韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

精神疾患

バ韓国に帰化した外国人、ついに20万匹を突破!!!!!!!

バ韓国に帰化したキチガイどもの顔ぶれ


今年の11月で、バ韓国に帰化したキチガイが20万匹を突破していました。


自らの意志でバ韓国塵になろうだなんて、正気の沙汰とは思えませんね。



ま、そんな連中は本国にいても使い物にならない屑ばかりと相場が決まってます。



ゴミ捨て場として朝鮮半島を利用していることになりますねwwww



どちらにせよ、我々人類には不要な存在なので、

朝鮮有事の際は潔く朝鮮半島で死んでいただきたいものです。



-----------------------
110カ国の外国人帰化20万人突破…「大韓民国は祝福の地」

 外国人が大韓民国の国籍を取得した帰化事例が11月20日基準で初めて20万人を突破した。1957年に当時台湾国籍だったソン・イルスンさんが1948年の大韓民国政府樹立から9年後に初めて帰化したのを基準として見れば62年で20万倍に増加した。

 外国人の帰化は2000年まで年平均33人にすぎなかった。2000年までで1494人だった累積帰化者数は2011年1月に10万人を突破し、年平均1万人以上増えるとわずか8年で20万人を超えた。帰化申請者は2014年の1万4331万人から昨年は2万2153人に約55%急増した。帰化許可率は65%程度だ。

 それなら果たして世界の何カ国の外国人が韓国に帰化したかが気になり法務部の統計を別に探してみた。実に110カ国に上った。2020年に創立70周年を迎える国連の加盟国が193カ国であることを考慮すると大韓民国がもうひとつの「民間国連」を抱えた格好だ。

 韓国の先進インフラと福祉恩恵に便乗するために東南アジアなど相対的に貧しい国から韓国に集まるという先入観と異なり、スイス、スウェーデン、デンマーク、オランダ、ドイツ、フランス、米国、日本など先進国の人々が相当数含まれたのも意外だった。

 実際にオランダ出身の30代の女性帰化者は韓国人配偶者と会って結婚し、2人の子どもを産んだ。「北欧の福祉天国」スウェーデンの30代男性も留学時代のクリスマスに韓国人女性と会い、2011年に韓国伝統婚礼式を行った。デンマーク出身男性は「愛する人の国、韓国を愛する」として韓国国籍を取得した。米国出身キース・シャケット元第一銀行副頭取は、「ニンニクとチョングクチャンもよく食べる。韓国でさまざまな情に触れ帰化したかった」と話した。スイス国籍男性の10代の娘も母親の国である韓国を選択した。

 もちろん韓国で不法滞在などの問題により「外国人嫌悪」が生まれるほどに否定的な認識があるのも事実だ。実際に2016年に21万人だった不法滞在者は今年10月末には38万人に急増し、年末までに40万人を超える見通しだ。

 だが厳しい審査手順を踏んだ合法的帰化者は少子高齢化時代に大韓民国の付加価値を高めるのに黙々と役割と寄与をしている。18日に法務部で模範帰化者選定と祝賀行事が開かれた。国民儀礼、国歌斉唱、殉国烈士に対する黙祷が行われる間、彼らの表情はとても真摯だった。4人の帰化者は胸に手を当て、国旗に敬礼し愛国歌1番をきちんと歌った。

https://japanese.joins.com/JArticle/261004
-----------------------


それにしても、帰化したキチガイの顔ぶれは壮観ですね。


なんらかの精神疾患を抱えていることは間違いありません。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国塵パイロットが大量に海外流出!! この5年間で500匹も!!!!

バ韓国の航空機は空飛ぶ棺桶


バ韓国の航空会社に所属する屑チョンパイロット。

そのパイロットら500匹が、この5年間で転職していました。


そのうち8割ほどが、中国の航空会社に転職しているとのこと。



現在、バ韓国の航空会社はどこも赤字となっているので、逃げ出しているパイロットの数は急増していそうですね。


その結果、バ韓国に残るのはさらにレベルの低いパイロットばかりwwwww




英語も満足に話せず、精神疾患を抱えているヒトモドキのパイロットが、今日も中国の空を飛んでいるわけです。


バンバン墜落でもして、支那畜とヒトモドキを大量にあの世へ送ってほしいものですね。




-----------------------
韓国のパイロット、過去5年で500人近くが転職、行き先最多は中国―韓国メディア

 2019年10月17日、中国紙・環球時報は、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、「韓国国土交通部の統計によると、14年から今年7月までの間に韓国8大航空会社の460人のパイロットが他社に転職し、そのうち約8割の行き先が中国の航空会社だった」と伝えた。昨年末時点で、韓国の航空会社のパイロットは合計6316人で、過去5年半の間に7%のパイロットを失ったことになるという。

 転職したパイロットの数が最も多いのは大韓航空で、172人に達した。次いでアシアナ航空の86人、エアプサンの52人などとなっている。中国の航空会社に転職したパイロットは367人で、16年に90人、17年に128人とこの2年間に集中している。記事によると、中国の航空会社は当時、年収2億~3億ウォン(約1800万~2700万円)の高い報酬と福利厚生で韓国のパイロットを引き寄せており、韓国の業界内では「中国はパイロットを吸い込むブラックホール」とさえ言われていたという。

 聯合ニュースによると、近年では格安航空会社の登場で韓国国内では「パイロット不足」となっており、パイロットの地位が高くなっていたという。また、「フライカンウォンなど多くの航空会社が新たに国際線の事業許可を獲得しており、パイロット不足はさらに深刻化するとみられる」と記事は指摘した。そのため、「航空会社はフライト予定をタイトなものにせざるを得ず、これが航空の安全問題を引き起こす恐れがあるとの声も出ている」と記事は伝えた。

