韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

絶滅危惧種

滅びゆくバ韓国ww ソウルの出生率は超少子化基準の半分ほどwwww

さっさとバ韓国塵が消えてなくなるのが一番


バ韓国の首都ソウルの出生率が異常な値に突入したようです。


直近の出生率がついに0.7以下となり、0.69を記録wwww


全国出生率も0.88台と過去最低のようで、世界に類を見ない結果になったとのこと。


文大統領の少子化対策が機能していないってことですね。



この調子でいくと、今年の年間出生児数は30万匹前後になるとのこと。


年間の死亡者数もほぼ30万匹とのことなので、もっと出生率が下がってくれることに期待したいですね。


なんにせよ、害獣の数が減るのは素晴らしいことです。



-----------------------
ソウルの合計特殊出生率0.69「絶滅への道に入った水準」

 ソウルの合計特殊出生率が今年7-9月期に0.7を初めて切り、0.69を記録した。合計特殊出生率とは、1人の女性が妊娠可能とされる15歳から49歳までの間に産む子どもの数を意味する。全国的に見ても、7-9月期の新生児数と合計特殊出生率は1981年に関連統計の集計を開始して以来、最も低かった。

 統計庁は27日に発表した「9月人口動向」で、「今年7-9月期の全国の出生児数は7万3793人で、前年同期よりも6687人(-8.3%)減少した。7-9月期の全国合計特殊出生率も0.88で過去最低を記録した」と明らかにした。特に地域別で見ると、今年7-9月期にソウル地域で記録した0.69という合計特殊出生率は、世界的にも類を見ないほどの超少子化だと指摘されている。この数値は、人口を維持するために必要な合計特殊出生率(2.1)の3分の1、超少子化基準(1.3)の半分に過ぎないものだ。世界を代表する少子化国・地域と言われるマカオ(0.92)、シンガポール(1.14)=以上、昨年の数値=の出生率を大幅に下回っている。

 人口学者のチョ・ヨンテ・ソウル大学保健大学院教授は「もし『ソウル』と名付けられた人間の種がいるとしたら、絶滅の道に入ったと判断してもいいほどだ。人口のコントロール・タワーだとされていた大統領直属の少子高齢社会委員会の失敗であり、これまでの少子化政策の完全な失敗を示す象徴的な出来事だ」と語った。

 一方、9月の1カ月間に生まれた子どもは2万4123人で、1年前より1943人(-7.5%)減少した。月別出生児数は2015年12月から今年9月まで46カ月連続で、前年同月比で減少という記録を更新している。

 こうした傾向が続けば、今年は年間出生児数30万人維持も危うい状況だ。9月までの出生児数は23万2317人だ。10-12月期の新生児数が6万7000人台に下がれば、初めて年間出生児数が20万人台となる。昨年の年間死亡者数(29万8820人)を考えると、出生児数30万人は人口減少の影響を防ぐためのマジノ線(最終防衛ライン)とされる。韓国の年間出生児数は2002年から16年までは40万人台を維持していたが、2017年に30万人台に下がり、減少速度がますます増している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/28/2019112880030.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【いつものアレ】クリスマスツリーの起源はバ韓国だったニダ!!!!

キリストがバ韓国塵だったと信じている屑チョンども


あの馬鹿どもが、今度はクリスマスツリーの起源を主張していました。

ま、キリストがバ韓国塵だったなどとヌかす連中ですから、驚くには値しませんがwwww



きゃつらが言うには、モミ属の一種の「チョウセンシラベ」なる木が海外に渡ってクリスマス用の木になったとのこと。

随分と眉つばの話ですが、その肝心の「チョウセンシラベ」は現在バ韓国では絶滅危惧種に指定されているんだとか。


相変わらずの馬鹿っぷりですね。



さっさとバ韓国塵そのものが絶滅危惧種入りしてくれることを祈るばかりです。

もっとも屑チョンの保護なんざ誰もしないでしょうがね。



-----------------------
クリスマスツリーは韓国生まれ!?=韓国ネットも「初めて知った」と驚き

 2015年12月10日、韓国・SBSは、クリスマスは西欧発の文化だが、クリスマスツリーに使われる木は、実は韓国で誕生したとの記事を報じた。

 一般的にクリスマスツリーに多く使われるモミ属の木「チョウセンシラベ」は、その名にもある通り、韓国・済州島が原産だ。今からおよそ100年前、フランス人宣教師が日本や韓国で研究用の植物資料を採集した際、済州島の漢拏山から初めて海外に持ち出したという。その後、英国の植物学者の研究を経て欧米などで広まり、いつしかクリスマスツリーに格好の木として西洋の人々の心をつかむに至った。高さ15メートルほどの適度なサイズ、装飾を付けやすい枝ぶり、独特の葉の香りなどが人気になったのだ。

 しかしこうした人気の一方、済州島のチョウセンシラベは環境変化などによりこのところ個体数が急速に減っている。12年には国際自然保護連合(IUCN)から絶滅危惧種に指定され、保護に向けた動きも進められている。

 これについて、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。


「木だけ国産ってことね」

「なんと!知らなかった。有益な情報だ」

初めて知った。それにしても絶滅危惧種とは…

韓国の管理は事実上の放置。そのことがよく分かる事例だ


「こうやって海外に渡ったのに、国内できちんと保護できずに輸入する羽目になることがよくある。ライラックもそうだよ」

韓国の物なのに、結局は他国でいいように使われている。クリスマスツリーの原産地が韓国だということを広めるべきだ


クリスマスツリーも何も、生活が苦しくてまったく興味がない

「クリスマスはもともと海外の行事だから、ツリーの木も外国の物だと思ってた。済州島にあるなら一度見てみたいな」

ツリーが韓国の木だったところで、何か得することある?キムチの宣伝をしたって、キムチを食べに韓国に来る人なんていないよ

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20151210-124835/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【おまエラこそリスト入りしてください】ソウル市庁前に出現したパンダの置物1600匹分!

パンダも屑チョンの手にかかれば醜い化け物にwwww


ソウルの市庁前に出現したパンダの置物1600匹分!

これは野生のパンダの生息数と同じ数の置物をおいて、絶滅危惧を訴えるというイベントのようです。


可愛らしいはずのパンダであっても屑チョンの手にかかると途端に醜く見えてしまいます。

こんな催し、バ韓国で開催したらただただ逆効果になるだけですねwwwwwww



この地上に5000万匹近く生息しているバ韓国塵ども。

きゃつらが絶滅危惧種となる日が来ることを待ち望みたいものです。

そして、レッドリスト入りと同時に可及的速やかに絶滅してほしいものですねwwwwww


-----------------------
ソウル広場にパンダ1600頭

 ソウル市庁前の広場で野生動物保護の重要性を訴える美術展示が行われ、1600個のパンダの置物が並べられた。2008年にフランスでスタートしたプロジェクトで、野生のパンダの生息数と同じ数の置物を展示し、絶滅危惧種の保護を訴えている

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20150524030700882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る