韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

自動車業界

【バ韓国経済】自動車生産、輸出、販売すべて前年同月比2桁減!!!!!!!

ストライキするバ韓国・現代自動車の労働者ども


バ韓国の自動車業界の転落が止まらないようです。

9月の自動車生産・輸出・国内販売はすべて減少率が2けたを越えていたのです!!


それなのに、労使団体は「もっと給料寄こせ」の一点張りwwwwww


本当に頭の悪い連中ですね。



ちなみに、産業通商資源部は、


10月は生産・輸出とも昨年比で2けた増加が可能ニダ!


と発表しているようです。


どうやら自分たちが半分死んでいることにまだ気づいていないようですね。


一刻も早く完全に死んでいただき、朝鮮ヒトモドキの棲息数を激減させたいものです。


もちろん、最終目標は汚れたDNAの完全なる駆逐ですが。




-----------------------
韓国9月自動車生産29万1971台=前月比18%減

 秋夕(中秋節=今年は9月24日)をはさんだ連休(22-26日)があったため、9月の自動車生産・輸出・国内販売はすべて減少率が2けたを記録した。2016年から始まった自動車産業の不振が続いているということだ。

 産業通商資源部(省に相当)が12日に発表した9月の国内自動車産業月間動向によると、生産は29万1971台で、前年同月比18.2%減だったとのことだ。輸出は18万3964台で18.4%、国内販売は12万7753台で17.3%減少した。9月は操業日数が昨年より4日少なく、現代自動車など主要自動車メーカーが労使団体交渉妥結を名目に一日多く休んだためと見られる。

 輸出は、欧州の一部地域を除き、北米(-14%)、欧州連合(EU)(-32.7%)、中東(-44%)、中南米(-22.4%)など全地域で不振だった。メーカー別でも現代自動車(-0.8%)、起亜自動車(-28.1%)、韓国GM(-11.9%)、双竜自動車(-23.8%)など、すべて昨年9月より減少した。完成車メーカーの不振により、自動車部品輸出も一部の欧州の国やアフリカを除いた全地域で不振に陥り、昨年比18.2%減の17億6000万ドル(約1974億円)にとどまった。エコカーは、電気自動車の販売は増えたが、ハイブリッド車が減少したため、販売台数は8.0%減の8722台だった。エコカーの輸出も22.3%少ない1万3770台となっている。

 今年1月から9月までの輸出は176万2923台で、前年同期間比で9.3%減少し、金額は292億5000万ドル(約3兆2807億円)と8%減った。自動車生産は8.4%、国内販売は1.2%減少した。

 産業通商資源部は「ストライキなどの変数がなければ、10月は生産・輸出とも昨年比で2けた増加が可能だろう。10-12月期も前年同期比で生産・輸出とも増えると予想される」と話している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/13/2018101300445.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国自動車業界】ついに限界!!!! ドミノ倒産まで秒読み段階に!

バ韓国の自動車業界、ドミノ倒産まで秒読み


バ韓国の自動車業界がいよいよ崖っぷちのようです。

海外はおろか国内でも売り上げ台数が激減しているので、当然の結果なんですが……。



さらに最低賃金の引上げがトドメとなり、部品メーカーを巻き込んだドミノ倒産が目前とのこと。


半導体の需要も減り、自動車業界もズタボロのバ韓国wwwww



せっかく崖っぷちに立ってくれているのですから、ここは是非とも背中を押してあげたいところです。


今以上に非韓三原則を世界中に知らしめたいものですね。



-----------------------
韓国の自動車産業、崩壊すれば衝撃はメガトン級

 9月20日、京畿道金浦市にある自動車部品メーカーS社のオフィスを訪れると、半分が空いていた。現代・起亜自動車の2次下請け業者で、銅塔産業勲章(2003年)、500万ドル輸出トロフィー(14年)などを受賞した同社は今年7月に破産した。従業員は「事務職と役員の大半は会社を去った。数カ月月給が支払われていないが、それでももしかして何とかなるのではという思いで、一部の従業員が残り、工場を稼働させている」と話した。

 仁川市富平区、全羅北道群山市に自動車部品工場を置いていた年商1000億ウォン台のA社は、韓国GM群山工場が今年2月に閉鎖手続きに入ると、自社の群山工場も閉鎖した。今年上半期の売り上げは半減し、営業損益は赤字に転落した。900人いた従業員は30%削減し、600人前後となった。A社代表は「自動車製造業を40年営んできた。苦しくても希望があれば研究開発投資をしてきたが、今は希望が見えない」と話した。

