韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

練習台

不細工の国www バ韓国でゴースト整形が横行中!!!!!!

バ韓国塵の醜さは宇宙一


バ韓国の整形手術は、トンデモない事になっているようです。

それは、ゴースト整形と呼ばれるもので……、


・名医として知られる医者が執刀することになる

・患者に麻酔がかけられる

・手術を始めたのは、レベルの低い若い医者

・術後に深刻な後遺症が発生!



……こんな詐欺が横行しているとのこと。


いやぁ、実にバ韓国らしいですなぁwwww



ちなみに、これらの行為はバ韓国では合法なんだとかwwwww


その結果、4割から6割の患者がゴースト整形の被害にあっているとのこと。





深刻な後遺症だなんてケチな事は言わず、

手術失敗でどんどん死んでいただきたいものです。





-----------------------
韓国の「ゴースト整形」、名医の執刀約束し麻酔後に入れ替わる―中国メディア

 2019年12月22日、央視新聞は、「整形大国」として知られる韓国で名医が執刀すると言いながら実際は経験の少ない医師が執刀する「ゴースト整形」が横行していると報じた。

 記事は、「世界で最も美容整形業界が発展している韓国で、巨大な利益をむさぼるべく業界内で不正を働く人物や病院が後を絶たず、業界が玉石混交状態になっている」と紹介。不正の一つとして問題視されているのが「ゴースト整形」だとした。

 そして、ある整形外科クリニックの手術室を映した監視カメラ映像に、患者に麻酔を行った後で本来執刀するはずの医師が手術服を着ずに入って来て、患者と「初顔合わせ」となる若い医者が実際に執刀する様子が記録されていたと説明。経験のほとんどない若い医師による手術はレベルが低く、術後に患部に深刻な後遺症が発生したという。

 韓国メディアによると、この現象は、手術の経験を積みたい新人医師と、多くの手術をこなして稼ぎたい大型整形外科医院の両者の思惑が一致していることによるもので、法律では違法行為とは規定されていないため、撲滅は難しいとのことである。

 韓国の美容整形専門家によると、2000年からの約20年で整形手術により死亡した500人余りの患者のうち、200~300人が「ゴースト整形」によるものだったという。

https://www.recordchina.co.jp/b769053-s0-c30-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【これぞバ韓国!】兵士を練習台にして整形手術を行う軍医wwwwwwww

バ韓国塵は整形するよりもさっさと死ぬべき


バ韓国軍の病院では、兵士が手術する際に“整形手術”まで進めているんだとかwwwww


しかも、この整形手術の目的は、軍医が除隊後に開院するための練習台とのこと。


その手術はいい加減なもので、数年後には顔面が崩壊するケースもあるようですwwwww



いやぁ、さすがバ韓国ですなぁ。


こんな整形手術が、軍の病院で1日2件のペースで行われていたというのですからwwwww



どんなに整形しても醜い屑チョンの本性は隠し切れないので、さっさと自殺して生まれ変わるチャンスに賭けるべきでしょう。


もしかしたら、ゴキブリくらいには生まれ変われるかもしれませんから。



-----------------------
韓国軍の病院で兵士が整形手術の練習台に?=「病気の治療は後回し」「嫌と言えないのが軍隊」―韓国ネット

 2018年6月4日、韓国・SBSによると、ここ数年で韓国軍の病院の整形外科診療件数が急増する中、治療目的以外の診療も行われていたことが分かった。なんと、美容整形手術が行われていたというのだ。 

 記事によると、軍の病院で盲腸手術を受けて入院した当時一等兵のチョンさんは、軍医官から意外な提案を受けた。チョンさんは「当時鼻の機能に問題はなかったが『鼻の手術をしたらずっときれいになる。後で一度診療を受けてみなさい』と言われ、数日後に診療を受けると自然に手術の流れに持っていかれた」と話した。そして、鼻の骨を削ってシリコンを入れる整形手術をした3年後、チョンさんの鼻は鼻の穴が左右不均等になってきた。結局、チョンさんは民間の病院で300万ウォン(約30万円)をかけて再手術を受けたという。 

