韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


自動車

【主力産業が壊滅状態!】中国市場を失ったバ韓国の“自動車”、“造船”、“半導体”

バ韓国の主力産業は壊滅状態www


THAAD配備に端を発した中国の“限韓令”によって、バ韓国の崩壊が本格的に始まっていました。


自動車業界、造船業界、半導体産業といったバ韓国の主力産業が、

ことごとく中国での市場を失っていたのです!!


ここから挽回するのは、屑チョンがヒトに進化するより難しいでしょうなぁwwwww


まさに“危機的状況”ってやつでしょう。



でも、屑チョンどもの首を真綿で絞めるのは気持ち悪いだけですから、

さっさとトドメを刺したいものですねぇ。



-----------------------
自動車、造船、半導体…、韓国の主力産業、中国市場失い「危機的状況」

 2018年1月4日、中国メディアの「瞭望智庫」は、韓国の主力産業である自動車、造船、半導体は、中国で300日以上を「失い」危機的状況に置かれているとする記事を掲載した。 

 エネルギーの持続可能な発展に取り組む企業などでつくる国際組織「全球能源互聯網発展合作組織」経済技術研究院の高級研究員、相均泳(シアン・ジュンヨン)氏は記事で、「高高度防衛ミサイル(THAAD)危機が、中韓関係を安定させる『重し』であった経済・貿易往来に大打撃を加え、韓国経済に巨大な圧力をもたらした」と指摘し、韓国の主力産業である自動車、造船、半導体への影響について分析した。 

 記事はまず韓国の自動車産業について、16年の自動車の輸出総額は413億ドル(約4兆6700億円)に上り、輸出全体の8.3%を占め、「関連産業を含めれば、自動車産業の韓国経済に対する貢献は間違いなく巨大だ」と指摘。その上で、THAADをめぐり「中国との関係をぶち壊した」ことで、17年1〜11月の現代・起亜自動車の中国での販売台数は前年同期比38.2%減の97万台に落ち込み、加えて新エネルギー車分野において比亜迪、北汽集団、長安汽車など中国ブランドが台頭したことで、「中国市場でのシェアを奪われた」と分析した。 

 「漢江の奇跡」を代表し、以前は受注ランキングで韓国企業が世界の上位7社を独占していた造船産業については、「過去2年間で、韓国の造船会社は数十億ドルの損失を被り、従業員を解雇して延命を図ってきた」と指摘。一方、中国については、英国の造船・海運分析機関クラークソンによると、17年の船舶受注量で中国は713万CGT(標準貨物換算トン数)で首位となり、韓国は574万CGTで2位だったとした。 

 半導体産業については、韓国ではGDP全体の5%を占める主力産業であり、メモリ分野ではサムスン電子とSKハイニックスが世界シェアの3分の2をほぼ独占しているとした一方で、「中国も黄金期を迎えている」と指摘。中国政府が、14年に半導体産業の育成指針である「国家集積回路産業発展推進ガイドライン」を公表し、半導体の自給率を高めるとともに、30年までに世界トップクラスの半導体メーカーを数社育成するという目標を掲げたことで「韓国は中国を最大の脅威とみなすようになった」と論じている。

http://www.recordchina.co.jp/b383490-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国国内における自動車のアフターサービス満足度1位のメーカーは?

しょせんヒュンダイはホンダのニセモノ未満



バ韓国国内での自動車のアフターサービス満足度が調査されていたようです。

その結果、1位はホンダ、2位はトヨタと屑チョンのメーカーを凌いで高い満足度を得ていたとのこと。


ゾっとしますね。


バ韓国塵を相手にするアフターサービスだなんて。

並大抵の精神力じゃとても勤まりそうにありませんね。



当ブログの管理人である私でしたら、そんな仕事をするくらいならホームレスになったほうがマシだと感じてしまいます。


おい、屑チョンども!

日本製品の不買運動はどうしたんだよ!!



-----------------------
韓国内の自動車アフターサービス満足度、日本ブランドが1位

  ホンダ、トヨタなど日本ブランドのアフターサービス(A/S)満足度が韓国自動車市場において業界最高水準であることが分かった。 

  20日、自動車専門リサーチ機関マーケティングインサイトが今年7月に韓国内の自動車使用者10万1821人を対象に実施した「自動車の顧客満足と体験品質」によると、今年輸入車の平均アフターサービス体感満足は1000点満点中773点で韓国(792点)に遅れをとった。 

  特に、米国ブランド平均は721点と最も低かったほか、最近輸入車市場で半分以上を越える販売高を上げて独走している欧州ブランドの平均も762点で調査された。 

  半面、日本ブランドの平均は817点で韓国平均を上回った。ブランド別アフターサービス満足度順位をみても、ホンダ(831点)、トヨタ(829点)、ルノーサムスン(816点)、韓国GM(816点)、レクサス(814点)の順で、日本ブランドが上位圏に多く食い込んでいる。 

