売春大国・バ韓国ならではの催し


バ韓国ソウルで追軍売春婦の絵物語


バ韓国塵の憧れの存在・売春婦


バ韓国のソウルで、追軍売春婦の絵物語が展示されているようです。


戦時のドサクサで大金を稼ぎまくっていた売春婦は、屑チョンどもにとって憧れの存在です。


その功績をこうやって称えているわけですね。


さすが、売春大国wwwww


外貨獲得の大きな手段になっているので、売春産業を今後も広げていきたいのでしょう。



しかし、日本人のフリして売春する手口もばれつつあり、屑チョンとの性行為はただの獣姦だということも知れ渡りつつあります。


間違いなく、外貨獲得の手段として衰退していくのは間違いないでしょうね。


-----------------------
元慰安婦の絵物語展示会

 22日午後、ソウル市中区にあるソウル市庁の市民庁シティーギャララリーで開かれた日本軍「慰安婦」被害者の絵物語展示で、作品を鑑賞する市民の様子。

 今回の展示会では、「ナヌムの家」で暮らす元慰安婦の女性たちに1993年から5年間美術を教えてきた画家のイ・ギョンシン氏が、姜徳景(カン・ドクキョン)さん、金順德(キム・スンドク)さん、イ・ヨンニョさん、イ・ヨンスさんとの絵画の授業を回想して記録した作品およそ130点が展示されている。期間は22日から31日まで。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/22/2018102202070.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