韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

自動車

ついに連鎖倒産スタート! バ韓国の自動車部品メーカーが相次いで廃業危機に!!

バ韓国で自動車部品メーカーの連鎖倒産の恐れ


バ韓国の自動車業界がいよいよ崩壊し始めたようです。


大手の自動車部品メーカーが相次いで法定管理下に入り、

それが連鎖倒産を引き起こすきっかけになると見られているとのこと。



造船業界も同じようなものですが、これでまた大量の失業者が世に放たれるわけですねwwwwwww



失業者製造マシーンと化しているバ韓国の文大統領。


現在、もっともバ韓国塵を苦しめているのは文大統領に間違いないでしょうね。


もっともっと屑チョンどもが苦しむように、彼には末永く大統領の座に就いていてほしいものです。



-----------------------
これ以上は耐えられない…韓国自動車部品業界に「連鎖倒産」の恐怖

 韓国の自動車産業を支えてきた部品メーカーなどが連鎖倒産の恐怖に包まれている。現代自動車の1次協力会社であるリハンがワークアウト(企業改善プログラム)に追い込まれたのに続き中堅部品メーカーのダイナメックが最近法定管理(企業再建手続き)を申請するなど大型部品メーカーが相次いで倒れている。自動車産業生態系が根元から揺らいでいるという懸念が大きくなっている。 

 4日の業界によると中堅自動車部品メーカーのダイナメックは先月末にソウル破産裁判所に法定管理を申請した。大田(テジョン)に本社を置くこの会社はブレーキピストンとギアなどを現代・起亜自動車、BMW、フォルクスワーゲンなどの自動車メーカーに納品している。昨年の売り上げは1161億ウォン、従業員は274人だ。 

 業界ではリハンに続いでダイナメックが窮地に立たされたことで自動車部品メーカーの「ドミノ倒産」が始まったのではないかと心配している。現代自動車のまた別の1次協力会社であるクンムン産業は法定管理の審査を受けており、韓国GMの1次協力会社のイーウォンソリューテックはすでに法定管理に入った。 

 「赤字の泥沼」に陥った部品メーカーも続出している。韓国経済新聞が上場部品メーカー82社の上半期実績を全数調査した結果30.5%の25社が赤字を出していた。63.4%の52社は昨年上半期より売り上げが減り成長エンジンまで消えつつあると分析された。昨年の中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)報復に続き今年初め韓国GMの群山(クンサン)工場閉鎖まで続き1年以上苦しんできた後遺症が本格的に現れているという見方だ。業界関係者は「廃業危機に追いやられた2次・3次協力会社がどれだけに上るのか把握することすら難しい」と話している。

https://japanese.joins.com/article/775/244775.html?servcode=300&sectcode=320&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















大変ニダ!! 日本とEUの経済連携協定でバ韓国が大打撃を受けるニダ!! 全部日本が悪いニダ!!!

紙装甲のバ韓国車www


日本とEUの間で経済連携協定(EPA)が発効されたら、バ韓国の自動車業が大打撃を受けるとして屑チョンどもが恐れおののいているようです。


本当に馬鹿な連中ですねぇ。



バ韓国の自動車業が衰退しているのは外的要因より、くず鉄同然の性能の低い車しか造れないからだということを理解していないようですねwwww



ま、実に屑チョンらしい責任転嫁とも言えるでしょう。


第三者を悪者に仕立てあげて攻撃し続けることでしか、精神の均衡を保てないバ韓国塵どもwwwwww


やはり脳みその構造が我々人類とは全く別物のようですね。


-----------------------
韓国貿易協会「日EUが経済連帯をむすべば韓国自動車輸出に打撃」

 日本・欧州連合(EU)経済連携協定(EPA)が来年発効されれば、韓国の自動車および自動車部品、機械、化学製品など対EU輸出が打撃を受けるとの懸念が提起された。 

 韓国貿易協会通商支援団が21日に発表した報告書「日EU・EPAが我々の対EU輸出に及ぼす影響および示唆点」によると、日欧EPAが発効された場合、日本製品99%の関税が即時または順次撤廃され、これまでEU市場で無関税の恩恵を受けてきた韓国製品の輸出が不利になるものとみられる。韓国は2011年に韓EU自由貿易協定(FTA)の発効でEU輸出時に一部製品の関税が免除されている。 

 特に、韓国主力輸出品目である自動車および自動車部品に及ぶ影響は大きいものと予想される。EUが日本産乗用車に課している10%の関税は、EPA発効後は7年かけて完全に撤廃され、自動車部品の関税に関しては即時撤廃される。ただし、韓日とも欧州現地工場で生産する車両が多いため直接的な影響は限定的になるだろうとの分析もある。 

 報告書は「日本は米国の保護貿易主義に対応するために日欧EPAと並行して、太平洋沿岸10カ国と『包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)』の発効にも注力している」としながら「我が国も輸出市場を多角化する一方でグローバル保護貿易主義に対処するためにCPTPPへの参加について検討が必要だ」と提言した。

http://japanese.joins.com/article/238/244238.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国の爆発スマホ】今度はオーストリアで発火!! サムスンの隠ぺい工作が明らかに!!!!!!!

世界各国で発火しているバ韓国製のスマホ


今度はオーストリアで、サムスンのスマホが発火していました!!

車内に置いていたスマホが発火したため、車内の大部分が焼失してしまったようです。


この事故を受け、サムスンは、


「今回の発火はこれまでのバッテリー事故と状況が違うニダ!」

スマートフォンが自然発火するはずはないが、原因について速やかに調査するニダ!


と発表しています。



さらに!!


