韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


自殺

【崩壊まっしぐら!】バ韓国・20代の失業期間が過去最長を更新中!!!!!!!!!

バ韓国の失業率は悪化の一方


昨年のバ韓国の若者における『失業期間』が過去最長を記録していたようです。


いやぁ、いい傾向ですね。

文在寅政権になっても、バ韓国は崩壊への道をまっしぐらといった感じですwwww


それどころか、パククネ婆の時よりも加速していると言えるでしょう。


これから先もバ韓国経済は決して好転しないので、

未来を悲観してどんどん自殺していただきたいものです。


老い先短い老害ではなく、20代の若い屑チョンが自殺してくれたほうがモアベターですなwwwwww


-----------------------
韓国若者の苦痛はいつまで続く?昨年の失業期間が過去最長を記録=韓国ネットから不安の声

 2018年2月20日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で昨年、20代の失業者の平均求職期間が3カ月を超え、過去最長記録を更新した。 

 韓国統計庁によると、昨年の20代の失業者の平均求職期間は2016年(3.0カ月)より0.1カ月増加し、3.1カ月となった。これは関連統計が集計され始めた2000年以降で最長となる。また、大学卒業生が集中する20代後半の平均求職期間は3.4カ月となり、20代の平均をさらに上回ったという。 

 20代以外の年齢層の失業者の平均求職期間は、15〜19歳で2.1カ月、30代で3.3カ月、40代で3.3カ月、50代で3.0カ月、60歳以上で2.7カ月だった。全年齢の平均求職期間は前年より0.1〜0.3カ月増加したが、昨年に過去最長を記録したのは20代だけだった。 

 統計庁の関係者は「求職期間が長くなったのは、昨年の状況が良くなかった若者の雇用状況を反映したものとみられる」と述べた。また、延世(ヨンセ)大経済学部のソン・テユン教授は「求職期間が増えるのは正規職・非正規職間の労働市場の二重構造の問題が原因の一つ」とし、「景気が良い時は大丈夫だが、景気が良くない時は労働市場の構造問題が浮き彫りになる傾向がある」と分析している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「文在寅(ムン・ジェイン)政権になってから悪い統計結果が続いている」「エンゲル係数も失業期間も増えた」「20代が支持した文政権だが、その中で20代が苦しんでいる」「今は失業期間の問題より、就職先がないことの方が問題」など現政権への否定的な声が寄せられた。 

 一方で「同じ20代として共に頑張ろう。雨の日もあれば晴れる日も来る」と前向きな声も見られる。 

 その他、「福祉ポピュリズムの韓国政治の実態を見た」と指摘するコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b568197-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【GJ!】仮想通貨の暴落でバ韓国塵大学生が自殺!

仮想通貨の下落でバ韓国塵が自殺


バ韓国の大学生1匹が自殺していました。


その理由は、

仮想通貨の投資に失敗したというものwwwww


2000万ウォンがなくなり、うつ病になっていたようです。


いやぁ、仮想通貨サマサマですなぁ。


この調子で100万匹単位の屑チョンが死んでくれれば言う事無しです。


似たような自殺が激増してくれることを期待したいものですねwwwww



-----------------------
韓国の大学生、仮想通貨投資に失敗し自殺、一時は10倍に高騰も―中国メディア

 2018年2月2日、中国メディアの鳳凰網は、韓国メディアの報道を引用し、韓国で仮想通貨の暴落をきっかけに男子大学生が自殺するという事件が起きたと伝えている。 

 韓国・聯合ニュースによると、自殺したのは釜山市に住むソウル大2年生で、2000万ウォン(約200万円)を元手に仮想通貨に投資していた。仮想通貨の価値は一時10倍の2億ウォン(約2000万円)にまで高騰し、多額の含み益があった。だが昨年末の暴落で利益ばかりか元手まで全てなくしてしまい、うつ病になっていたという。 

 大学を休学して実家に戻り、精神科にかかり抗うつ薬を服用するなど治療を続けていた。だが先月31日、母親が男性の自室で遺体を見つけた。警察は仮想通貨以外にも自殺の原因がなかったか調べている。 

 韓国は、ビットコインだけでも所有者が100万人の上るほどの仮想通貨取引大国だ。仮想通貨をきっかけに自殺した例はこれが初めてだが、同様の事例は今後も起きるのではないかとの声もあるという。

http://www.recordchina.co.jp/b566171-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【もはや国民病】またもバ韓流スターが自殺!! 原因は今度も“うつ病”!!

またバ韓流スターが自殺!