 韓国の自動車産業全体が揺らぎ、部品メーカーが立ち行かなくなっている。自動車産業の直接雇用規模は39万人で、造船業(12万8000人)の3倍に達する。自動車製造業は16-17年に直接雇用40万人を維持してきた。従業員1人が4人家族だとして、160万人の生計を支えてきたことになる。しかし、雇用人数は今年初めから毎月1000人、2000人のペースで減少し、8月には39万1000人まで落ち込んだ。韓国GMの危機で退職した約2700人をはじめ、中小企業でその2倍の失業者が生まれたことを示している。韓国の自動車メーカー5社が1日発表した9月の経営実績も深刻だ。国内販売台数は前年同月比17.5%減の11万130台、輸出は6.5%減の56万8320台にとどまった。

(中略)

■造船業の二の舞いに

 特定のメーカーへの納品に依存する従属構造がドミノ倒産の危機を呼んでいるとの指摘もある。ドイツ、日本など海外の部品メーカーは納品先を多角化しており、危機で大きく揺らぐことはないが、完成車メーカー1-2社に依存する韓国の部品メーカーは大きな打撃を受けるからだ。産業研究院のイ・ハング上級研究委員は「一部の部品メーカーは、競争力を高め、輸出を多角化しているが、大多数の2次、3次下請け部品メーカーは単独ではやっていけない。輸出競争力を高める政策が必要だ」と分析した。

 専門家は合併・買収への誘導、研究開発投資支援など先手の産業構造再編も必要だと説く。現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「造船業は先手の構造調整を行わなかったために滅んでしまった。自動車もあまりに多くの企業が過当競争している。民間が自発的に構造調整をリードし、未来カーに備えた競争力を備えることができるように支援すべきだ」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/02/2018100200768.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















止まらない悪循環wwww バ韓国自動車業界、下請け会社が続々と倒産中!!

バ韓国の自動車業界が崩壊寸前


国外では当然として、国内でも売れ行き不振となっているバ韓国の自動車業界。

バ韓国クオリティの実態が広く知れ渡ってきているので、今後もバ韓国の自動車業界が浮上するこは100パーセントないでしょう。


こうした影響を受け、バ韓国自動車業界の下請け会社が次々に倒産しているようです。


こんな状況なのに、最低賃金を上げれば経済が好転すると思っているとは……。


本当に文大統領って素晴らしいリーダーですなぁwwww



-----------------------
韓国自動車業界に激震、下請け会社の倒産相次ぐ

 現代・起亜自動車の2次下請け会社で年商1000億ウォン(約100億円)のエナインダストリー(慶尚北道慶山市)が7月12日、不渡り手形を出した。同社はゴム部品などを生産し、年間30億ウォンの営業利益を上げていた。しかし、韓国の自動車生産が2年連続で不振となり、昨年は売上高が832億ウォンに急減し、8億ウォンの赤字を出した。その後数カ月間にわたり月給を支払えず、結局は法定管理(会社更生法適用に相当)を申請した。1800億ウォンの売上高を上げていた現代・起亜自動車の1次下請け業者、リハンも先月、韓国産業銀行にワークアウト(金融機関主導の経営再建)を申請した。

 慶山市にある別の2次下請け会社A社は昨年4月、プラスチック部品を作る金型230セット余りのうち150セットを納品元の1次下請け会社に返納した。同時に生産職36人のうち40%に相当する14人を解雇した。過去7年間にわたり、売上高の15%に相当する10億ウォン台の赤字を出しながら、何とか持ちこたえてきたが、今年になって最低賃金が前年比16.4%上昇したことでお手上げになった。

 韓国製造業の寵児である自動車産業が根底から揺らいでいる。韓国の自動車の輸出、国内販売の同時不振が2年続き、自動車メーカー5社の1次下請け会社800社、2次・3次下請け会社8000社余りから悲鳴が上がっている。1次下請け会社のうち、上場50社の財務諸表を見ると、23社が今年1~3月に赤字に転落した。

 産業研究院で30年間にわたり自動車産業を研究してきたイ・ハング上級研究委員は「中堅下請け企業が経営不振で崩壊するのは1998年の通貨危機以来初めてだ。2008年の金融危機にも耐えた自動車業界の生態系は業況不振、人件費上昇、貿易戦争が重なり、根底から崩壊している」と述べた。

(中略)

 延世大の延康欽(ヨン・ガンフム)教授(経営学)は「製造業のうち最も労働集約的な自動車産業が崩壊すれば、韓国経済全体が深刻な打撃を受ける。外部環境が最悪な状況で、労組と規制に縛られ、生産性がさらに低下しており心配だ」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/27/2018072701927.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る