韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

脱北

脱北女性、バ韓国の国防省職員にレイプされ続け2回の中絶を強制される!!!!!!!

脱北女性をレイプしまくるバ韓国塵ども


さすがバ韓国! の一言に尽きます。


脱北してきたメスを、バ韓国国防省の職員どもがレイプしまくっていた事実が判明していたのです。


情報当局の監視下に置かれたいたこのメスは一方的にレイプされ続け、

中絶を2回も強制されていたとのこと。



中絶2回ということは、相当な期間性奴隷として飼われていたことになります。




やはりバ韓国は我々人類の常識が通用する場所ではありませんね。



なにしろ、日常の挨拶と同じような感覚でレイプを行うので、

加害者側が罪の意識を感じることがありません。



こんな獣以下のきゃつらを、ヒトモドキという名称で呼ぶことすら生ぬるいですね。



バ韓国塵どものDNAにはこうした習性が刻みこまれているので、一刻も早く種の断絶を目指すべきでしょう。



-----------------------
脱北女性、韓国当局者2人に「強姦された」 中絶強制の訴えも

 韓国の情報当局者が、北朝鮮から逃げて来た女性を強姦した疑いが持ち上がっている。2人の当局者が関わり、うち1人は繰り返し女性を虐待していたとされる。

 被害にあったとされる女性の弁護士によると、女性は情報当局の男性2人の監視下に置かれていた。中絶を2回強制されたという。

 当局者の1人は中佐、もう1人は上士官で、共に停職が命じられているという。当局は調査を開始した。

 人権活動家は、脱北した女性は韓国の女性より性暴力の被害に遭いやすいと指摘している。

 ただ、経済的な事情から、被害女性は声を上げにくいとしている。

 脱北者に対しては、韓国国防省の情報当局が調査と情報収集を担当している。

 法律事務所グッド・ロイヤーズのBBCへの説明では、脱北した女性は今年になって、情報当局の男性2人が担当についた。

 この女性が酒を飲んで意識を失った際、最初の強姦被害に遭った。

 上士官には数十回、中佐からは1回強姦されたという。

https://www.bbc.com/japanese/50682565
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【異常事態】直接バ韓国入りする脱北者が急増中! その理由は……

直接バ韓国入りする脱北者が急増中


ここ最近、脱北するチョーセンチンに異変が生じているようです。

以前は、中国へ脱出した後に第三国を経てバ韓国入りするのが一般的でした。


しかし、今年になってからは直接バ韓国に来るケースが急増しているとのこと。


どうやら、中国側による脱北者の摘発が強化されたのが理由のようです。


その結果、脱北者を装ったスパイが続々とバ韓国入りしているという見方もあるようですね。




ま、我々人類からしてみれば、北も南も同じヒトモドキにしか過ぎません。

朝鮮塵同士でバンバン殺し合ってもらい、その絶対数を減らしていただきたいものです。


-----------------------
直接韓国入りする脱北者が急増、その理由は?=韓国ネット「もしかしてスパイ?」「北朝鮮はじきに滅びる」

 2017年12月21日、韓国・MBNは、中国を経由せずに陸地や海上から直接韓国に亡命する北朝鮮軍兵士が増加している理由について報じた。 

 韓国軍によると、21日午前8時ごろ、北朝鮮軍の兵士1人が韓国北部・京畿道の軍事境界線を越えて韓国側に亡命した。また、20日にも北朝鮮の住民2人が日本海で韓国海軍の船に救助を求め、亡命したことが分かっている。先月13日には、北朝鮮軍の兵士1人が板門店の共同警備区域(JSA)から韓国側に亡命し、銃撃を受ける事件も発生していた。 

 これについて、MBNは「これまでの亡命は一般的に北朝鮮から中国へ脱出した後、第3国を経て韓国に来るケースが多く、先月亡命した北朝鮮兵士や今回のケースのように陸地や海から直接韓国に入ることは非常に珍しい」と説明している。しかし、この「直接亡命」が最近になって急増していることが分かったという。今年だけでも15人に達し、昨年の3倍に増えた。全体の脱北者数が減っている中で命を懸けた「直接脱北」が増えている理由について、MBNは「金正恩(キム・ジョンウン)政権が発足した後、北朝鮮による国境の監視と中国による脱北者の摘発が強化されたため」と指摘している。 

 また、脱北の動機について、韓国軍当局は「北朝鮮体制への不満とドラマや映画により増した韓国に対するあこがれが影響している」と分析している。韓国政府が行った調査でも、最近の脱北の動機として「経済的な困難」より「体制への不満」が高い割合を占めたという。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからは「大変な思いをして韓国に来たのは分かるけど、しっかり調査してほしい」「亡命した兵士を捕まえに来たのでは?」「最近も脱北者を装ったスパイは多いから注意すべき」などと疑う声が寄せられている。 

 一方で「北朝鮮住民のほとんどが脱出を夢見ているはず。北朝鮮はじきに滅びる」「集団脱北が起こり、金正恩一家だけが残る日も近いだろう」などと予想する声や、「北朝鮮向けの拡声器放送を強化し、北朝鮮の実情を知らせよう。それが核に勝つ方法でもある」「朝鮮半島統一のためにも韓流の質をもっと高めよう」と主張する声も。 

 その他「脱北者たちが韓国に馴染めますように」「韓国での暮らしも楽ではないが、北朝鮮よりはましだろう。脱北者たちには幸せになってほしい」などと願う声も寄せられている。

http://www.recordchina.co.jp/b234501-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【朝鮮戦争再開間近か!?】板門店の北側で“塹壕”が掘り始められる!!

