韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

美容

【無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁッ!!】バ韓国・ソウルの地下鉄に設置されたオス用化粧室www

バ韓国の地下鉄にオス用の化粧室登場


ここ最近になって、バ韓国の地下鉄に登場した新たな施設。


それは、「オス用の化粧ルーム」wwww


化粧したがる屑チョンのオスが多いようで、かなり需要があるとのこと。



糞尿にまみれることに快感を覚える連中が、


「臭くて混んでいるトイレは嫌ニダ!」


とは笑わせてくれますねwwww



ちなみに、屑チョンのオスが化粧品を1回買う時に使う金は45ドル(約4900円)で世界1位とのこと。


それだけ金をかけても、世界一醜い容姿は変わらないというのに……。


化粧してもバ韓国塵の醜さは世界一


無駄なことに労力を注ぎ込むことに関しては、屑チョンの右に出る者はいませんねぇ。



-----------------------
ヘアワックスにBBクリーム…ソウルの地下鉄駅に男性用パウダールーム登場

「くさくて込んでいるトイレで髪の手入れをするのがつらかったけれども、もう今は気兼ねなくできるからいいですね」

 先月28日午後6時ごろ、ソウル市竜山区の地下鉄4・6号線三角地駅にある「男性専用パウダールーム」で、大学生のチェさん(24)がヘアワックスを付けながら言った言葉だ。ここはソウル交通公社が一昨年末、韓国で初めての地下鉄駅内に設置した男性用化粧スペースだ。3坪ほどのスペースに大きめの鏡と化粧品を置くことができる棚がそれぞれ3つずつ設置されている。中では20-30代の男性たちが鏡を見ながら顔にBBクリームを塗ったり、唇に淡い色のリップクリームを付けたりしていた。チェさんは「今日だけで2回来ました。ランチの時も結婚式に行く前も立ち寄ってヘアスタイルやネクタイを直しました」と語った。

 「パウダールーム=女性の空間」という社会通念が崩れつつある。美容への投資を惜しまない男性、いわゆる「グルーミング族」が増えているのだ。会社員のユン・ソンサンさん(25)は「スキンローションから始めて、ファンデーション、アイシャドウ、リップクリーム、ミストなど一日に塗る化粧品だけで13個。付けるようになってから『好印象』とよく言われるようになって、今では習慣になりました」と話した。

 事実、国際市場調査会社ユーロ・モニターによると、韓国の男性化粧品市場規模は2010年の7300億ウォン(約675億円)から昨年は約1兆2800億ウォン(約1183億円)へと急成長している。しかも、韓国人男性が化粧品を1回買う時に使うお金は45ドル(約4900円)で世界1位だった。ソウル交通公社の関係者は「2017年から女性用パウダールームを駅に設置してきたが、一昨年『男性も化粧するのに、トイレが手狭だ』という意見があり、設置するようになった」と説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/10/2020011080162.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【経済崩壊も納得】日本の15倍以上もつぎ込んでチョメチョメ

無駄な悪あがき

チョンどもの美容にかける意気込みは鬼気迫るものがありますね。
なんと毎月日本の15倍以上もの金をつぎ込んでいるようです。

まぁ、容姿がアレですからね。
コンプレックスの塊みたいな生き物の悲しい性なんでしょう。

でも、容姿をどう取り繕っても卑しい心根はそのままです。
さっさとお亡くなりになったほうが賢明ですよ。 




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ





アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る