韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

統計

さすがバ韓国!! 政府が率先して訪韓中国人観光客の数を水増しして発表!!!!!

中国人観光客からも見放されたバ韓国


「限韓令が終わったので、中国人観光客がバ韓国に戻ってきたニダ!!」

「3月に訪韓した中国人は40万以上もいたニダ!!」

「ウリの政策のおかげでバ韓国人気が復活したニダっ!!」

とバ韓国政府が発表していましたが……。


しかし、

その観光客の数字が水増しされたものだったことが判明!!



ま、当然と言えば当然ですね。

きゃつらの知能ではせいぜい「3」までしかカウントできないんですからwwwww



バ韓国政府としては中国人観光客を取り戻したくて仕方ないんでしょうね。


でも、今回のことで更に嫌われること間違いなしですwwwww



それにしても、

本当にやる事なす事キチガイじみていて醜い生物ですねぇ。


-----------------------
韓国政府が中国人観光客数を水増し発表?実際は回復見られず=「統計操作じゃないか」「政府は信用できない」―韓国ネット

 2018年4月25日、韓国・中央日報によると、韓国文化体育観光部と韓国観光公社はこのほど、3月の訪韓中国人観光客が40万3413人を記録したと発表した。中国政府による「限韓令」(17年3月2日に中国当局が韓国への団体観光を制限)が始まった前年同月比で11%の増加となっており、限韓令以後初めて増加したという。しかし記事は「この数字にはかなりの水増しがある」と指摘している。 

 記事によると、訪韓中国人観光客の統計は法務部の「出入国・外国人政策本部」が毎月集計する中国人・在中韓国人の入国者の中から、大使館職員と家族、永住・居住目的の各国駐在員などが省かれる。先月韓国に入国した中国人は32万1749人、在中韓国人は10万5809人。韓国政府のいう「中国人観光客40万3413人」の中には中国の航空会社乗務員1万1013人も含まれており、在中韓国人と観光以外の目的で入国した中国人を除くと、約28万人が実際の観光客となるという。 

 また「出入国・外国人政策本部」の統計月報によると、実質的な観光客とみることができる短期訪問ビザで入国した中国人は21万4841人で、限韓令発令月の昨年3月(20万4440人)と大差はなかったという。 

 これに対し韓国観光公社の関係者は「法務部の分類と文化体育観光部・観光公社の分類は異なる場合がある。法務部(の分類)がより厳密」と述べているそうだ。 

 専門家は「不正確な観光客の統計は政策決定に悪影響を与える可能性がある」と懸念している。漢陽(ハニャン)大学観光学部のイ・ヨンテク教授は「観光客数だけで政策がうまくいっているかどうかを広報しているため、これ(観光客数)を膨らませたいとする誘惑に陥ってしまった」と指摘した。 

 また記事は最後に、日本政府観光局の場合について「観光客の統計では航空・船舶の乗組員を引いた数値とともに再訪問者数も正確に集計している」と説明している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「統計を基に政策を決定しないといけないのに、統計を操作していたら最終的には税金を無駄にしてしまうことになる」「以前の政府と同じことをしている」「なぜここまで国民を欺くのだ。政府は信用できない」「政府は情報操作の達人だな」「いつから韓国は情報操作王国になってしまったのだろう」など、政府への不信の声が多く寄せられた。 

 また「韓国人が考える以上に、中国は韓国を嫌っているのかも」と、中国国内での嫌韓に言及するコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b594919-s0-c10.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












