韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

自宅

【地獄絵図www】自宅にいてもコロナ感染!? バ韓国の集合住宅で集団感染!!

バ韓国塵はゲイコロナで滅ぶべき


ゲイコロナが大活躍しているバ韓国。


最近は、マンションなどの集合住宅での集団感染が相次いでいるようですwwww


まさに地獄絵図ですね。


密集を避けて自宅にいても、感染の危機にさらされ続けるとはwwww



ま、屑チョンどもには衛生という概念が存在していないので、当然の結果でしょう。



糞尿の飛沫が飛び交う台所、天井で剥き出しになっている汚物の処理パイプ、大腸菌まみれの水道水……。



ヒトモドキにしか住めない国だということがよく分かります。






マンション内で感染者リンチにも期待できそうです。


害獣同士で盛大に殺し合ってほしいものですね。



-----------------------
韓国の新規コロナ感染者48人に減る 一方で新たな集団感染も

 韓国の中央防疫対策本部は6日、この日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から48人増え、計1万3137人になったと発表した。新規感染者数はそれまでの3日間の60人台に比べると減ったが、首都圏と中部・大田市、南西部・光州市を中心に感染確認が続いている上、首都圏の中では比較的落ち着いていた仁川市で小規模な集団感染が起きた。死者は前日から1人増え計284人となった。

 1日当たりの新規感染者数は3日と4日にそれぞれ63人、5日に61人と、連続で60人を上回っていたが、この日は48人に減った。

 このうち24人が市中感染だった。地域別にはソウル市が2人、京畿道が5人、仁川市が5人と、首都圏が全体の半数の12人を占めた。近ごろ感染者が増えている光州市は7人、大田市は2人。このほか、全羅南道が2人、忠清南道が1人だった。

 首都圏をみると、ソウル市内の教会や京畿道議政府市のマンションなどの集団感染に連鎖した感染確認が続いている。また、仁川市で新たに、健康食品の販売説明会に出席した50~60代の4人が陽性と判明した。

 光州市では寺院の集団感染が集合住宅や教会、福祉施設などへと広がっており、感染者は計80人を超えた。大田市では訪問販売事業者の集団感染のほかに、市内の医院に関連する感染者が前日までに9人発生した。

 新規感染者のうち24人は海外からの入国者だった。15人は入国時の検疫で感染が確認され、9人は入国後の自主隔離中に感染が判明した。海外入国者の新規感染は、先月26日から11日連続で10人以上となっている。

 中央防疫対策本部は、毎日午前10時に同0時時点の新型コロナ感染者数を発表している。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200706001600882?section=news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















今さら何の応援? 前バ韓国大統領・パククネ婆の自宅周辺にバラと応援メッセージが!

パククネ婆の支持派はキチガイだらけ


パククネ婆の自宅周辺に薔薇が飾られる


今さらパククネ婆を応援して何の意味が?


大統領府から追い出され、自宅に引きこもり中のパククネ婆。

後は、投獄されるのを待つだけの身ですが……。



そんな婆の自宅周辺には、支持者によってバラやメッセージが飾られているようです。


いったい今から何を応援するというのでしょうね?


生産性の無いことに精を出すのが屑チョンの性分というヤツなのでしょう。



-----------------------
朴前大統領を応援するバラ

 16日、ソウル市江南区三成洞にある朴槿恵(パク・クネ)前大統領の自宅の塀には、朴前大統領を応援するバラやメッセージが貼られていた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/16/2017031601064.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る