板門店の北側、深い溝を掘り始める


先日の北チョン兵士の脱北をうけ、

板門店で新たな動きが確認されていました。



なんと、北チョン側が“深い溝”を掘り始めたのです!!!!


車が走行できないようにするためかと思ったんですが、

なんだか“塹壕”のようにも見えますね。



開戦が間近になってきた証拠でしょうか?

なんにせよ、これでまたひとつ楽しみが増えましたwwww

-----------------------
北朝鮮、板門店に溝掘る

米国のナッパー駐韓代理大使は24日、北朝鮮兵士が13日に韓国に亡命した板門店の共同警備区域(JSA)の北朝鮮側で、労働者が深い溝を掘る様子が映った写真をツイッターに投稿した。写真は22日に撮影。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3098135
-----------------------


*塹壕(ざんごう):戦争で歩兵が砲撃や銃撃から身を守るために使う穴または溝のこと



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【お笑いバ韓国軍劇場】脱北した北チョン兵士、銃撃されてから30分もその場で放置されていた!!

バ韓国側に逃げ込んでも30分放置されたまま


11月13日に発生した板門店での北チョン兵士亡命事件。

その亡命の瞬間のカメラ映像が公開されていますが、

バ韓国軍側のとんでもない醜態も同時に分かってきました。


なんと銃撃された北チョン兵士は、

バ韓国側に到着してから30分近くも放置されていたのです!!


理由は明確で、バ韓国軍側がビビりまくって兵士に近づけなかったからというものwwww


どうせならそのまま死なせてしまうか、

救助に行って撃たれてしまえば面白かったんですがね。


なんにせよ、今回の亡命事件で朝鮮ヒトモドキが1匹も死んでいないだなんて残念で仕方ありません。



-----------------------
北朝鮮兵士亡命事件、監視カメラの映像をめぐる疑問点とは=韓国ネット「韓国軍を信じられない」「北朝鮮兵士はつらかっただろう」

 2017年11月23日、韓国・ヘラルド経済によると、南北境界・板門店のJSA(共同警備区域)で13日に発生した北朝鮮兵士亡命事件の監視カメラの映像が公開され話題を集める中、一部では「韓国軍の対応」をめぐりさまざまな疑惑が指摘されている。 

 韓国軍関係者らによると、韓国軍の説明と国連軍司令部が公開した監視カメラの映像を総合すると、北朝鮮兵士亡命事件の決定的場面は午後3時15分、31分、56分の3回。午後3時15分は北朝鮮兵士が車から降り、全力疾走で軍事境界線を越えて韓国側に入った時、31分は韓国軍が熱線観測装備(TOD)を通じて初めて銃撃で負傷した北朝鮮兵士を発見した時、56分は韓国軍の幹部3人(大隊長と副士官2人)が匍匐(ほふく)前進で近づき、北朝鮮兵士を救出した時である。 

 問題となっているのは、22日に国連軍司令部が公開した監視カメラの映像の中に新たな場面が登場したこと。重傷を負った北朝鮮兵士が韓国側にある建物の壁に寄りかかっているキャプチャー画面だが、時間は午後3時43分と記録されている。合同参謀は韓国軍が午後3時31分ごろにTODで北朝鮮兵士を発見し、56分に救出を終えたと説明していた。発見後すぐに救出を開始し、救出作業に約25分かかったということで、納得いく説明だった。しかし、監視カメラの映像で北朝鮮兵士は午後3時43分まで1人で放置されており、韓国軍は早くても43分以降に救出作業に入ったことになる。つまり、北朝鮮兵士は15時15分に北朝鮮軍の追撃組による銃撃を受けてから43分まで、最低でも28分間は放置されていたことになる。

 また、同映像が存在するにもかかわらず、国連軍司令部は救出場面だけTODの映像を公開していたが、これは「大隊長英雄説」を意識したためと考えられている。韓国では北朝鮮兵士の救出後、大隊長が「部下2人をただ見送ることはできなかった」と述べたとの報道が出て、大隊長を英雄視するムードが高まっていた。しかしその後、「録画された救出場面には大隊長の姿が映っていない」との証言が出て物議を醸していた。TODの映像には副士官2人と共に出動した大隊長が後方で援護する姿が登場する。これについて、国連軍司令部関係者は「TODで31分ごろに北朝鮮兵士を発見した後、監視カメラを回し固定させて映像を撮影した。監視カメラの43分の場面はスナップショットだ」と説明し、「今後、追加の映像を公開する考えはない」と明らかにした。 

 JSA内に北朝鮮軍の銃声が響いた午後3時15分ごろから北朝鮮兵士を発見する31分までの「16分」についての疑問も消えていない。シン・インギュ自主国防ネットワーク代表は「16分は長く感じられるが、現場では違う」とし、「突発的な状況に対応するため状況室の整理やTOD映像の監察などを同時に行うにはそのくらいの時間がかかるだろう」と指摘した。 

 この報道に、韓国のネットユーザーは「韓国軍は一体何をしていたのか」「しっかりしてほしい。銃声が聞こえたのになぜ警告射撃をしない?」「韓国軍を信じられない」「軍人たちが政権の目を気にしたのだろう。対応射撃はおろか警告放送すらしないなんて」「北朝鮮兵士が一命を取り留めたから良かったけど、正直、韓国軍の警戒には問題があった」「韓国軍を待つ間、北朝鮮兵士はどれだけつらかっただろう?」などのコメントを寄せ、不安感を募らせている。 

 一方で「結果オーライ。むやみに騒ぎ立てるのはやめよう」「軍よりもメディアの方が信頼できない」との声も上がっている。

http://www.recordchina.co.jp/b221605-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る