韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

経済崩壊

地獄は始まったばかりwww バ韓国の破産企業、前年比53パーセント増!!

バ韓国を崩壊に導くキチガイ大統領


バ韓国では破産する企業が急激に増えているようです。


キチガイ大統領による最低賃金の引上げで虫の息になっていたところへ、

大邱コロナがトドメを刺した形ですwwww



先月の破産件数は前年比53パーセント増!!


頼みの綱の財閥も赤字を吐き続けるだけで、輸出分野も壊滅的になっているバ韓国。


これからも破産する企業は増える一方でしょう。



ただし、喜んでばかりはいられません。


コロナ騒動が終息した後、きゃつらが息を吹き返さないよう警戒することも大事でしょうね。



-----------------------
韓国、3月の法人破産53%増…「本格的な新型コロナの経済への影響は6月」

 50代の事業家キム・ソンホさん(仮名)はベトナムから衣類を輸入し日本に輸出する仲介貿易業をしていたが、昨年7月に大きな危機に直面した。日本政府の輸出規制により韓日関係が急激に冷え込み、日本のバイヤーからの注文が途絶えたのだ。資金を借りて事業規模を拡大していた時期で、結局昨年12月に企業再生手続きを進めた。幸い裁判所が再生手続き開始を許可し再起を夢見た。だが今年に入って発生した新型コロナウイルスがまたも足を引っ張った。キムさんの再生手続きを代理している弁護士は「裁判所が新型コロナウイルスにともなう影響が予想より深刻で再生計画の認可を受けるが困難だ。法人破産も考慮しなければならない状況になった」と話す。


◇3月の法人破産101件…昨年より53%増

 20日の法院行政処によると、今年に入りキムさんのように負債を返済できず破産に追いやられる企業が増加している。3月の法人破産件数は101件で前年同月の66件より53%急増した。1月の71件、2月の80件から申請件数が増えただけでなく、増加率も1月と2月がそれぞれ13%水準だったのに比べ大きく跳ね上がった。

 専門家らはこの3年間で急激に増えた労働費用により小規模企業の体力が急激に落ちた状況で新型コロナウイルスが「引き金」になったと分析した。

 延世(ヨンセ)大学経済学科のソン・テユン教授は「最低賃金の急激な引き上げなどが中小企業の状況を悪化させてきたが新型コロナウイルス問題が発生し破産という極端に追いやられたもの。現在再生・破産段階ではないが限界に追いやられた企業と自営業者が多く、今後状況はさらに深刻化するだろう」と分析した。

 旅行業などは新型コロナウイルスで直撃弾を受けた。倒産分野の専門家であるキム・グァンギ弁護士は「旅行会社を経営する人たちが新型コロナウイルス流行後に売り上げが急に途絶え相談して行った。今後観光業種の企業がさらに訪ねてきそうだ」と話す。

 実際に2月に宿泊専門予約サイト「ホテルエンジョイ」を運営するメイトアイが企業再生手続きを申請した。各種旅行予約が相次ぎキャンセルされ経営難から抜け出せなかった。先月末にはホテル・リゾート専門委託運営会社のHTCも企業再生手続きを申請した。HTCは韓国国内だけでなく海外にも施設を保有しており20年以上にわたり成長を続けてきたが、新型コロナウイルスで深刻な損失を受けた。

◇「新型コロナの影響は5~6月から本格化」

 法曹界は5~6月から新型コロナウイルスの影響を受けた企業の再生・破産申請がさらに本格化すると予想する。

 再生・破産専門のリュ・ヨンジェ弁護士は「まだ新型コロナウイルスの影響はまともに反映されているのではない。業界では6月以降本格的に増えるとみている」と話した。

 法人破産申請件数は法院行政処が統計を集計し始めた2012年以降着実に増加している。2012年の396件から昨年は931件に増えた。こうした傾向と新型コロナウイルスの余波を考慮すると今年は初めて1000件を突破するものと予想される。特に最近は企業を継続させるという「再生」の申請よりも最初から事業をたたむという「破産」の申請増加傾向が目立つ。

