韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

虐待

バ韓国の動物園、劣悪環境のせいで毎週月曜に動物が死んでいく……

バ韓国の動物園、動物虐待が日常化


バ韓国の動物園で行われている“体験動物園”の実態が明らかになっていました。


・猿の赤ちゃんに天敵であるニシキヘビを近づける

・ライオンやトラを狭いコンテナに閉じ込めている

・フェレットを鳥かごのような小さいケージに入れている

・放し飼いにされているカナリアが、客に踏まれて死亡

・週末に体験動物園が開催され、そのストレスで週明けの月曜に大量の動物が死亡


……これらはほんの一部ですが、こうした虐待が毎日のように行われているのです。



ヒトモドキの分際で動物園を運営していることが大きな間違いでしょう。


これ以上可哀そうな目にあう動物が出ないよう、一刻も早くあの害獣どもを根絶やしにしたいものです。



-----------------------
サルの赤ちゃんに「天敵」ヘビを近づける韓国の動物園

 職員1人がニホンザルの赤ちゃんを抱いている。別の職員は長さ2、3メートルのニシキヘビを首にまいてそばに立っている。ニシキヘビの頭を突然サルに近づけると、サルは驚いてキッーという声を発した。「動物福祉問題研究所AWARE」が5月、嶺南(ヨンナム)地域の室内体験動物園で目撃した場面だ。1人あたりの所得3万ドルの国であったことだ。AWAREのイ・ヒョンジュ代表は「サルの赤ちゃんは天敵のヘビを見たことがなくても、捕まって食べられるかもしれないという本能的な恐怖から悲鳴をあげる」と説明した。続いて「天敵を目の前に突きつけるような深刻な動物虐待は動物園では絶対にあってはならない行動」と話した。 

 大田(テジョン)動物園でのピューマ脱出・射殺事件で動物の福祉に対する声が高まっている。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の掲示板には動物園の廃止を主張する書き込みも見える。実態はどうなのだろうか。全国に散在する小型「体験動物園」が問題だった。室内の狭い空間に動物を入れて、餌を与えたり触ったりできるようにしたところだ。一部は野生動物が繁殖するほどうまく管理しているが、ほとんどの場合は「虐待」という表現がふさわしいほど動物をむやみに扱い、環境は劣悪だった。 

 体験動物園の実態はAWAREが今年全国20カ所を調査した結果で明らかになった。1カ所を1-3回ほど訪問して調査した内容だ。京畿道(キョンギド)のある動物園はライオンを4、5坪のコンテナの中に入れて展示していた。現行の規定上ライオンを飼育するための最小面積(14平方メートル、4.3坪)に合わせたようだ。韓国の野生動物飼育の最小面積基準はライオン・トラが1頭あたり14平方メートル、ピューマは8.4平方メートル(2.5坪)。ライオンがいるコンテナの床は浴場のようなタイルだった。AWARE側は「簡単に水で清掃できるようにタイルを使用している」と分析した。しかしライオンには居心地が悪い。床が滑りやすくて動きにくい。野生の習性で爪を掻くところもない。ネコとイタチ科のフェレットを小さなケージに入れている動物園もあった。鳥かごや小さなケージの中の動物は動ける空間が不足し、ほとんど眠っているだけだ。 

 観覧客が餌を与えることも時には虐待となる。一日中ずっと餌を与えられた動物は肥満になる。何も知らない子どもが虫を食べるフェネックにニンジンを切ったものを与えることも多い。これを食べたフェネックが消化できず下痢になることもよく目撃される。 

 カナリアのような小さな鳥は餌のために生命の危機を迎える。5日、京畿道のA体験動物園では職員が観覧通路に止まっていたカナリアを追いながら飛ばした。観覧客がこぼした餌を食べようとしていたカナリアだ。職員は「客に踏まれて鳥が死んだりけがをしたりすることもある」と話した。 

 動物に触れる「体験」も問題だ。ほとんどの体験動物園はウサギ・ハムスター・サルをはじめ、ヘビ・イグアナのようなは虫類にも触れられるようにしている。動物との共感を高めるための目的であっても野生動物には大きなストレスだ。体温が変わるは虫類にはなおさらだ。「動物のための行動」のチョン・チェウン代表は「観覧客が集中する春・秋の週末には体験動物園の動物のストレスがピークに達する」とし「それで月曜日に動物が死んでしまうことが多かった」と伝えた。このため体験動物園の月曜日を「ブラックマンデー」と呼ぶ動物保護活動家もいる。 

