韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

精度

これぞバ韓国!! ニュース番組内で前日の天気予報が再放送されるwwww

天気予報の再放送が行われるバ韓国


先日、バ韓国のテレビでとんでもない再放送が行われていましたwwwww


ニュース番組の中で、なんと前日の天気予報をそのまま再放送していたのです!!


しかも関係者は全匹それに気づかなかったんだとかwww



ま、精度の低いことで有名なバ韓国の天気予報なので、

視聴者も全く気にしていなかったんでしょうね。



そもそもヒトモドキの分際で明日の天気を気にするなんざ、おこがましい話ですから。


-----------------------
誰も気づかないまま天気予報を再放送? 韓国公営放送局が痛恨の放送事故

 韓国地上波放送局の一つであるKBS(韓国放送公社)第1テレビが午後9時のニュースで前日の気象情報を伝える放送事故を起こした。 

 今月13日、『KBS ニュース9』の最後の天気情報コーナーでは、12日の気象情報を基準とした天気情報が伝えられた。前日の情報だったので、天気「予報」ではなく天気「再放送」になってしまった形だ。 

 これは気象予報放送では初めての事態だという。この日の放送は気象キャスターやアンカーら放送関係者が誰一人として気づかないまま、クロージングコメントでのお詫びもなくそのまま放送されて終わった。 

 KBSは同日最後のニュース番組で1回目の謝罪をした。翌日の『KBS ニュース9』でも改めて謝罪が伝えられた。 

 14日、オム・ギョンチョル・アンカーは『KBS ニュース9』クロージングコメントで「昨夜9時のニュースでお伝えした『KBS天気』が製作スタッフの手違いでその前日である12日の制作物が放送されてしまいました。視聴者の皆さんに深くお詫び申し上げます」と伝えた。 

 すぐに措置が取れなかったことに対して批判世論が起きた。 

 KBS関係者は「ファイルをマッピングして放送する形式が導入されてからそれほど経っていないが、こうした事故が起きた」とし「弁解の余地なく製作スタッフのミスだ。深くお詫び申し上げる」と再度謝罪を伝えた。

https://japanese.joins.com/article/283/250283.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















台風上陸間近のバ韓国! 「干ばつが解消するニダ!」とバ韓国気象庁は楽観視wwww

台風9号の活躍に期待!


現在北上を続けている台風9号。

本日12日にもバ韓国へ上陸しそうな勢いです。


しかし!

バ韓国の気象庁はかなり楽観的な様子。

中国大陸上陸後、バ韓国から最も遠い方向へ移動するニダ!

台風消滅時の水蒸気のおかげでバ韓国の干ばつが解決するニダ!!


といった具合です。



ガイアの意志が、バ韓国のためになることを行うワケがありません。

1匹でも多くの屑チョンを殺すべく、台風9号には頑張っていただきたいものです。


わくわくしながら気象情報に注目しちゃいますwwwww


-----------------------
台風9号の進路予想、韓米日で食い違い

 北上中の台風9号(アジア名『チャンホン』)の影響で、今月12日から13日にかけて、韓国各地で大雨が降ると予想されている。済州島および南海(東シナ海)には10日早朝を期して「風浪特報」が発令されるなど、韓国気象庁は「10日から韓国は台風の影響圏に入る」と発表した。「チャンホン」は、ラオスの木の名前だ。

 9日午後3時現在、台風「チャンホン」は沖縄南東海上にある。最大風速54メートル、強風域が半径約420キロという「極めて強い勢力」を維持したまま、中国・上海方面に向かって北西に進んでいる。韓国気象庁の関係者は「この台風は、11日ごろ中国大陸に上陸して勢力をやや弱めるが、それでも風速20-30メートルという強い風が予想される。この台風によって発生した水蒸気が韓国側に大挙して押し寄せるため、12-13日には全国的に豪雨となる可能性がある」と語った。

 この台風が中国大陸に上陸した後の進路をめぐっては、各国の気象当局が異なる予想を出した。(1)韓国気象庁は、韓国から最も遠い方向へ移動すると見込んでいるが、(2)米軍の合同台風警報センター(JTWC)は、台風が急激に東へ進路を変え、韓国西海(黄海)上に進むと予報した。日本(3)と中国(4)の気象当局は、それぞれ(1)と(2)の中間に当たる進路を予想した。

 韓国としては、この台風が11日から13日まで中国大陸にとどまり、力を失った状態で東シナ海上に抜けてくる(1)が最も良いシナリオだ。台風が消滅する際に噴出する大量の水蒸気が韓国に押し寄せるため、中部地方で長引いている干ばつを解決することができ、かつ強風の被害も小さいからだ。

 国家台風センターのユン・ウォンテ・センター長は「JTWCが予測した(2)のように、台風の進路が急激に変わるには、北から強い寒気が下ってきたり、1万メートルを超える上空に極めて強い『ジェット気流』があったりしなければならないが、今のところ、その可能性は低い」と語った。この台風が(2)のように移動した場合、干ばつの解決には役立つものの、韓国全域で強風と豪雨の被害が相次ぐ見込みだ。過去にこれと似た進路を取った台風のケースでは「韓国の予報の精度が米国よりも高かった」と、韓国気象庁の関係者は伝えた。

 10日(金)と11日(土)には、韓国で全国的に雨が降ることはないものの、内陸地方の日中の最高気温が30-34度を上回るなど、蒸し暑くなるという予報が出ている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/07/10/2015071001334.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【なかなかの精度ですねwww】北朝鮮が日本海側に向けてミサイル2発を発射!

北チョンが日本海に向けてミサイル2発を発射


本日早朝、北チョンが日本海に向けてミサイル2発を発射していましたね。

こりゃどう見ても米韓の合同軍事演習への当てつけでしょう。

やはり真性のかまってちゃんですね、刈り上げ坊ちゃんはwww


それにしても北チョンのミサイルの精度はなかなかのもんですね。

方向が狂って南朝鮮に落ちていようものなら、さぞかしお祭り騒ぎになってものを。

それなりに精度に自信があったからこそ、このタイミングでの発射となったのでしょうね。



ま、この高い精度があれば、米軍撤退後の朝鮮戦争再開での勝利は確実でしょう。


-----------------------
北朝鮮がミサイル発射、米韓軍事演習に反発か

我が軍は北朝鮮軍の無謀な挑発行為に対し、厳重に警告する。確固たる連合防衛態勢を基に、北朝鮮のいかなる挑発にも断固として強力に対応する」(韓国国防省 報道官)

 韓国国防省によりますと、北朝鮮は2日午前6時30分すぎ、西側の南浦(ナムポ)から日本海側に向けて短距離弾道ミサイルとみられる2発を発射しました。射程距離490キロ以上のスカッドミサイルと推定されています。

 一方、北朝鮮は韓国周辺海域で2日朝から始まったアメリカ軍と韓国軍による毎年恒例の合同軍事演習「キーリゾルブ」と野外機動訓練「フォールイーグル」を非難する声明を発表しました。

 国営の朝鮮中央放送が2日朝に報じたもので、「米帝侵略者と南朝鮮の傀儡政権、さらにその追従勢力は、合同軍事演習を強行する対価が、いかに挽回不可能な悪影響をもたらすかを永遠に後悔することになるであろう」としています。ミサイル発射は米韓の合同軍事演習に反発したものとみられます。

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/tbs-20150302-29635/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る