韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

脳梗塞

【もがき苦しんでタヒね】バ韓国で痛風患者が急増中!!!!!!!

バ韓国で痛風患者が急増中


本来中年の男性がかかる「痛風」ですが、

バ韓国では20代から30代の痛風患者が激増しているようです。



なんとこの5年間で、50パーセントも増えているとのこと。


いやぁ、素晴らしいことですね。

痛風の発作は、骨折の痛み以上とも言われているので、

もがき苦しんでいる屑チョンがアチコチに存在していることになります。


食生活が原因で痛風を発症するわけですが、

あの屑チョンどもに食生活の改善なんてできるわけがありません。


今後も着々と増え続けるのは間違いないでしょう。

痛みに耐えかねて自殺してくれる屑チョンもきっと増えてくれることでしょうねwwww



-----------------------
韓国で20-30代の痛風患者が急増、「チメク」ブームが影響か

 主に中年男性がよくかかる「痛風」が韓国の20-30代の間でも急増していることが分かった。健康保険審査評価院が27日に明らかにしたところによると、韓国の痛風診療患者は2012年の26万5065人から17年には39万5154人と約50%増えたとのことだ。患者のほとんどが男性(36万3528人)だが、特に20-30代の男性患者が5年間で急増している。20代男性患者は同期間で1万882人から1万9842人へと82%、30代男性患者は3万7965人から6万3221人へと66%増加した。40代男性患者増加率はこれより低い49%、50代は38%だった。

 専門家らは、若い層の食習慣が西欧化していることが大きいと指摘した。特にチキンを食べる時にビール(韓国語:メクチュ)を一緒に飲む「チメク」ブームも影響しているという。痛風は、尿酸と呼ばれるタンパク質の「かす」が体の中で過剰に発生し、関節や腎臓、血管などに炎症を起こす疾患だ。痛風にかかると主に足から痛みが始まり、それがひざや四肢に広がっていくが、「風に当たるだけで痛みを感じる病気」という意味から痛風という名前が付いたという説もある。

 痛風の原因物質である尿酸を発生させる主犯は酒や炭酸飲料、肉類などだ。特にビールは尿酸を誘発する「プリン体」という物質が大量に含まれており、尿酸排せつ作用を抑制して体に蓄積させる。事実、普段は特に症状がないのに、酒を飲むと発作のように痛みが発生すると訴える痛風患者が多いという。チメクを頻繁に摂取すると、それだけ痛風への悪影響が大きいということだ。高麗大学九老病院心臓内科のパク・チャンギュ教授は「運動不足やストレスなどの影響もあるだろうが、尿酸を多量に発生させるチメクを頻繁に食す現象も若い層の痛風患者急増の一因と見られる」と語った。

 痛風はきちんと治療しないと関節の変形を招き、腎臓が石のように硬くなったり、結石ができたりするなどの合併症を誘発する。痛風患者の80%は高脂血症を患っており、尿酸がたまって動脈が硬くなり、脳出血や脳梗塞などの中風(脳血管障害の後遺症)につながるケースも相当数あることが調査で分かった。高麗大学安岩病院家庭医学科のチョ・ギョンファン教授は「脂っこい食べ物を減らし、お酒を適度に飲むことで痛風を防げる」と話している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/28/2018052800962.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【除鮮バンザイ】バ韓国で睡眠障害患者が急増中! この5年間で57パーセントも増加!!!!!!

基地外しか存在していないバ韓国


バ韓国ではここ5年の間に、睡眠障害患者が57パーセントも増加しているようです。

睡眠障害は、高血圧、心不全、脳梗塞などの発病リスクを高めるとのことなので、早死にしてくれる屑チョンが増えてくれそうですねwwww



そもそも日本統治下において、屑チョンどもの平均寿命を延ばしてしまったのが最大の間違いなのです。

しかし、大いなるガイアの意思がそれを正し、元の状態に戻そうとしているのです。

この星の自浄能力ってやつにただただ感謝するばかりですね。


-----------------------
韓国の睡眠障害患者が5年で57%増…原因は?

 睡眠障害で昨年病院を訪れた人が45万人を越えた。14日、韓国国民健康保険公団によると、2010年28万9500人だった睡眠障害患者は翌年30万人を突破し、昨年は45万5900人と集計された。5年前と比較して57%以上急増した。 

 睡眠障害は単に眠れない不眠症だけでなく、夜に十分に睡眠を取ったのに昼間に耐えがたいほどの眠気をもよおすナルコレプシー、寝入りばなに足のむずむずした不快感で寝付けないむずむず脚症候群、いびき等で熟眠できない睡眠時無呼吸症などさまざまだ。 

 昨年の睡眠障害患者の60%は50代以上だった。サムスンソウル病院神経科のホン・スンボン教授は「光、騒音公害が多くなり、残業や会食などで生活が不規則になるにつれ不眠症が増加している」とし「特に、高齢者と肥満人口が増えたことで睡眠時無呼吸症も増加している」と説明した。新村(シンチョン)セブランス病院神経科のチョ・ヤンジェ教授は「睡眠障害が高血圧、心不全、脳梗塞などの発病リスクを高めるという研究が発表され、過去に比べて関心が高まったのも一因」と話した。 

 ホン教授は「普段、寝床に入って20~30分以内に寝付けなかったり、眠りに入っても頻繁に目が覚めて熟眠ができずに胸が苦しいなどの症状がある場合、また夢で見たことを行動に移したり夜眠ろうとして横になった時足がむずむずする不快感が感じたりするようなら睡眠障害が疑われるので病院で診てもらうほうがよい」と話した。

http://japanese.joins.com/article/557/214557.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る