韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

習近平

予想通り成果ゼロww 日中韓サミットに参加したバ韓国・文大統領、朝鮮塵の低能ぶりを披露しただけで終わる!

サミットに参加しても成果ゼロのバ韓国・文大統領


何の勝算もないまま中国入りして日中韓サミットに出席したバ韓国の文大統領。


GSOMIA破棄の延期で中国から「裏切り者扱い」され、

中国の核の傘に言及してアメリカからも「裏切り者扱い」されているバ韓国。


今回のサミットではアメリカがいないことをいい事に、全力で中国に媚びまくっていましたwwww



しかし、中国の習近平の反応は素気ないもの。


安倍首相を厚くもてなしながら、文大統領とは軽くランチしただけでした。



結局、成果ゼロのままサミットを終えることとなった文大統領。



それでも3か国の首脳の集合写真を大げさに喧伝し、鬼の首を取ったように騒ぐんでしょうね。


それに騙されてしまう屑チョンどもって、本当に馬鹿ですなぁwww



-----------------------
日中韓サミットで文大統領苦境 日中から強い圧力、“出たとこ勝負”の外交に成果なし 中国側の「おもてなし」では安倍首相と“大差” 

 「中国がこの間、朝鮮半島の非核化や平和定着のため、重要な役割を果たしたことを高く評価する」「一時的には互いに残念な気持ちになることもあるが、両国の関係は決して疎遠になることができない悠久の歴史と文化を有している

 文氏は23日、北京での習氏との中韓首脳会談で、こう語った。聯合ニュースなどが伝えた。「互いに残念な気持ち」とは、中国の怒りを意識した、媚びるような発言に聞こえた。

 注目の日中韓サミットは24日、中国の李克強首相をホストとして、パンダで有名な成都で開かれる。安倍首相と文氏はこれに先立ち23日に北京入りし、習氏とそれぞれ首脳会談を行った。

 ただ、中国側は「おもてなし」で差をつけたようだ。

 習氏は23日、文氏とはランチで軽く済ませ、安倍首相とは夕食会で手厚くもてなした。文氏は24日に帰国するが、安倍首相は25日、李氏の案内で世界文化遺産の古代水利施設「都江堰(とこうえん)」を訪問する。

 こうした待遇の違いは、中国の文政権への不満・怒りがありそうだ。米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備(2017年)に続き、文政権は先月22日、米国の圧力を受けて、GSOMIA破棄を土壇場で撤回した。GSOMIA破棄は北朝鮮が強く求め、中国も賛成していた。

 韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「文政権は、事務的な詰めの協議もなく、『出たとこ勝負の外交』しかしていない。これでは、日中韓サミットも、中韓首脳会談も、日韓首脳会談も、大きな成果は期待できない。日韓間の最大の懸案である徴用工問題も、安倍首相をやり込めれば決着できると考えているようだが、決して通用しない。半導体材料の輸出管理強化の撤回を求めても、見通しは暗い。帰国後、『何をしにいったのか?』と批判を浴びるのは目に見えている」とあきれている。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191224/for1912240004-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















全力でゴマすりwww バ韓国の文大統領が習近平と首脳会談!!

全力で習近平にゴマをするバ韓国のキチガイ文大統領


本日、北京でバ韓国の文キチガイと中国の習近平が会談していました。


その場で、習近平に訪韓するよう懇願していた文大統領。


外交努力を続けているのを国民にアピールし、支持率維持に必死なのでしょう。



そして、レッドチーム入りの地固めという側面もあるのでしょうね。




「中国の夢がバ韓国にとっていい機会になるように、バ韓国の夢も中国に役立ってほしいニダ」


「習主席と私が中国の一帯一路構想とバ韓国の新南方・新北方政策間の連繋協力を摸索するよう合意しているニダ!」


「バ韓国と中国が第三国に共同進出して、シナジー効果を出すことを期待しているニダ」



……こんな発言でゴマをするのに必死だった文大統領wwww




晴れてレッドチーム入りすれば、コウモリ外交をせずに済むので、

文大統領が一番それを望んでいるのかもしれません。




-----------------------
韓国大統領、米朝対話中断に懸念=中国主席の訪韓要請

 韓国の文在寅大統領は23日、中国・北京を訪問し、習近平国家主席と会談した。

 文氏は米朝対話が中断していることに言及し、「緊張が高まっている最近の状況は両国(中韓)にはもちろん、北朝鮮にとっても決して得にならない」と述べ、懸念を示した。文氏は米朝の非核化交渉継続に向け、中国の支援を求めたもようだ。

