韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

自殺率

【祝! 1位返り咲き】バ韓国の自殺率、OECD加盟国の中で最高レベルに!!

自殺するバ韓国塵だけは褒めてあげたい


昨年バ韓国で自殺した屑チョンは1万3670匹だったようです。


10万匹あたりの自殺者の数は24.7匹!


これはOECD加盟国で最高レベルでしたwwwww


とくに素晴らしいのは10代の自殺者が前年比22.1パーセントも増えていたことです!!


老い先短い屑チョンが自殺するより、遥かに効率的ですからね!!




でも、まだまだ物足りません。


1日当たり平均37.5匹だなんてケチなことは言わず、毎日万単位で自殺してほしいものです。



劣等種として自然界から淘汰される前に、自ら死んだほうが幸せだと思いますよ。



-----------------------
一日平均37.5人、自殺する「憂鬱な大韓民国」

 昨年、韓国で一日平均37.5人が自ら命を絶ったことが分かった。ここ数年間減っていた自殺率は大幅に増加した。韓国はまだ経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最高レベルの自殺率を記録している。特に10・30・40代のような若い年齢で自殺率が大きく増えた。

 統計庁が24日に発表した「2018死亡原因統計」によると、昨年の自殺死亡者数は1万3670人で、2017年より9.7%(1207人)増加した。人口10万人当たりの自殺死亡者数は26.6人で、前年比2.3人増加した。

 特に国別年齢構成の影響を除去し、標準的な人口10万人当たりの自殺者数を集計した年齢標準化自殺率で、韓国は24.7人であった。 OECD 36ヶ国の最近の統計(2014~2018年)と比較して最高レベルだ。韓国の年齢標準化自殺率はOECD平均(11.5人)の倍を超えた。韓国の年齢標準化自殺率は、2003年から2016年までの14年連続OECD 1位だったが、2017年OECDに新規加入したリトアニアの(24.4人)に次いで2位(23.0人)に下がった。 OECDがまだ発表していない昨年リトアニアの年齢標準化自殺率が24.7人より低く出ると、韓国は再び「最も憂鬱な国」1位に上がることになる。

 自殺率は80歳以上の高齢層を除く全年齢層で1年前より増えた。特に10代22.1%、30代12.2%、40代は13.1%増加した。若い年齢層で二桁の増加率を見せたのだ。自殺は10~30代の死亡原因のうち、圧倒的1位。 10代の死亡者の35.7%、20代の死亡の47.2%、30代の死亡者の39.4%を占めている。これは癌による死亡よりも20%ポイント以上高い数字だ。 40~50歳代では自殺が癌に続く死亡原因の2位だった。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?rankingType=popular_day&oid=005&aid=0001242467&date=20190924&type=1&rankingSectionId=101&rankingSeq=29
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















「うつ病なんて気合と根性で治せるニダ!」、その結果自殺率断トツ1位のバ韓国へwwwww

生まれた時から精神異常者だらけのバ韓国


自殺率が世界断トツ1位のバ韓国。

その原因の一つとして挙げられているのが、

精神病への否定的な偏見

なんだそうです。


精神科に行くことに抵抗があり、精神薬の服用も拒む屑チョンが多いんだとか。

それでうつ病などが治療されることなく悪化して自殺率の向上に貢献しているようです。


もっとも抗うつ剤なんてものは人間用なので、たとえ服用したとしてもきゃつら屑チョンに効くかどうか甚だ疑問ですがねwwwww



ま、その調子で「精神病」への偏見をさらに強めていただき、国民全てがうつ病を悪化させてくださいな。



あ!

もう既に手の施しようがないくらい悪化してましたっけwwwwww


屑チョンなんざ生きていても何一つイイことなんてないのですから、さっさと自殺してくださいな。



-----------------------
うつ病は気合と根性で乗り越えろ!? 韓国“自殺率世界第1位”も、抗うつ剤服用率が低いワケ

 韓国統計庁が発表している最新データによると、経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均自殺者数は10万人当たり12人。加盟国中、自殺者数が3番目に多いフィンランドが15.6人、2番目に多い日本が18.7人、韓国は群を抜いて多く、28.7人で世界第1位となっている。

 そのほかの資料と照らし合わせてみても、韓国は世界主要国の中で最も自殺率が高い国となるわけだが、自殺を予防するうつ病の治療については遅れているということが、このたび明らかになった。

 18日、OECDは「一目で見る保険医療2015」というレポートを発表。韓国での1日当たりの抗うつ剤の平均服用量は、1,000人あたり20 DDD(defined daily dose=1日投与量)で、統計がある28カ国のうち、2番目に低い結果となった。なお、OECD加盟国の平均服用量は1,000人あたり58 DDD。韓国の約3倍の水準となる。抗うつ薬の服用量が韓国より低い国はチリ(13 DDD)。一方、アイスランド(118 DDD)、オーストラリア(96 DDD)は高い服用量をマークした。

 韓国における風邪にかかった場合の抗生物質、糖尿病薬などの服用量は、他国と比べて相対的に多いという。が、精神薬の服用量のみ、唯一低いそうだ。背景に、うつ病患者が精神治療を受けることに関する否定的な認識があると、専門家たちは分析している。