◇個人破産申請も10%増

 3月の個人破産申請は4275件で前年同月の3898件より10%増加した。これもまた1月の3252件、2月の3715件に続き増加傾向を示している。

https://japanese.joins.com/JArticle/265061
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・現代自動車労組「給料はそのままでいいニダ! 雇用を保障してくれニダ!!」

バ韓国の自動車なんてキチガイが乗るもの


働きもせずに金を寄こせと発狂するのはバ韓国塵のお約束となっています。


そんな中でも、現代自動車の労働組合のキチガイぶりは常軌を逸しています。



「仕事中でもwifiを使ってエロ動画を見られるようにしろニダ!」


「売り上げが減っていても、給料をアップしろニダ」


「とにかく金寄こせニダ!」


……と毎年のように発狂していますwwwww



そんな現代自動車の労働組合が方針転換したようです。



「賃金は現状維持でいいから雇用を保障しろニダ」



と提案していたのです。



あの馬鹿どもがようやく現状に気づいたようです。


窮地に追い込まれた会社が大量リストラをする前に先手を打ったつもりなのでしょう。



どちらにしろ国ごと消えてなくなるというのにwwwww



下手に生きながらえるより、さっさと土に還ったほうが楽だと気付いてほしいものです。




-----------------------
危機感じた現代車労組「賃金凍結するから雇用保障してくれ」

 現代自動車労働組合が今年の賃金を凍結代わりに雇用を確保するための方策を検討することを提案した。新型コロナウイルス感染症(コロナ19)拡散に韓国自動車産業の未来が不透明な状況で、無理に賃金を上げてもらう出ることができないという趣旨だ。

 産業界では、剛性労組の代名詞であった現代車労組が変わったという評価と、全国民主労働組合総連盟(民主労総)の全国民解雇禁止要求を支援射撃したという分析が同時に出てくる。一部では、労働界が経済体質改善のための限界企業の整理など、産業構造の調整まで妨害することができるという憂慮が提起される。

 現代車労組は17日に発刊したニュースレターを介して「コロナ19の世界の労働市場は大きな衝撃を受け、現代車も輸出市場の崩壊に苦しんでいる」とし「賃金を凍結する代わりに雇用を確保するため、ドイツ労使の危機協約に注目しなければならない」と述べた。続いて「これを韓国にそのまま適用することはできませんが、この解決策をモデルにしなければならない」とし「韓国政労使は「雇用守る」ためにすべての策を突き合わせなければならない」と促した。

 自動車業界では、現代自動車労組が迂回的に今年の賃金を凍結したり、引き上げ幅を最小限に抑えるという意味を明らかにしたという解釈が出ている。会社側は労組の公式提案が来なかったと言葉を慎んだ。

 現代車労組が先制的に賃金を上げやめよう提案したことは今までに一度もない。賃金が凍結されたのは世界的な金融危機直後の2009年が最後である。専門家は、韓国自動車産業がそのより困難な状況に処したと診断されている。今年第1四半期(1~3月)の国内自動車生産台数は80万9975台で、前年同期(95万7402台)に比べ15.4%減少した。第2四半期以降は状況がさらに悪化する見通しだ。米国や欧州などの主要市場が麻痺され輸出の道が詰まったからだ。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=015&aid=0004326289
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















7年連続ダントツ1位!!!! バ韓国が記録更新したランキングとは……

バ韓国の若者失業率。盛った数値でもダントツ


またもやバ韓国がOECD加盟国の中でダントツ最下位の記録を達成していましたwwww


今回の調査は、20代後半の失業者の割合


バ韓国だけが20パーセント以上を記録していて、7年連続で不動の座を守っていました。




バ韓国が加盟していることによりOECDのレベルが下がりまくっていることになりますね。



そもそもヒトモドキどもに経済協力なんて真似ができるわけがありません。



足を引っ張るだけの存在なので、さっさと排除するべきなのでは?