  日本車のアフターサービス満足度は、該当調査が始まった2002年以降、過去13年間1位を守り続けてきた。半面、欧州車のアフターサービス満足度平均は、2009年まで国産車を先んじていたものの2010年には逆転し、輸入車市場が大きくなるにつれて韓国車とのアフターサービス満足度格差もあわせて拡大していると同機関は明らかにした。

http://japanese.joins.com/article/006/193006.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








「ウリは32カ月連続で貿易黒字を計上しているニダ!」、実態が酷すぎて笑えないレベルwwwwwwwwww

ゴミ鉄屑を輸出しているバ韓国




しょせん屑チョンどもの発表している数字ですから信用する価値はゼロですが……。

バ韓国では今年9月まで32カ月連続の貿易黒字を計上しているんだとか。




しかし、自動車と自動車部品の輸出黒字を除くと、昨年時点で194億ドルの赤字になるとのこと。

194億ウォンじゃないですよ、194億ドルです!!



その自動車部分も、世界中に広がる嫌韓感情とともに目減りするでしょうし、大規模なリコールがいつ発生してもおかしくありません。




もうとっくに国として終わっているのに本当に見苦しいものです。



いっそここは介錯してやったほうがいいかもしれませんね。



どのみち醜い断末魔を聞くことになりますが、長々と生き延びられるよりは遥かにマシでしょう。



-----------------------
輸出減:自動車除けば赤字、韓国経済の構造的問題が露呈

 ロッテケミカル、Sオイルなどパラキシレン(PX)を生産する韓国の石油化学メーカーは、今年に入り非常事態を迎えた。中国産のパラキシレンで市場が供給過剰に陥ったからだ。

 中国企業はこれまで韓国から輸入したPXを中間財として利用し、合成繊維(ポリエステル)の原料である高純度テレフタル酸(PTA)を生産し、世界市場向けに衣料を輸出してきた。

 しかし、中国産PXが供給過剰となり、韓国産PXの輸入が減少し始めた。今年1-8月のPXの対中輸出は25億ドルにとどまり、前年同期を11%も下回った。

 韓国貿易協会によると、今年1-7月の対中中間財輸出は前年同期比0.6%増にとどまった。中国企業が自力で中間財を生産し始めたため、韓国が中間財や部品を中国に輸出し、中国企業がそれを加工して最終製品を欧米などに輸出するという貿易モデルは限界に達した。韓国の対中輸出は今年5-8月に4カ月連続で前年実績を下回った。

■品目と地域に偏り

 表面的には今年9月まで32カ月連続の貿易黒字を計上している韓国だが、中をのぞくと不安感が高まっている。韓国の輸出が特定の品目や地域に偏り過ぎているという構造的な問題が露見しつつある。

 韓国の輸出は自動車と自動車部品の黒字を除くと、貿易収支は昨年時点で194億ドルの赤字となる。地域的にも対中貿易を除けば187億ドルの赤字だ。

 このため、主力製品と主な輸出先が揺らげば、輸出全体がぐらつく構造だ。韓国貿易協会のクォン・ドハ中国室長は「昨年の韓国の対中輸出に占める加工貿易向け輸出の割合は48%で、ライバルの日本(35%)、香港(36%)をはるかに上回り、米国(14.5%)に比べると3倍以上高い」と指摘した。

 2010年に148億ドルの黒字だった対EU貿易も昨年は73億ドルの赤字に転落。今年1-8月も55億ドルの赤字となっている。対外経済政策研究院のソ・ジンギョ貿易通商室長は「対EU輸出には造船業が大きな役割を果たしているが、財政危機から脱却できない欧州では船舶の発注が少なく、影響を受けた」と分析した。

■主力産業の競争力も低下

 主力産業の競争力が低下しつつあることはさらに根本的な問題だ。スマートフォン、自動車など主力輸出業種も中国製の低価格スマートフォンによる攻勢や現代自動車のストライキなどで、ウォン高の壁を乗り越える原動力を失っている。

 今年1-9月の無線通信機器(スマートフォンなど)の輸出はドルベースで11.2%増えたが、ウォンベースでは5%の伸びにとどまった。自動車はドルベースで3.5%増だったが、ウォンベースでは2%減少した。

 延世大の成太胤(ソン・テユン)教授は「ウォン高でドル建ての輸出が増えているように見えるが、これを見誤った政策を取ってはならない。競争力を強化し、対中輸出を最終消費者を狙う方向へと転換すべきだ」と述べた。現代経済研究院のイ・ジュンヒョプ経済動向分析室長は「円安よりもスマートフォンなど主力輸出製品の競争力低下が韓国の輸出にとって重大な問題だ。手遅れになる前に輸出競争力を回復できる方策を探るべきだ」と訴えた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/15/2014101500889.html?ent_rank_news
-----------------------


バ韓国の大学教授が、「手遅れになる前に輸出競争力を回復できる方策を探るべきだ」と訴えているようですね。


もう手遅れとかのレベルじゃないでしょう。後はいかに死ぬかだけの問題です。





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る