 一方、チョンさんを執刀した軍医官は「手術を勧めてなどいない。盲腸手術を執刀した外科と協診したもの」と主張した。なお、当時、軍病院における美容目的を含む整形手術は1日当たり2件ずつあったとのこと。 

 この他にも同様の被害報告が出ているそうで、記事は「練習中の負傷時、軍病院の整形外科で身体部位の再生手術は当然必要なことだが、美容目的の手術は国軍医務司令部規定に違反する」と伝えている。過去3年間の軍病院の外来診療件数をみると、整形外科診療件数は増加の一途をたどり、昨年には7400件(美容目的件数は未集計)を超えたとのこと。 

 これを受け、韓国のネットユーザーからは「医者はいい練習台を見つけたね」「手術の練習用として軍人を利用。なのに病気の治療は後回し」など「練習のためだった」と指摘する声が相当数を占めている。 

 また「幹部が(手術)しようというのに、兵士が『嫌』とは言えないのが軍隊。医務科のやつらが軍隊生活を楽に送りながら、除隊後の開院目的のために兵士を対象に医療練習をするというのは大概の軍人が知っている事実」というコメントも。 

 今後の処置としては「憲兵隊の調査をし、当該軍医官を厳罰に処すべき」「軍法で治めよう」「軍病院を廃止して民間病院に治療を委託・管理しろ」などの意見が寄せられた。

https://www.recordchina.co.jp/b608457-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【失敗したらトンズラ!】中国人は練習台ニダ! 中国人相手に整形手術の練習をする韓国の美容整形医師

韓国人のメスは整形しても不細工だらけ


中国に進出していた韓国の美容整形ですが、早くも化けの皮が剥がれ始めました。

醜く変形した、まばたきが出来なくなった、などの被害が相次いでいるようです。
また、それを苦にして自殺を図った女性もいるとのこと。

被害者が苦情を言おうとしても、すでに整形外科医は逃げいた、なんていうケースもあるようですね。


どうやら、糞チョンの医師は練習がてらに中国へやってきて、未熟な腕しか持たないのに手術しているとのことです。


まあ、糞チョンなんぞに整形手術を任せてしまったほうにも責任はありますね。



糞シナと糞アルで、仲良く人体実験、否、生体実験をやり続けてくださいな。


-----------------------
「まばたきができない!」 韓国人整形医の“ミス”が頻発=渡中の目的は「手術の練習」―中国

 2013年12月3日、人民日報によれば、中国での資格を持たない三流の韓国人整形医が、「手術の練習」を目的に中国にわたり、執刀していたことが分かった。

 遼寧省瀋陽市に住む22歳のある女子大生は、8000元(約13万6000円)を支払って整形術を受けたが、口の回りが醜く変形していまい、友人にも家族にも見せられないありさまになってしまった。また、ある女性は10万元(約170万円)もの費用をかけて整形したが、顔の左右のバランスが悪くなり、賠償を求めて飛び降り自殺を図る騒動も起きている。

 28歳のある女性は「韓国式二重まぶた」の広告にひかれ、3万元(約50万円)支払って手術を受けたが、術後に抜糸すると、まばたきができなくなっていた。まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)が切断されてしまったためだった。後日、女性は病院に苦情に訪れたが、すでにもぬけの殻だったという。

 遼寧省美容美髪協会の程利国(チョン・リーグゥオ)会長は、広告では“超一流”というふれこみの韓国人美容整形医が、実は二流、三流の医師だったというケースが多発していると指摘。一流の医師は韓国でも少なく、そうした医師は忙しくて中国にやってくる暇などない」と話す。

 中国にやって来るのは、多くが整形医の職に就いたばかりの若い医師で、経験を得るための「練習」が目的だという。同会長は「これらの医師は入れ替わりが激しく、仲介者も固定されていないので、手術で問題が起きても責任を追及できないケースが多い」と注意を促している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131204-00000041-rcdc-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る