 だが、国土交通部は「パイロットは足りており、問題ではない」との見方を示していると記事は紹介。昨年から中国の航空会社は自社でのパイロット養成に力を入れており、外国人パイロットの雇用基準が高くなっているという。そのため、昨年から韓国のパイロットの海外航空会社への転職は減少しているそうだ。また、韓国政府と航空会社が共同で構築した「パイロット補給システム」が正常に運営されており、パイロット数は毎年増加傾向にあるという。

https://www.recordchina.co.jp/b752796-s0-c30-d0062.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【種の終焉】20代の精神疾患が急増中のバ韓国wwww

バ韓国塵は1匹の例外なくキチガイ


バ韓国で、20代の精神疾患が増加しているようです。


その理由は、

学業ストレスと深刻な就職難wwwww


あの低能どもがようやく「受験地獄を生き抜いても、待っているのは同じ地獄の生活」だと気付き始めたようですね。


元々屑チョンどもは精神異常者ばかりです。

そんな連中がさらにオツムを拗らせているのですから始末に負えません。


精神疾患によって自殺が今以上に増えたり、同じ屑チョンを殺害する事件が増えてくれそうですなぁ。


きゃつら害獣どもの生息数が減ることは、我々人類にとってプラスでしかありません。


この調子でどんどん死んでいただき、地上の浄化に一役買ってほしいものです。



-----------------------
韓国、過去最悪の就職難で20代の精神疾患が増加

 20代の青年の精神的健康状態が危険レベルになっている。学業ストレス、深刻な就職難が青年の精神的健康を悪化させている。 

 健康保険審査評価院の2013-17年の精神疾患診療現況資料によると、昨年の患者は177万人と、2016年に比べ5.9%増えた。20代は全体平均の倍以上の13.5%増となった。30代(7.6%増)に比べてはるかに高い。 

 20代の患者の増加率は5年間ずっと高い水準だ。年平均9.4%増で、全体(4.1%増)の2.3倍にのぼる。20代に次いで増加率が高い年齢は60代(5.9%)だが、大きな差がある。 

 20代に多い精神疾患はうつ病だ。昨年6万5141人が病院を訪れた。不安障害(3万7093人)、深刻なストレスと適応障害(1万7338人)、躁うつ病(1万3912人)、統合失調症(1万3653人)なども少なくない。 

 20代の精神疾患増加の原因は何か。ペク・ジョンウ慶煕大精神健康医学科教授は就職と職場適応の問題を挙げる。就職難が深刻になっている中、苦労して就職した後にも適応に困難を経験するということだ。うつ病のような精神疾患に対する社会的な偏見が減り、実損保険への加入が容易になったことで、病院訪問が増えた理由もある。 

 ペク教授は「大学、就職相談機関などで精神健康サービスを提供する必要がある」とし「豪州や英国は15-25歳の若者が負担を感じないように病院のように見えない医療機関を運営しているが、我々はこれを参考にするのがよい」と述べた。 

 昨年の患者全体を分析すると、うつ病が51万1059人で精神疾患のうち最も多い。次いで不安障害、睡眠障害の順だ。男性はアルコールによる精神障害および行動障害が最も多い。50代で最も多く表れる。女性はアルツハイマー、反復性うつ病性障害が多い。摂食障害患者も20代に多い。

https://japanese.joins.com/article/063/248063.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【似非人類】アメリカ精神医学会がバ韓国塵の“火病”を正式に定義!!

染色体レベルで人類とは別物の屑バ韓国塵


アメリカの精神医学会が正式に認めている“火病”。


バ韓国塵どもしかかからない精神疾患と紹介され、その症例などが医学書に正式に記載されているのです。


我々日本人には周知の事実ですが、

まだまだ世界にはバ韓国塵を“人間”と勘違いしている国が少なくありません。



精神疾患はもちろんのこと、

染色体レベルからして人類とは別物だということをもっと知らしめたいものです。




そう遠くない将来、

朝鮮塵はただの害獣だと認識され、世界規模で屑チョン狩りが始まることでしょうなぁ。



-----------------------
韓国人特有の病気?米医学会が正式に「火病」の存在認める―中国メディア

 2017年6月26日、中国メディア・海外網によると、「韓国人しかかからない病気がある」と伝える記事を韓国メディアが掲載し、話題になっている。韓国人に特有の精神疾患で、米国の精神医学会もその存在を正式に認めているという。 

 この精神疾患は「火病(ファビョン)」と呼ばれている。生活する中で苦痛を感じても怒りのやり場がない場合に、頭痛や動悸(どうき)、息切れなどの病状が現れるという。 

 韓国固有の文化を原因とする精神障害であり、米国精神医学会の出版している「精神障害の診断と統計マニュアル」でも「韓国特有の文化依存症候群」と定義され、正式に記載されている。 

 火病にかかる人の多くは50歳前後の女性だとされる。女性の多くは家庭内で発言権がなく、夫の権力を恐れており、過剰に自分の感情を抑制していることがこの病気を発症する原因になっているという。また、厳しい上下関係に根差した文化も発症を促す要因になっている。 

 なお、特徴的な精神疾患は韓国に限ったものではない。マレーシアやインドネシアには「Amuk」という精神疾患がある。やはり文化依存症候群で、過剰に抑えつけられた感情が臨界点に達すると、突然爆発したように凶暴となり、最悪の場合には殺人を犯さなければ怒りが収まらないという。

http://www.recordchina.co.jp/b182556-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る