ま、ここ数年で消えてしまう国なので、このまま放置しておいても問題なさそうですがwww




-----------------------
20代後半の失業者の割合、韓国が7年連続OECD1位

 韓国が経済協力開発機構(OECD)加盟国・地域の中で、失業者全体のうち20代後半が占める割合が7年連続で1位だったことが分かった。

 韓国の15歳以上の人口のうち、20代後半は7.8%に過ぎないが、失業者のうち5人に1人は20代後半であるほど、失業問題が深刻だ。また、2012年以降7年にわたり、失業者のうち20代後半が占める割合がOECD1位となっている。

 専門家たちは、大企業と中小企業の賃金格差が大きく、若者たちがたとえ就職活動期間が長引いても大企業に入ることを望み、企業の立場では大卒初任給が高いものの仕事の面で柔軟性が低く、新規採用を嫌がるため、こうした現象が生じていると指摘する。

 2位はデンマーク(19.4%)、3位はメキシコ(18.2%)、4位はチリ、トルコ(各18.1%)だった。また、米国はこれより低く13.0%、日本は12.6%、ドイツは13.3%という結果が出た。

 OECDの統計を見ると、2018年に韓国の失業者全体において25ー29歳の失業者が占める割合は21.6%で、加盟36カ国・地域のうち最も高かった。

http://life.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/17/2020011780196.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















経済3大指標が同時に減少wwww バ韓国経済低迷はまだまだ底知らず!!!

バ韓国崩壊まで全力で頑張れ!


バ韓国の経済がこれ以上ないというくらいに疲弊していましたwwww


生産・投資・消費が一斉に減少していたのです!


文大統領の政策がことごとく失敗し、真綿で首を絞めるようにヒトモドキどもを殺しまくってますwwww



長期的な視点で眺めるなら楽しいのですが、

もう見飽きたのでそろそろガツンとヤってもらいたいものです。




米軍撤退、朝鮮戦争再開、半島焼け野原……。


そんなトリプルコンボを近い内に見せてほしいものですね。




-----------------------
10月の産業生産0.4%減…生産・消費・投資「トリプル減少」=韓国

 10月は生産・投資・消費が一斉に減少した。産業活動動向の3大指標が同時に減少したのは2月以来8カ月ぶり。現在の景気状況を表す同行指数循環変動値も下落した。

 韓国統計庁が29日に発表した「10月の産業活動動向」によると、10月の全産業生産(季節調整、農林漁業除く)は前月比で0.4%減少した。前月比の産業生産は9月(-0.4%)に3カ月ぶりに減少に転じたが、これで2カ月連続の減少となった。サービス業と建設業が増加に転じたが、自動車・電子部品を中心に鉱工業生産が減少し、全体の産業生産が減少したとのことが統計庁の説明だ。

 消費動向を表す小売販売額は前月比0.5%減少した。小売販売は8月に3.9%増加し、8年7カ月ぶりの最大幅となったが、9月にー2.2%とまた減少に転じ、2カ月連続の減少となった。

 先月の設備投資は前月比0.8%減少した。設備投資は6月から9月まで4カ月連続で増加したが、10月に減少に転じた。建設業者が実際に施工した実績を金額で表す建設既成は前月に比べ1.7%増加した。

 景気指標は分かれた。景気同行指数循環変動値は前月比0.1ポイント下落した。一方、今後の景気を予測する先行指数循環変動値は前月比0.2ポイント上昇した。先行指数循環変動値が2カ月連続で上昇したのは2017年4-6月以来。

 統計庁のキム・ボギョン産業動向課長は「数字上で先行指数循環変動値が2カ月連続で上昇したため、景気見通しに対する前向きな信号が強まった」とし「ただ、まだ同行指数循環変動値が下落しているだけに現状態で(底を打ったと)判断するのは難しいようだ」と述べた。

https://japanese.joins.com/JArticle/260077
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る