 不適切な環境と虐待、そして接触などによるストレスのため体験動物園の多くの動物は毛が抜ける病気になっている。AWAREによると、調査対象20カ所のうち70%の14カ所で傷を負ったり病気になっている動物が見つかった。自ら羽根を抜くオウムもいた。江原大のファン・ジュソン博士は「身体的・精神的にストレスを受けたり免疫力が落ちた時に表れる異常な行動」と診断した。

https://japanese.joins.com/article/914/245914.html?servcode=100&sectcode=100&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の小学生による校内暴力、この5年間で3倍に!! 告発を恐れ、教師は放置するばかりwwww

小学生による校内暴力が急増中のバ韓国


バ韓国で校内暴力が急増中ですが、加害者の低年齢化も問題になっているようです。


なんと、教師を殴ったり暴言を吐くという小学生が、

この5年間で3倍にもなっているんだとかwwww



ま、幼稚園児が同じ幼稚園児をレイプするようなお国柄なので、当然かもしれませんね。






ちなみに、教師がそうした生徒を戒めると、


「情緒的虐待ニダ!」


と逆に告発されてしまうんだとかwwwww



こうした告発を受けると罰金を科され、さらに教職への就職が制限されてしまうとのこと。


それゆえ、校内暴力を放置する教師ばかりになってしまったとのこと。



今後もこの傾向は続くでしょうから、被害者を殺してしまう小学生も増えそうですね。


いやぁ、頼もしいじゃないですか!

屑チョン同士でもっと盛大に殺し合っていただきたいものです。




-----------------------
校内暴力が低年齢化、教師を殴る小学生まで…=韓国

 校内暴力の低年齢化が深刻になっている。小学生同士の暴力が増えているのはもちろん、教師を殴ったり暴言を吐く「恐ろしい小学生」が最近5年間に3倍に増えた。思春期に攻撃性が高まる現象の「中2病」に例えて「小4病」という言葉まで広まっている。 

 先日公開された教育部の「最近5年間の教権侵害現況」はその実態をそのまま表している。小学生の暴行・暴言など教権侵害件数は2013年の58件から昨年は167件に急増した。同じ期間、中学生(昨年1008件)は3分の1、高校生(昨年1391件)は半分ほどに教権侵害件数が減少しているのとは対照的だ。絶対件数は依然として中学・高校生が多いが、小学生の件数が単独で増加しているところに問題の深刻性がある。教育部の「2018年校内暴力実態調査」でも被害を受けた小中高生5万人のうち小学生が72%で最も多かった。小学生の数は減少しているが暴力の件数は増えている。 

 こうした現象は児童の感情調節・コミュニケーション能力の低下が大きな原因だ。また、身体発育と第2次性徴が早くなったうえ、扇情的・暴力的コンテンツに容易に露出する環境も問題だ。校内暴力の低年齢化は非行青少年の増加につながる可能性が高いという点で総合的な対策が急がれる。 

 まずは教育的接近が根本処方にならなければいけない。他人を尊重して配慮する性格を育てて、自分の行動には常に責任が伴うという意識を植え付ける方向に教育課程が向かう必要がある。フランスは1985年に小中学校の「市民教育」を義務づけた。教師の生活指導と訓育に必要な教育的権限の制度的な後押しも強化されるべきだろう。現行法には校内暴力学生のクラス入れ替えや転校の規定がない。教師が訓戒する過程で「情緒的虐待」として告発され、5万ウォン(約5000円)以上の罰金刑を受ける場合、教職への就職が10年間制限される。こうした状況では校内暴力に対する指導が委縮するしかない。正しい品性を身につけることは幼児期から必要だ。家庭でも食卓を囲んだ団らんなど人格教育について深く考えなければいけない。

https://japanese.joins.com/article/658/244658.html?servcode=100&sectcode=110&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















米国の議員100人以上がバ韓国・中国に“犬食禁止”を呼び掛ける!

犬食が未だ盛んなバ韓国


アメリカの100人以上もの政治家が、バ韓国や中国に対して“犬食禁止”を呼び掛けていました。


残念ながらいくら訴えても無駄でしょうね。


糞支那と屑チョンどもは、我々人類と脳の構造そのものが違うのですから。



犬食禁止を訴え続けるより、

この地球の害獣である糞支那と屑チョンをさっさと滅ぼしたほうが早いでしょうね。



-----------------------
100人超の米議員が中韓などに犬食禁止を呼び掛け―米華字メディア

 2017年11月16日、米華字メディアの多維新聞は、米国の100人を超える議員が中国や韓国などのアジア諸国に対し犬食を禁止するよう呼び掛けたと伝えている。 

 記事によると、米下院外交委員会は15日、中国、韓国、ベトナム、タイ、フィリピン、インドネシア、カンボジア、ラオス、インドのアジア9カ国に、犬肉と猫肉の貿易禁止を促す決議案を採択した。 