 韓国「聯合ニュース」が国立中央病院キム・ヒョンジョン教授に取材したところ、「精神科に対する否定的な認識のために、病気を抱えた患者が10年近く我慢しているケースもある」そう。患者の中には「薬を服用せずに、精神力で乗り越えることはできないのか」と、相談してくる人たちも少なくないという。

 韓国政府は近年、世界的にも例を見ない自殺率の高さという不名誉について問題視している。そのため政府や各メディアは、うつ病治療のために社会的認識を改善し、患者が早期治療を受けられるように積極的にアナウンスしている。

 前出のキム教授も「自殺の原因は、独居、離婚、病気、失業などさまざま。貧富の格差など大きな問題を解決するのは難しいが、うつ病の治療を受けるなど個人レベルで対処する必要がある」と強調した。

 気合や根性など精神論が社会の隅々まで浸透している韓国だが、自殺率を高めるうつ病に関しては認識の変化が求められそうである。

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/cyzo-20151118-74291/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【自殺国家の殿堂入りwwww】15年間ずっと自殺率が増え続けているバ韓国!!

自殺者が増え続けるバ韓国、GJ!


最新のOECDの調査によると……。


自殺率ワースト1位がバ韓国だというのはもはやお約束です。


しかし、諸外国の自殺率が減少傾向にあるなか、バ韓国はここ15年間ずっと増加傾向にあるんだそうです。


最後の1匹が死に絶えるまでこのまま増え続けてほしいものですね。


屑バ韓国塵が唯一できる美徳行為である自殺。

どうかもっともっと頑張ってくださいね。



-----------------------
韓国の自殺率 OECDでワースト=日本は3番目

 経済協力開発機構(OECD)の加盟国のなかで韓国は自殺による死亡率が最も高く、自らを健康だと考える割合は最も低いことが30日までに、分かった。

 OECDが発表した「ヘルスデータ2015」によると、2013年を基準としたOECD加盟国の自殺による死亡率は人口10万人当たり12.0人だった。韓国(2012年基準)は平均を大きく上回る29.1人で、OECD加盟国のうち、最も高かった。2番目はハンガリー(19.4人)で、3番目が日本(18.7人)だった。

 1985年からの自殺率推移をみると、OECD加盟国のほとんどは減少しているが、韓国は2000年から増えている。日本も自殺率が高いが、2010年以降は減少傾向にある。

 また自身の健康状態が良いと思っている韓国人は少ないことが分かった。韓国は主観的な健康状態を良好と考える割合が35.1%で、OECD加盟国の中で最も低かった。OECD平均は68.8%だった。最も高いのはニュージーランドの89.6%だった。

 15歳以上の喫煙率は減少する傾向にあり、2013年を基準とした韓国の成人喫煙率は19.9%でOECD平均の19.8%と同程度だった。 

 15歳以上の年間飲酒量は韓国が8.7リットルでOECD平均の8.9リットルと同水準だった。 

 全人口に占める肥満人口の割合は韓国が31.5%で、日本(24.1%)に次いで2番目に低かった。OECD平均は57.2%だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/08/28/2015082803096.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








自殺大国の座、譲らず!!!! バ韓国の大気汚染が自殺率を上昇させていることが判明wwwww

朝鮮半島が死の大地になるのも時間の問題


バ韓国で行われた最新の調査によると……、


大気汚染の原因となる微小粒子物質などが体内に入ると「呼吸器系の疾患を引き起こすだけでなく、自殺率を上昇させる可能性があるニダ」とのことでした。

ただでさえ自殺大国のバ韓国が、今後ますます1位を独走するわけですねwwww


これも大いなるガイアの意志でしょう。


この地球のがん細胞でしかないバ韓国塵。

地球の意志に頼るだけではなく、我々人類ももっと積極的に害獣駆除に乗り出すべきでしょう。


きゃつらがそこに1匹いるだけで多くの人類が不愉快な思いをするのですから。



-----------------------
大気汚染の原因物質、体内流入で自殺率上昇か=中枢神経系統をかく乱!?―韓国紙

 2015年4月3日、韓国・中央日報によると、韓国の医療チームはこのほど、大気汚染の原因となる微小粒子物質などが体内に入ると「呼吸器系の疾患を引き起こすだけでなく、自殺率を上昇させる可能性がある」との研究結果を発表した。環球時報(電子版)が伝えた。

 韓国サムスン・ソウル医院の精神健康医学科の研究チームが06~11年、韓国各地の大気汚染指数と自殺率を比較したもの。それによると、微小粒子物質が多くなればなるほど、オゾン濃度が高くなればなるほど、自殺率が上昇していることが分かった。微小粒子物質は通常春に増加。オゾンは排気ガスが多く日差しの強い夏に増えるという。一方、二酸化炭素、一酸化炭素、二酸化硫黄などの含有率は自殺率と関係がなかった。

 研究チームによると、微小粒子物質やオゾンが人体に入った場合、中枢神経系統をかく乱させ、持病を悪化させる恐れもあるという。微小粒子物質はホルモンの分泌に影響。オゾンは神経の情報伝達に関連するセロトニンを減らすため、精神疾患に影響する恐れもあるとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150404-00000022-rcdc-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る