またしてもバ韓国の芸能塵が自殺してましたwwwww




今度も原因はうつ病とのこと。



もはやうつ病はバ韓国の国民病といっても過言ではないでしょう。

なにしろ、あの国にはストレスの元しか存在していないんですからwwww


レミングの死の行進よろしく、

そろそろ屑チョンどもも民族まるごと死んでくれないものですかねぇ。


我々の手を汚さずに済むので、それが一番望ましいのですが……。



-----------------------
SHINeeメンバーに続きハ・ジウォン弟も死去、韓国芸能界に潜む“うつ病の闇”に注目集まる

 2018年1月22日、韓国経済によると、韓国女優ハ・ジウォンの弟で俳優のチョン・テスさんが21日に死去した。チョンさんはうつ病を患っていたという。韓国では先月にも、うつ病に苦しんでいた人気アイドルグループ「SHINee」のメンバーの突然の訃報が波紋を広げていたことから、芸能界に潜む暗い“闇”に注目が集まっている。 

 SHINeeのメンバー・ジョンヒョンさんは先月18日午後、ソウル市内のアパートで倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。ジョンヒョンさんが残した遺書には「僕は内側から壊れた」「お疲れさま、大変だったねと言ってほしい」などと記されていた。 

 ジョンヒョンさんの突然の訃報で韓国芸能界が深い悲しみに包まれる中、21日にはチョン・テスさんがうつ病が原因で死去した。チョンさんは数々の人気ドラマに出演し、着実に人気と実力を積み重ねてきた。チョンさんの所属事務所は「うつ病の治療中だったが、最近は症状が回復し、俳優として復帰する計画を具体的に議論していた」と説明し、「突然の悲報を受け、遺族や知人は悲痛の中で故人を哀悼している」と伝えた。チョンさんは人気女優ハ・ジウォンの弟としても知られていた。弟の死を受け、ハ・ジウォンは22日のスケジュールを全てキャンセルした。 

 若いスターの相次ぐ訃報を受け、韓国では「華やかな芸能界の裏に潜むうつ病の闇」に注目が集まっているという。ネット上には「うつ病は本当に恐ろしい病気だ」「過去にうつ病を患っていたが、とてもしんどかった」「一般人より孤独を感じやすい芸能人はうつ病を抱えて生きていくしかないのだろう」「韓国社会は毎日が戦争のよう」「まだ若いのだし、もう少し頑張ってほしかった」「うつ病は心の病気。それぞれのストレス解消法を見つけ、向き合っていくしかない」など多くのコメントが寄せられている。 

 うつ病は意欲低下や抑うつ気分が主な症状で、多様な精神的・身体的な症状を引き起こして日常生活に支障をきたす病気。患った人の多くが専門家の治療を受けず、1人で苦しむケースが多いことも分かっている。 

 韓国経済は「取り返しのつかない選択をするスターたちが増えているが、実はうつ病は適切な治療を受ければ回復する可能性が高く、正常な日常生活を送れるようになる」とし、「専門家に相談し、早めに対応することが大切」と指摘している。

http://www.recordchina.co.jp/b560539-s0-c70.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【朗報】バ韓国の30代は“集団うつ”状態!! 夢も希望もなく、できるのは自殺のみwwww

自殺はバ韓国塵にできる数少ない善行


最近行われた調査によると、

バ韓国の30代は“集団うつ”状態になっているようです。



現在の生活に悲観していて、将来への希望もゼロなのですから、

当然といえば当然ですねwwwww




この集団うつが全世代に広がり、どんどん集団自殺していただきたいものです。


バ韓国には何の未来もないので、放っておいてもそうなることでしょうけどwwww



-----------------------
韓国の30代は「集団うつ」状態? 現在だけでなく、未来に対しても悲観的=中国メディア

 中国メディア・環球網は8日、韓国の民間研究機関が実施した調査で、韓国の30代が「集団うつ」に近い状況になっていることが明らかになったとする、韓国メディアの報道を伝えた。

 記事は、韓国・亜州経済の8日付報道を引用。韓国のある民間研究機関が昨年11月下旬に、15歳以上の韓国市民1000人を対象に実施した「2017市民希望認識調査」の結果が先日発表されたことを紹介した。この調査では、個人、社会、国、世界の4つのカテゴリーについてそれぞれ5つの項目について尋ねたという。

 調査の結果、30-39歳の層が生活満足度、精神と身体の健康、経済状況などの多くの項目で「不満」の状態にあり、平均値より低い点数になった。記事は「韓国の若い世代が現在の生活に対して悲観的になっているのみならず、将来への希望も薄いと考えている。この層では、個人、社会、国、世界のすべてのカテゴリーにおける点数が平均値を下回った」と伝えている。

 調査を実施した研究機関は、「30代はすべての項目において満足度が低く、集団うつに近い状況にある」との見方を示した。また、専門家からは「30代は社会の核となる層であり、韓国政府は住居、雇用などにおいてピンポイント、かつ、効果的な支援政策を提供すべきだ」との意見が出ているようだ。

 韓国にとって2017年は多難の年だった。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾と逮捕があり、高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備によって中国との関係も冷却化した。このような状況も「希望指数」の低下に拍車をかけた可能性がある。2月の平昌五輪は、疲弊気味の韓国社会を少しでも明るくすることができるだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/14138868/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る