいたコメントも目立った。

http://www.recordchina.co.jp/b222437-s0-c50.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








エラ面楚歌のバ韓国・パククネ婆wwww 設立にかかわった二つの財団のトップが検察に出頭!!

検察に出頭したミル財団・Kスポーツ財団の黒幕


バ韓国のミル財団とKスポーツ財団の黒幕が検察に出頭していました。

この二つの財団は、

パククネ婆の指示により“たった一日”で設立申請が成立したいわくつきのところです。



通常ならバ韓国の財団の設立には1カ月以上もかかるらしいので、

これはちょっと極端すぎましたねwwww




パククネ婆を操っていた崔順実の件といい、この財団の件といい、

いよいよ外堀が埋まってきた感じです。



しかし、ここはなんとしてでもパククネ婆に頑張っていただきたいものです。


どうせこの国は終わるのだから、ウリの代で終わらせるニダ!


そんな気概を持って、崩壊への道を突き進んでいただきたいものですねぇ。


-----------------------
検察に出頭した安鍾範・元政策調整首席

 ミル財団・Kスポーツ財団への出資強要事件の黒幕と目されている安鍾範(アン・ジョンボム)元大統領府政策調整首席秘書官が2日、被疑者として取り調べを受けるため、ソウル市瑞草洞のソウル中央地検に出頭した。写真は、取材陣の質問を受けつつ検察庁に入る安鍾範氏の様子。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/02/2016110202435.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アキヒロ暗殺のXデーが到来! でたらめ資源外交が暴露され、聴聞会への出席を要求される事態に!!

いよいよアキヒロに死期到来wwww


いよいよ屑バ韓国の前大統領であるアキヒロが暗殺される日が迫って来ているようですね。


アキヒロが大統領の職に就いている際、仲間と「5匹組」を結成して資源外交と称してかなりの私腹を肥やしていたことがバ韓国の国会で追及されはじめたからです。


野党からの追及だけではなく市民団体もこのアキヒロを含めたこの「5匹組」に対し聴聞会への出席を要求しているとのこと。



ここはぜひアキヒロが自殺する前にキッチリと暗殺してほしいものです。

事故死に見せかけるとか面倒な真似はせず、ドスンとかましてくれないものですかね。



-----------------------
韓国の李明博前大統領、在任中に「でらためな資源外交」で不正か=民間団体が聴聞会を要求も、うやむやのまま終わる可能性大―韓国メディア

 2015年4月1日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の民間団体は李明博(イ・ミョンバク)政権時代の海外における乱脈な資源外交問題を明らかにするため、問題の中心人物であった李前大統領ら「中心人物5人組」に対し、聴聞会への出席を要求した。環球時報(電子版)が伝えた。

 韓国の野党が「李政権時代の資源外交はほとんどがでたらめな投資で、各種の腐敗問題にも絡んでいる」と次々と暴露したことを受け、与野党は昨年12月29日、李政権時代の資源外交問題に関して国政調査を実施することで合意し、100日に及ぶ専門調査の実施を決定した。

 国政調査は4月7日に終了する予定になっているが、李前大統領らに対する聴聞は与党セヌリ党の対抗や反対によって実施に至っていない。聴聞実施のためには1週間前までに事前通知が必要との規則があるため、調査が終了する7日までにはすでに期間が不足しており、聴聞が実現せず、うやむやのまま終了する可能性が高い。

 こうした状況に対し、韓国の市民団体「参与連帯」などが記者会見し、調査の延長とともに、資源外交問題の中心人物だった李前大統領や李前大統領の実兄である李相得(イ・サンドゥク)元議員、朴永俊(パク・ヨンジュン)元知識経済部次官ら「中心人物5人組」の聴聞会への出席を要求した。

 民間団体の関係者は「この5人組が資源外交問題の中心人物であったことは今やすべての人が知っている。これまでは、彼らが数十兆ウォン(約数兆円)もの税金を利用して複数の亡国プロジェクトを展開していたとは、全く想像もつかなかった」と語っている。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20150402064/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アキヒロ包囲網完成か!? 前政権時代の石油公社に、不正疑惑で家宅捜査始まる!!

オーストラリア首相にキスを拒絶される李明博


ロリコンアキヒロが大統領だった頃、その政権下でエネルギー事業を主導していた石油公社が不正疑惑で揺れています。


資産価値のまったく無いカナダの油田を購入し、1兆3000億円以上の赤字を出す。

政府からの融資を得るために投資額を水増しして制度を悪用する。


などの不正が明るみになり検察が捜査中とのこと。


日本以上に資源が枯渇しているというのに、政府ぐるみで不正三昧とは本当に笑わせてくれますねwwwww



いったどれほどの金がアキヒロに流れたことでしょう。

アキヒロが謎の自殺を遂げるのも時間の問題かもしれませんね。



-----------------------
不正まみれの資源外交、検察が捜査に本腰

石油公社、カナダの製油所買収で1000億円以上の損失

 韓国石油公社や慶南企業など、海外の資源開発に関与する業者による不正疑惑をめぐり、検察が本格的な捜査に着手した。

ソウル中央地検特捜1部(イム・グァンヒョク部長)は18日、蔚山市の韓国石油公社本社とソウル市の慶南企業本社に対する家宅捜索を行った。また、李明博(イ・ミョンバク)前政権下で資源開発事業を主導した石油公社のカン・ヨンウォン前社長(64)など元職・現職の役員らと、慶南企業の大株主で与党セヌリ党の国会議員も務めたソン・ワンジョン元会長(64)などに対し、出国禁止の措置を講じたという。

 検察は2009年、資産価値が「0ウォン」に近かったカナダ・ハーベスト社の製油所を買収し、1兆ウォン(現在のレートで約1080億円、以下同じ)以上の損失を出した件など、石油公社の無理な資源開発事業に対し集中的な捜査を行う方針だという。石油公社は当時、製油所を1兆3700億ウォン(約1480億円)で買収したが、赤字が膨らむばかりだったため昨年8月に売却し、300億ウォン(約32億円)程度の利益しか得られなかったことが、監査院の監査で明らかになった。

 検察はまた、石油公社と慶南企業などで結成されたコンソーシアム(企業連合)が2005年から09年にかけ、ロシアの油田探索に3000億ウォン(約320億円)を投資した後、撤退する過程で、慶南企業が「成功払い融資」制度を悪用していた証拠もつかんだ。

 成功払い融資制度は、政府(石油公社)がリスクの高い事業を行う企業に対し必要な資金を融資し、事業が失敗に終わった場合は融資額全額の返済を免除するという制度だ。慶南企業は投資額を水増しし、石油公社から必要以上の融資を受けていた疑惑も浮上している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/19/2015031900750.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る