韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

精神障害

【さっさと楽になっては?】バ韓国塵どもの年間通院回数、OECD平均の倍以上!!!!!!!!!!

日本が統治していなければバ韓国は終わっていた


バ韓国保健福祉部が発表した年報によると、

屑チョン1匹あたりの年間通院数は17回とのことでした。



この数値は、OECD加盟国平均の倍以上!



呼吸器系や消化器系統の疾病の他に、精神や行動障害系の患者が多いんだとか。



これが種の限界というヤツですね。



本来ならとっくの昔に淘汰されていたはずの生物なので、

さまざまな弊害が現れているのでしょう。



我々日本人はもっと責任を感じるべきでしょう。


日本統治によって屑チョンどもの寿命を延ばしてしまったことにより、全世界に迷惑をかけているのです。


この責任を取るには、我々が率先してヒトモドキどもを駆除するしかありません。



既に終わっている生物だとはいえ、一刻も早く種の終焉を迎えられるよう努力するべきでしょう。




-----------------------
韓国人の1人あたり年間通院回数17回、OECD平均の倍以上―韓国メディア

 2019年12月24日、環球網は、韓国人1人あたりの年間通院回数が約17回だったことが明らかになったとする、韓国メディアの報道を伝えた。

 記事は、韓国・東亜日報の23日付報道を引用。韓国保健福祉部が22日に発表した「2019保健福祉統計年報」で、昨年の韓国人1人あたりの平均通院回数が16.9回、患者1人あたりの入院日数が19.1日となり、いずれも2015年から徐々に増加する傾向にあることが分かったという。

 また、経済協力開発機構(OECD)メンバー国の平均は通院回数7.1回、入院日数8.2日で、韓国は平均よりも通院回数、入院日数いずれも倍以上の多さとなっている。韓国人が通院する理由で最も多いのは、頸椎や膝関節の疾患で全体の20.4%を占めた。これに呼吸器系や消化器系統の疾病が続いたという。

 入院患者では、精神や行動障害系の患者が165.8日と最も期間が長くなっており、神経系の疾患、事故や疾患の後遺症を持つ患者がその次に多いとのことだ。

 東亜日報の分析によると、韓国で通院回数と入院日数が非常に多くなっている理由は、「社会全体の高齢化が加速していること」「病院へのアクセスが便利で費用も保険制度のおかげで低廉なため、ちょっとしたことですぐに病院に行く習慣があること」だという。

https://www.recordchina.co.jp/b769338-s0-c30-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















何を今さらwww バ韓国のパニック障害患者、5年間で1.7倍増!

バ韓国のキチガイが同族を殺しまくればOK


バ韓国塵は全匹ただのキチガイ


バ韓国のパニック障害患者が、ここ5年間で1.7倍に増えているそうです。


まったく何を言ってるんですかね?


バ韓国塵なんてものは1匹の例外もなく精神異常者なのにwww


どうせパニくるなら、引き籠るのではなく大量虐殺の方向に進んでほしいものです。


バ韓国塵を10匹殺せば来世で人間になれる……、そんな噂が定着してくれないものですかね?





屑チョンのDNAを持つ者は例外なく精神障害を抱えています。


ヒトモドキを根絶するには、人間と交雑して生まれた混血害獣の処分も必須ですね。


-----------------------
韓国のパニック障害患者16万人…5年間で1.7倍増

 就職ストレスなどの影響で、韓国の20代のパニック障害患者が急速に増えていることが判明した。

 健康保険公団は23日、「昨年のパニック障害の患者は15万9428人で、5年前の2014年(9万3525人)に比べ1.7倍の水準まで増えた」と発表した。特に20代のパニック障害患者は、14年の7848人から昨年は1万8851人と、2.4倍の水準まで増えた。この5年間における20代のパニック障害患者の年平均増加率は24.5%で、全ての年齢層の中で最も高かった。

 パニック障害になると、極度の不安、「死にそう」だとか「心がなくなりそう」といった恐怖と共に呼吸困難、動悸(どうき)などの症状を経験することになる。また、こうした症状が生じるのを恐れ、人が大勢いる公共の場所に行ったり公共交通機関を利用したりすることを避けるようになり、日常生活にも支障を来す。就職失敗や離婚・離別などによる極度のストレス、喫煙・飲酒などがパニック障害の原因になるといわれている。

 国民健康保険一山病院精神健康医学科のパク・ソンヨン教授は「最近、20代中盤から後半の患者がパニック障害のせいで病院を訪れるケースがかなりある」として「就職ストレスに加え、親しい友人とのいざこざ、両親の小言など、別々のストレス要因が重なることでパニック障害が生じるケースがある」と語った。

 一方、パニック障害の患者が最も多かったのは40代だ。昨年の時点で見ると、40代の患者(3万8825人)が全体の24.4%で最も多く、50代(3万3057人、20.7%)と30代(2万9530人、18.5%)がこれに次いで多かった。20代の患者の割合は11.8%だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/24/2019122480042.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















あっという間www 人類を圧倒する速度で高齢社会に突入したバ韓国、認知症患者も激増!!!!!