 文氏と習氏の会談は6月に20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で行われて以来。このほか、文氏は習氏に来年早期の訪韓を改めて要請した。中韓関係は在韓米軍への最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備問題などで冷え込んだが、習氏は協力関係の強化を訴え、関係の改善に意欲を示した。

https://news.livedoor.com/article/detail/17567595/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















究極の選択を迫られるバ韓国! THAAD問題がある限り習近平の訪韓はない!?

バ韓国に圧力外交する王毅外相


王毅外相の訪韓は、予想通り「THAAD圧力」をかけまくっていた圧力外交ようです。



文政権府側は、支持率回復のため習近平に訪韓してほしくて仕方がないのに、


中国側は、「THAAD解決しなければ習主席訪韓ない」というスタンスとのこと。



今までのらりくらりとアメリカや中国に媚びへつらっていたバ韓国。


しかし、そろそろハッキリと答えを出さざるを得ない状況になっています。




どちらを選択しても、裏切られた側の怒りは相当なものでしょう。


つまり、どう転んでもバ韓国が崩壊するという未来ですねwwww



バ韓国という国、そしてヒトモドキという種が消えてなくなる瞬間を我々の世代で見届けたいものです。


-----------------------
王毅外相「THAAD解決しなければ習主席訪韓ない」…課題投げ掛ける

 中国の王毅・外交担当国務委員兼外相が訪韓期間中に与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表に別個に会い、「敏感な問題をうまく処理すべきだ」と言ったことが6日、確認された。「敏感な問題」とは、慶尚北道星州に臨時配備された在韓米軍の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)を意味する。今月4日と5日に約4年ぶりに訪韓した王毅外相は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、李海チャン代表という韓国側の主要人物全員に「THAAD圧力」をかけて韓国を去ったことになる。

 文在寅大統領をはじめとする韓国側の主要人物たちは「習近平国家主席の早期訪韓」問題を集中的に取り上げたが、王毅外相は確答しなかったとのことだ。外交消息筋は「中国が習近平主席の訪韓とTHAAD解決を結びつけようとしている意図が見え隠れする」と話す。

 中国外務省が6日に明らかにしたところによると、王毅外相はソウル到着当日の4日、李海チャン代表に会い、「中国は韓国との意思疎通を強化し、一帯一路(中国主導の新シルクロード構想)を韓国の発展戦略とつなぎ合わせることができるよう努力し、第3者の協力を積極的に研究するだろう」と語った。米国からインド太平洋戦略への賛同を求められている韓国に「一帯一路への合流」圧力をかけたものだ。そして、「両者は互いに心から接し、相互核心利益と重大関心事を尊重すべきだ。中韓関係のしっかりとした発展に影響を与える敏感な問題をうまく処理し、両者関係の発展を守らなければならない」と述べた。

 ある元外交部次官は「中国が公に反対しているTHAADや米の中距離ミサイル配備といった『敏感な問題』を韓国がうまく処理しなければ、習近平主席の訪韓など両国関係の発展は難しいという警告を外交的修辞で包んだものだ」と話す。中国の外交部によると、これに対して李海チャン代表は「両国関係がさらに高い水準になるよう、共に民主党にはいっそう大きな役割を果たす意向がある」と明らかにしたとのことだ。

 外交消息筋は「(現在の)韓国の政権が発足して3年になろうとしているのに、中国の首脳が訪韓していない事例は1991年の韓中修交以降、見当たらない。韓国政府の焦りをよく知っている中国としてはできるだけ確答を遅らせ、THAAD問題解決への圧力をかけるだろう」とした。

 しかし、中国は限韓令などのTHAAD報復措置をほぼ放置している上、最近になってTHAAD圧力の程度を高めている。このため、中国は限韓令を強化したり緩和したりしながら、「韓国を手なずける」戦略を駆使しているとの見方もある。2017年末のいわゆる「三不」誓約でTHAAD問題は解決したという韓国政府の立場がない状況だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/07/2019120780017.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















崩壊寸前のバ韓国ww 習近平が1年ぶりにTHAAD問題の解決を求めてきた!!