何匹いるか分からないニダ! 自国の高齢者の数すら把握していないバ韓国政府www

高齢者の数を把握できていないバ韓国政府


猿未満の知能しかもたない屑チョンどもですが……。

なんとバ韓国政府は、

自国内の100歳以上の屑チョンの数すら把握していなかったことが判明していましたwwwww


ある政府機関では「1万7562匹」としていますが、行政単位の報告では「3156匹」となっているんだとか。

5倍以上も違いがあるとはwwwww


さすが、3以上の数の概念を理解していない屑チョンだけのことはありますねwwwww


そもそもきゃつらの知能で国家を成すこと自体無理があるのです。

屑チョンどもにとっては中国の奴隷でいたほうがよっぽど幸せでしょうに。


-----------------------
「韓国ってこんな国」とネットも納得!?高齢化社会を迎える韓国政府が100歳以上の人口を把握できない理由

 2017年2月1日、韓国・ソウル新聞によると、本格的な超高齢化社会到来への対策を取るため韓国政府がさまざまな統計数値をまとめているが、一番の基礎資料となるはずの100歳以上の人口すら正確に把握されていないことが分かった。 

 100歳以上の人口を集計・発表している韓国の政府機関は主に二つ、行政自治部(行自部)と統計庁だ。行自部によれば、韓国に住民登録のある100歳以上の高齢者数は昨年末現在1万7562人。毎年全国の邑・面・洞(町などに相当する行政単位)の長が各世帯を訪問し調査した内容を基にしており、部は「信頼度が高い数字」としている。一方の統計庁の発表数値は15年11月現在で3159人。集計時点に1年ほどの違いはあるものの、行自部数値の5分の1にも満たない。しかしこちらも「5年に1度の人口・住宅総調査で判明した100歳以上の高齢者にすべて面会し確認した結果で、正確な数字だ」と譲らない。そして双方とも、なぜこれほど大きな差が出るのは「よく分からない」としている。 

 国の統計数値が機関によって異なる例は、他にも国内総生産(GDP)や家計負債(韓国中央銀行と統計庁)、住宅普及率(国土交通部と統計庁)など、韓国ではいくつもあるのが実情という。専門家の間からはこの原因として企画財政部の一傘下機関にすぎない統計庁の「限界」を挙げる声が多く、同庁を首相直属機関などに格上げし「国家統計のコントロールタワー」を構築する必要性が指摘されている。 

 この記事には韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられているが、「韓国ってこんな国だよ。物価の統計もいつだってめちゃくちゃだしね」「ちゃんとできてることなんてあるのかな?」「100歳以上の人の数すら数えられないなんて、税金がもったいない」など諦めやあきれたような声が多数の支持を得ている。 

 また統計数値について「公務員の言うことなど誰が信じる?どうせ行自部も統計法もどっちも外れだね」「統計庁で果たして全世帯員を調べているか疑問」「住民登録の情報を持っている行自部の方が信頼できるような気がするけど、1万7000人もいるだろうか」と疑う声も。 

 さらに「統計コントロールタワーって…、それを統計庁がするべきなのでは?」「統計はすべての政策の基本のはず。統計庁が部の傘下機関だなんて初めて知った」との声もあった。

http://www.recordchina.co.jp/a162068.html
-----------------------


こんな具合だから、選挙なんてものの信頼性も皆無ですね。

なんせ、自国民の数を把握できていないんですからwwwww




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国の失業率、現在の統計方法になってから過去最高値を更新!!

失業者の増加が止まらないバ韓国


バ韓国の青年失業率が、現在の統計方法になってから最高値を記録したそうです。

苦労してまで大学を卒業しても、コンビニのレジ打ちにすらなれない屑チョンが増加しているとはwwwww


バ韓国の研究家は、

経済成長の流れや青年層の人口構造が20年前の日本と似ており、潜在成長率が回復しなければ、構造的な青年失業が続きそうニダ

と分析しているとのこと。


ったくなんでいちいち日本と比較するんですかねぇ。


人類とヒトモドキを比較するなんて、まったく意味がないというのに。



ま、そんなキチガイだからこその現状なんでしょうね。


そう遠くない将来、屑チョンどもの失業率が100パーになるのですからその時の阿鼻叫喚ぶりが楽しみですwwww



-----------------------
韓国の青年失業率12.5%、日本の最悪時より深刻

 韓国統計庁は16日、2月の青年失業率(15-29歳)は12.5%となり、統計基準が変更された1999年6月以来で最高を記録したと発表した。基準変更前は1週間に求職活動を1回でもすれば失業者に分類していたが、変更後は求職期間が4週間に達していることが条件となった。新条件では失業率はやや高く算出される。変更前も含む最高値は通貨危機直後の99年2月(14.5%)だった。