スマホの持ち主に対し、


「燃えたスマホや車の写真を公開しないでほしいニダ!」

「今回の事故を秘密にしてほしいニダ!」

「お詫びに新しいスマホを提供するニダ」


……と交渉してきたとのこと。



いやぁ、ふざけた話ですね。

車を弁償するのではなく、スマホを提供して済まそうとするだなんてwwwwwww




近頃バ韓国で多発している自動車発火事故も、

案外サムスンのスマホのせいなのかもしれませんねwwwwww




-----------------------
サムスンのスマホが自然発火、新品で弁償申し出るも断られる―豪州

 2018年8月11日、新京報は、オーストラリアでサムスンのスマートフォンが自然発火し、自動車が燃える事故が発生したと伝えた。

 記事によると、オーストラリアのダーウィンで9日、男性の使用していたサムスンのスマートフォンが自然発火した。男性は、涼しい日陰に自動車を止め、スマートフォンを助手席に置いて上に本を1冊乗せていたという。その後、スマートフォンは自然発火し、車内の多くの部分が焼失してしまった。

 男性が使用していたのはサムスンの「Galaxy Core Prime」で、2年前に購入したものだという。記事は、16年にサムスンは別の機種である「Galaxy Note7」が自然発火するとして大規模なリコールを行っていたことや、今年7月中旬には新機種の「Galaxy S9」が、米国で煙を出す事故を起こしていたと紹介している。

 記事によると、サムスン側は、今回の発火はこれまでのバッテリー事故と状況が異なり、スマートフォンが自然発火するはずはないが、原因について速やかに調査するとしているという。

 スマートフォンの持ち主の男性は、サムスンへ連絡した際に「(発火の状況の)写真を公にしないでもらえないか、秘密にしてもらえないかと持ちかけられた。そして、新しいスマートフォンを提供するとさえ言ってきたが、断った」と語っている。

 これに対し、中国のネットユーザーから「サムスンは新機種を発表するたびにこの種のニュースが出るような気がする」「燃えただけで爆発はしなかったのか」「サムスンはもうおしまいだな」「ファーウェイのスマホを買った方がいいと思うよ」などのコメントが寄せられた。

 また、「自動車が燃えているのにスマホ1台で弁償なんて、カスタマーサービスはおかしいんじゃないか?」というユーザーがいたが、「自動車を弁償するよりはスマホを弁償した方が安いからな」という意見もあり、いずれにしてもサムスンの対応に疑問を感じたユーザーが多いようだった。

https://this.kiji.is/401537746331665505
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【主力産業が壊滅状態!】中国市場を失ったバ韓国の“自動車”、“造船”、“半導体”

バ韓国の主力産業は壊滅状態www


THAAD配備に端を発した中国の“限韓令”によって、バ韓国の崩壊が本格的に始まっていました。


自動車業界、造船業界、半導体産業といったバ韓国の主力産業が、

ことごとく中国での市場を失っていたのです!!


ここから挽回するのは、屑チョンがヒトに進化するより難しいでしょうなぁwwwww


まさに“危機的状況”ってやつでしょう。



でも、屑チョンどもの首を真綿で絞めるのは気持ち悪いだけですから、

さっさとトドメを刺したいものですねぇ。



-----------------------
自動車、造船、半導体…、韓国の主力産業、中国市場失い「危機的状況」

 2018年1月4日、中国メディアの「瞭望智庫」は、韓国の主力産業である自動車、造船、半導体は、中国で300日以上を「失い」危機的状況に置かれているとする記事を掲載した。 

 エネルギーの持続可能な発展に取り組む企業などでつくる国際組織「全球能源互聯網発展合作組織」経済技術研究院の高級研究員、相均泳(シアン・ジュンヨン)氏は記事で、「高高度防衛ミサイル(THAAD)危機が、中韓関係を安定させる『重し』であった経済・貿易往来に大打撃を加え、韓国経済に巨大な圧力をもたらした」と指摘し、韓国の主力産業である自動車、造船、半導体への影響について分析した。 

 記事はまず韓国の自動車産業について、16年の自動車の輸出総額は413億ドル(約4兆6700億円)に上り、輸出全体の8.3%を占め、「関連産業を含めれば、自動車産業の韓国経済に対する貢献は間違いなく巨大だ」と指摘。その上で、THAADをめぐり「中国との関係をぶち壊した」ことで、17年1〜11月の現代・起亜自動車の中国での販売台数は前年同期比38.2%減の97万台に落ち込み、加えて新エネルギー車分野において比亜迪、北汽集団、長安汽車など中国ブランドが台頭したことで、「中国市場でのシェアを奪われた」と分析した。 

 「漢江の奇跡」を代表し、以前は受注ランキングで韓国企業が世界の上位7社を独占していた造船産業については、「過去2年間で、韓国の造船会社は数十億ドルの損失を被り、従業員を解雇して延命を図ってきた」と指摘。一方、中国については、英国の造船・海運分析機関クラークソンによると、17年の船舶受注量で中国は713万CGT(標準貨物換算トン数)で首位となり、韓国は574万CGTで2位だったとした。 

 半導体産業については、韓国ではGDP全体の5%を占める主力産業であり、メモリ分野ではサムスン電子とSKハイニックスが世界シェアの3分の2をほぼ独占しているとした一方で、「中国も黄金期を迎えている」と指摘。中国政府が、14年に半導体産業の育成指針である「国家集積回路産業発展推進ガイドライン」を公表し、半導体の自給率を高めるとともに、30年までに世界トップクラスの半導体メーカーを数社育成するという目標を掲げたことで「韓国は中国を最大の脅威とみなすようになった」と論じている。

http://www.recordchina.co.jp/b383490-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る