認知症患者の犯罪も急増中のバ韓国


ニダァと醜い産声と共に生まれ落ちてくるバ韓国塵。


一匹の例外もなく、精神異常者であり、知能が著しく低いという習性があります。

ま、そもそも人類とは別種の生き物なので、ヒトモドキにとってはそれが当たり前の状態となっています。



そんな屑チョンどもですが、ここにきてキチガイの度合いが増しているようです。


認知上患者が急増していて、それに関わる医療費もうなぎ登り状態なんだとか。






バ韓国塵のみなさん。

認知症にならないとっておきの方法がありますよ。


年をとる前にさっさと自殺すればOKですwwww


そうですなぁ。

物心ついた途端に自殺するってのがオススメですよ。



-----------------------
韓国で認知症患者が激増―中国メディア

 中国国営の新華社は10月1日、韓国政府が発表したデータで、高齢化の加速と共に認知症患者が激増していることが分かったと伝えた。

 韓国・聯合ニュースによると、保健福祉部のデータから、韓国の認知症患者数が2014年の41万6300人から16年は54万7700人、18年は71万2400人と右肩上がりに増加していることが分かった。認知症にかかる医療費は、14年には1兆3000億ウォン(約1100億円)だったが、16年は1兆7000億ウォン(約1500億円)、18年は初の2兆ウォン越えとなる2兆2000億ウォン(約1900億円)となったという。

 韓国では急速な高齢化が進んでいる。中国の金融サービスベンダー・Windなどがまとめたデータによると、高齢化社会(65歳以上の人口比が7%以上)から高齢社会(同14%以上)に移行する年数では、米国が50年、英国が45年、日本が25年だったのに対し、韓国はわずか18年だった。記事によると、韓国の認知症患者の85%が70歳以上の高齢者だったという。

https://www.recordchina.co.jp/b748982-s0-c30-d0035.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国塵夫婦、精神障害のある息子をフィリピンに捨てる!!!!!!!!!

バ韓国塵は全匹精神異常者です


バ韓国のある夫婦がトンデモない事をしでかしていました!!


この2匹は精神障害のある7歳の息子を、混血児だと偽ってフィリピンに捨てていたというのです!!


それから4年後。


この遺棄がバレると、


「息子は仏教が好きだったので、テンプルステイに送ったニダ」


「英語が上達するようにフィリピン留学に送っただけニダ!」


……などと真っ赤な嘘を並べたてているようです。



本当に許しがたい行いですね。


ゴミ屑を国外に捨てるだなんて!



-----------------------
精神障害のある息子を「混血児」と偽りフィリピンに捨てた夫婦起訴

 幼い息子に精神障害があるという理由で、息子を「コピノ」(韓国人とフィリピン人の混血児)だと偽り、フィリピンの孤児院に送ったとして、釜山地検女性児童犯罪調査部は16日、児童遺棄・放任の罪で父親の医師(47)を起訴、母親(48)を在宅起訴した。

 両親に捨てられた息子は精神障害が悪化し、片方の目を失明した状況だという。両親は息子をフィリピンに送る前、保育所や寺などに息子を数年間にわたり遺棄していた。

 釜山市に住む両親は2011年3月、息子(当時7)を寄宿施設がある慶尚南道馬山市の保育所に送った。息子を保育所に連れて行ったのは母親だった。母親は保育所側に「父親がいない子だ。一人で育てるのはつらい」などと息子を預けた。それから1年後、保育所から「寝付かずに他の子らとけんかする。とても預かりきれない」として、引き取りを求められたという。

 父親は数カ月後の12年夏、息子を忠清北道の寺に連れて行き、寺に「母親がいない子だ。一人で育てるのはつらい」と言って預けた。ところが、1年後に寺からも「預かりきれない」との連絡があったという。

 父親はその後、インターネット検索でフィリピンの韓国人宣教師を探し当てた。14年11月ごろ、フィリピンの宣教師のもとに息子を連れて行った父親は「フィリピン人女性との間に生まれた『コピノ』だ。母親がいない子だ。引き取ってほしい」と持ちかけた。検察によると、父親は宣教師が後から連絡できないように、出国前に息子の名前を改名し、フィリピン到着後には旅券を取り上げたほか、息子を捨てて帰国後には携帯電話番号も変更したという。

 非情な両親の行為は宣教師が問題の男児を引き取って4年たった18年11月、青瓦台(韓国大統領府)の陳情・提案窓口に「フィリピンに捨てられた韓国の子ども」と題する文章を投稿したことで明るみに出た。それを見た在フィリピン韓国大使館が男児を探し、捜査機関に告発した。両親は検察の取り調べに対し、「息子は仏教が好きだったので、テンプルステイに送った。英語が上達するようにフィリピン留学に送った」などと主張しているという。検察によると、男児はフィリピンに滞在中、精神障害が悪化し、片方の目を失明した。男児は精神病院で治療を受けており、「家に戻れば父親にまた別の国へと捨てられる。父のもとには送り返さないでほしい」と家庭に戻ることを拒んでいるという。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/17/2019071780038.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る