 2月は青年失業率が上昇した影響で、全体の失業率も4.9%となり、2010年1月(5.0%)以降で最高となった。2月の新規就業者は22万3000人で、前月を11万6000人下回った。

 2月は大学と高校の卒業式シーズンに当たるため、青年失業率は高まり傾向がある。しかし、昨年の青年失業率が通年で過去最高(9.2%)を記録した後、今年に入ってからも上昇を続けており、韓国も日本が「失われた20年」で経験した「青年雇用の壁」と同じ道をたどっているのではないかと懸念する声が上がっている。

 日本は高度成長期の1980年代まで青年失業率が4%台にとどまり、先進国で青年雇用の模範生だった。しかし、90年代に入ると、バブル崩壊の影響で長期不況に陥り、青年失業率は9%台に達した。韓国の青年失業率は、日本の青年失業がピークに達した2003年(10.1%)よりも深刻な水準だ。

 LG経済研究院のリュ・サンユン責任研究員は「日本は経済成長率が1%前後に急落した1993年から青年失業率が急上昇し、20代の人口が減り始めた2000年代後半まで高止まりが続いた。韓国は経済成長の流れや青年層の人口構造が20年前の日本と似ており、潜在成長率が回復しなければ、構造的な青年失業が続きそうだ」と分析した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/17/2016031700723.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【騙されませんがな!】バ韓国を訪ねる外国人観光客、中国が1位で日本は2位にwww

糞尿とキムチ臭しかしないバ韓国は観光価値ゼロ


ソウルを訪れる観光客の統計が出ていました。

外国人観光客の居住国別でみると、中国が36パーセントで第一位、次いで日本が24パーセントで第二位とのこと。


観光客の国籍ではなく「居住国」というのがミソですね。


いまどき日本からバ韓国を訪れるような屑は在日か帰化チョンと相場が決まっていますからwwww


日本人に人気の観光地としてアピールしたいがために、居住国別で統計をとったのでしょう。

本当に屑どもの考えは浅はかで吐き気がしますね。



-----------------------
ソウルを訪れる外国人、1位中国人36%・2位日本人24%

訪問先トップは明洞

 ソウルを訪れる外国人観光客の3人に1人は中国人であることが、シンクタンクの調査で明らかになった。

 ソウル研究院が3日までにまとめたところによると、昨年にソウルを訪問した外国人観光客は1148万人と推計された。2010年(706万人)以降、年平均12.9%増加している。

 ソウルを訪れた外国人観光客の居住国(13年基準)は中国が35.9%と最多で、次いで日本(24.2%)、米国(6.5%)、台湾(6.0%)と続いた。12年までは日本人観光客が最も多かったが、13年には中国人が日本人を上回った。12年は日本(31.7%)、中国(27.8%)、米国(6.9%)、台湾(6.3%)の順だった。

 また、13年にソウルを訪れた外国人観光客が最も多く足を向けた場所は明洞(72.8%、複数回答)だった。次いで東大門市場(56.6%)、古宮(39.1%)、南大門市場(32.8%)、南山・Nソウルタワー(31.6%)、ロッテワールド(30.0%)、仁寺洞(29.4%)と続く。また、新村・弘大エリア(24.2%)やCOEX(13.3%)、街路樹通り(カロスキル、9.1%)、清潭洞(8.6%)なども人気が高かった。

 外国人観光客が最も多くショッピングをした場所も明洞(51.2%、複数回答)で、次いで市内の免税店(32.3%)、東大門市場(30.7%)、デパート(27.1%)の順だった。日本人は明洞(61.0%)、中国人は免税店(59.5%)で買い物をする人が多かった。また米国人(30.1%)、カナダ人(34.9%)、ロシア人(35.3%)はデパートで最も多くショッピングをしていた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/04/2015020401551.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る