 ダイナ・タイタス議員は「米国の文化では、犬や猫は普通の動物以上のものとして大切にされている。彼らは動物介在療法や捜索救助のアシスタント、薬物や爆弾の探索などに役立つ仲間だ」と述べた。 

 中国では近年、犬食に反対する人が増えているというが、広西チワン族自治区玉林市で「夏至」の日に犬肉を食べる伝統行事「犬肉祭」には国際社会の注目と非難が集まっている。中国政府に犬肉祭の中止を求める運動は1100万人の署名を集めた。 

 決議案は共和、民主両党の100人を超える議員の支持を集めたという。 

 エド・ロイス委員長は「犬食や猫食は世界各地に存在するが、アジアには依然として犬肉マーケットがあり、重大な動物の虐待や公衆衛生などの問題を引き起こしている」と指摘している。

http://www.recordchina.co.jp/b217568-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【大問題】海外旅行のついでに高齢者を現地に遺棄するバ韓国塵ども!!

実の子供に置き去りにされるバ韓国の老害ども


現在、バ韓国では高齢者に対する“虐待”が続々と発生しているようです。

この10年間で70パーセント近く虐待が増えており、今後も増え続けることでしょう。


ま、地獄以下のバ韓国で暮らしていくためには、実の親であろうと虐待せずにはいられないのでしょうね。


そして、最近問題になっているのは、

海外旅行のついでに、高齢者の母親を現地のモーテルに置き去りにするという事例です。



ゴミを持ち帰らず、現地に遺棄するとはまさに屑チョンらしい所業と言えますね。



次から次へと我々人類に迷惑をかける新たな方法を生み出すバ韓国塵ども。

さっさと一匹残らずぶっロコしたいものですね。


もちろん屑在日、糞帰化チョン、成り済まし、2世、3世も同様に、完全粛清を目指したいものです。



-----------------------
韓国で現代版の“うば捨て”が横行、海外に置き去りの例も=「老後に備えておかねば」「昔はこんなことはなかったのに」―韓国ネット

 2017年6月14日、韓国・ヘラルド経済は、韓国で年々増加している高齢者虐待の問題が、身体的・精神的虐待にとどまらず、放任・遺棄にまで広がっていると伝えた。 

 韓国で高齢者虐待に関する業務を担当する公共機関・中央老人保護専門機関がまとめた「2015年 高齢者虐待の現状」によると、韓国の高齢者虐待は06年に2274件だったものが15年には3818件になり、10年間で67.9%増加していた。 

 また、同機関が15年に申告を受けた事例のうち、実際に虐待が行われていた事例6154件をタイプ別に分析した結果、「精神的虐待」(37.9%)や「身体的虐待」(25.9%)が多かったものの、一方で「放任」(14.9% )、「遺棄」(0.8%)も決して少なくないことが分かった。「放任」は扶養義務者が一切の責任を拒否し、高齢者の衣食住や医療を提供しない行為を、「遺棄」は扶養義務者が高齢者を捨てる行為を指す。 

 記事は、こうした被害に遭った2人の高齢者の事例を紹介している。 

 80代の女性キムさんは、末息子に連れられてフィリピンに渡ったが、息子が兄たちに「母さんが死んだ」とうそをつき葬儀費用を受け取っていたことを知ったショックで倒れ、後に認知症の症状まで現れた。息子は衰えた老母を現地のモーテルに遺棄し逃げてしまった。 

 また、一人娘に連れられ米国に移住した60代後半の女性ハンさんは、医療保険制度が整っていない米国で認知症にかかった。娘は経済的に母を扶養できないと判断し、母を連れて韓国に戻ったが、ソウルの仁川(インチョン)空港にそのまま置き去りに。ハンさんは空港で「母をソウルの老人ホームに送ってほしい」と書かれた名札を着け一人さまよっていたという。現在、ハンさんは無縁基礎生活受給者に指定され、保護施設で生活している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「自分の老後は自分でなんとかせねばならないようだ」「今のように世知辛い世の中、子どもには頼れない」「子どもの教育費に全財産を使ってしまったら、老後は悲惨だ」「子どもは老後の保険ではない」「老後に備えておかねば…」など、自身の老後に不安の声が多く寄せられた。 

 また、「行いはブーメランになって自分に返ってくる」「昔はこんなことはなかったのに」など、変わってしまった社会や虐待を嘆く声もあった。

http://www.recordchina.co.jp/b173454-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る