韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


立ち入り禁止

【37564相当】世界中の観光地で迷惑をかけまくるバ韓国塵ども

独の観光地、ハングルで落書き注意


ごらんの画像は、ドイツの観光地に貼られている注意書きです。

その内容は、


-----------------------
防犯カメラ監視中。
落書きをすると処罰されます。
-----------------------


わざわざ、ハングルでだけ注意しているとはwwwwww


管理側もさっさとバ韓国塵を立ち入り禁止にすべきでは?



世界中の観光地が足並み揃えて屑チョンどもを排斥すれば、全ての問題は解決ですねwwwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国各地に広がる換気口の恐怖wwwwwwwww

観光施設の換気口が立ち入り禁止に



野外公演場での換気口崩落事故を受け、バ韓国の観光施設が神経質になっているようです。


ソウルの故宮、徳寿宮では換気口の周辺に「立ち入り禁止」と書かれたテープで注意喚起しているとのこと。


わざわざこんなことをしないと、換気口に登る馬鹿が大勢いるんでしょうね。



きゃつらは過去の事例で学習するということができない生物です。

今後も間違いなくボコボコと落ちて死ぬ馬鹿が絶えないことでしょう。






-----------------------
換気口周辺「立ち入り禁止」

 ソウル近郊の城南市の野外公演場で換気口が崩落し、観客16人が転落死した事故を受け、換気口の安全性を懸念する声が上がっている。

 ソウルの故宮、徳寿宮の大漢門前では換気口の周辺が「立ち入り禁止」と書かれたテープで囲われている。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/0199000000.html?st=20141022130451&cid=PYH20141022044300882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








機密漏洩の警戒策! 韓国塵の立ち入り禁止を行う台湾の半導体メーカー

泥棒企業でしかない韓国のサムスン


台湾の半導体製造メーカーが、工場内への「韓国塵エンジニア立ち入り禁止」を行っているようです。

これはサムスンに機密情報を流す糞韓国塵から企業の財産を守るための対策らしいですね。




素晴らしい!




でも、どうせなら工場内とかと限定なんてせずに、国ごと「韓国塵立ち入り禁止」にしてほしいものです。



もちろん、我が日本でもこうした台湾の姿勢を見習うべきです。


韓国塵の入国を禁止して、国内に巣食う糞在日どもを狩りだして、この国土の浄化を目指すべきでしょう。






世界中どこの国からも蛇蝎のごとく嫌われる韓国塵。
もう少し自覚してほしいものですね。


しかし、自覚できないからこその糞チョンなんでしょうねぇ。
はぁ、さっさと絶滅してくれないものか。



-----------------------
台湾EMS大手、「韓国人は工場進入禁止」 機密漏えい警戒で対策―台湾紙

 台湾のファウンドリー(半導体受託製造)大手、台湾積体電路製造(TSMC)は韓国人の設備エンジニアが修理のためTSMCの工場に入ることを禁止している。機密漏えいを警戒しての対策だ。台湾・自由時報の報道として、元器件交易網が23日伝えた。

 TSMCの張忠謀董事長は自社がもはやほかのファウンドリーと競合するだけの存在ではなく、半導体メーカーの米インテルや韓国のサムスンと競争する新たな段階に入ったと認識している。そのため技術力向上を目指し、対策を進めてきた。

 TSMCは同社からサムスンに移籍した研究開発担当者、梁孟松氏に対し、TSMCの機密情報などを漏らさないよう求めて起こした裁判で、最近、二審勝訴を勝ち取った。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/383571/
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る