米中の板挟みとなっているバ韓国


大阪で開かれたG20の際に、バ韓国の文大統領と中国の習近平が会談を行っていました。

その席上で、習近平が“THAAD問題”を口にしていたようです。


中国側がこの問題に触れるのは1年ぶりとのこと。


アメリカと中国の板挟みのバ韓国に対し、この話題を持ち出すのは恫喝みたいなものでしょうwwww



北朝鮮からも軽んじられ、コウモリ外交のツケがここに来て一気に押し寄せているバ韓国。


どちらの道を選んでも、行きつく先は国の崩壊しかないでしょうね。


きゃつらの醜い断末魔なんざ聞きたくもないので、あっさりと即死してほしいものです。



在韓米軍が引き上げたタイミングで、

朝鮮半島を焦土化するのが一番手っ取り早いでしょうね。



-----------------------
韓国の“悪夢”が再び?中韓首脳会談で中国が1年ぶりにTHAADに言及

 2019年6月28日、韓国・聯合ニュースは「中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が“封印”されていた高高度防衛ミサイル(THAAD)問題に約1年ぶりに言及した」とし、「中韓関係への影響が注目される」と伝えた。 

 主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)のため大阪を訪れている韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と習主席は27日に首脳会談を行った。記事によると、会談で習主席はTHAADの韓国配備問題について「解決策を検討してほしい」との考えを示した。 

 記事は「中韓外交関係において同問題が表面化するのは約1年ぶりのこと」とし、「同問題をめぐり中韓は文大統領の就任前から激しく対立し、文大統領も解決に悩んだが、2017年10月に『全ての交流・協力を速やかに正常な状態に戻す』との内容を共同発表し、対立を封印することに事実上合意した」と説明している。 

 それにもかかわらず中国が再び同問題を持ち出した理由については「米中対立が深刻化し、韓国に対する米国の『華為制裁』への参加要求が強まっているため、THAADを圧力を掛けるためのカードとして使ったものとみられる」と分析している。また「長く続いた中国の“THAAD報復”により韓国の化粧品業界や観光業界が揺らいだことを考えると対応方法を決めるのは容易でなく、文大統領はさらに苦心するだろう」としている。同日の会談でも、習主席の発言に対して文大統領は「そのために非核化問題が解決されるべき」という「原論的な回答」をするにとどまったという。ただ、米中対立がさらに深刻化し、韓国を味方につけるための中国の圧力も強まれば「文大統領も違うカードを検討する可能性がある」と指摘している。同日の会談で文大統領は、米中貿易戦戦争をめぐり「米中は韓国にとってどちらも重要だ。まだどちらかを選択する状況ではなく、円満に解決されることを願っている」との趣旨の発言もしたという。 

 これに韓国のネットユーザーからは「貿易は貿易で安保は安保だ。THAAD報復を恐れて中国側に付いたら米国に捨てられてしまう。韓国は土地が小さいだけで国が小さいのではない。中国以外にも貿易する国はたくさんある」「下手に出る外交は駄目。いっそ中国に進出している韓国企業を全て撤収させよう」「国民のプライドを守るのも大統領の仕事だ」「北朝鮮の核を完全になくし、2度とつくれない状態にして。そうすればTHAADも不要になる。核の脅威がある中で最小限の防御策であるTHAADの配備もするなと?ただ黙って核攻撃を受けろということか?」「韓国が手をつなぐべき国は米国と日本だ」など、中国への強硬な姿勢を求める声が相次いでいる。

https://www.recordchina.co.jp/b725129-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る