韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

衛生

【★グロ注意】世界よ、これがバ韓国だ!! 校舎の壁が見るも無残な姿に!!

手を洗うという概念のないバ韓国


バ韓国の高校の壁はこんな感じ


バ韓国なら当たり前。汚物が汚物をまき散らす。



まるで壁に飛び知った血しぶきのように見えますねwww


これはバ韓国の高校の校舎内の様子。


メス餓鬼どもが指についたリップの汚れを壁にこすりつけて、

このような汚物ができあがっているのですwww



いやぁ、凄いですよね。


手を洗ったり、ティッシュで拭き取ったりという概念がバ韓国では存在していないようです。




同じようなノリで、日本の観光名所を汚染しまくっていることも見逃せません。


バ韓国塵観光客の数に比例して、日本の観光価値が下がっているのは紛れもない事実です。



やはり害獣は根こそぎぶちロコさなけれなならないと、再確認した次第です。



-----------------------
ティント流行で韓国の高校が大変なことに?ネットも仰天「汚いっ!」

 2019年12月18日、韓国のインターネット掲示板に「最近の女子高生のトレンドメイク」と題したスレッドが立ち、ネット上がざわついている。

 韓国ではここ数年、赤色のリップティントが流行している。しかし今回スレッド主が注目したのはそのメイク法ではない。スレッドには韓国の高校の教室や女子トイレを撮影した複数の画像が掲載されているが、共通して目立っているのが「カラフルな汚れ」だ。

 汚れの原因は、女子高生たちがリップティントを指で塗った後に、ティシュではなく壁に指をこすり付けてその汚れを拭き取るため。汚れがひどいところだと、まるで血をこすり付けたようにも見える。中には「壁でティントを拭かないでください!落ちなくて汚いです。トイレットペーパーを使ってください」との案内文を掲示し、「Tint Zone」という指を拭くための段ボールを設置するところもある。

 これにはネット上も驚きを禁じ得ないようで、「汚いっ!」「理解できない」「何してるんだ」「どんな教育を受けてきたの?」など批判の声が上がっている。

 また、「女子高生だけじゃない、女子中学生もしてる。それに最近に限ったことではなく、少なくとも7年前からそんな状態」「最初はびっくりしたけど、あまりにも見すぎて最近じゃ気にならない」との声も。さらに「私の学校では、鏡横に貼ったティントを拭くためのA4用紙を交換する係もできたよ」とのコメントや「これを普通にしてはならない」とのコメントも寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b768604-s0-c60-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすが後進国!! バ韓国での“結核発生率”はOECD加盟国内でダントツの1位!!!!!!!

バ韓国塵に衛生観念は理解不能


昨年、バ韓国で結核にかかった患者は2万8千匹以上もいたようです。


この数値は、OECD加盟国の中でダントツの1位wwwwwwww


衛生観念が存在しないバ韓国ならではの醜態ですなぁ。





ちなみに、結核は「亡国病」とも呼ばれています。



うーん、屑チョンどもにピッタリじゃないですか!!



もっともっと患者が増え、国ごと消えてなくなってしまうことに期待したいものですwwww



-----------------------
韓国で“後進国病”結核の発生率OECD1位。なぜ?

 結核は生活が苦しい、環境が劣悪な国で多く発生する事から「後進国病」といいますが。ところが、昨年韓国で結核にかかった患者が2万8161人でした。

 特に、65歳以上の老人が全体の42%占めました。これは他の国と比較すると、人口10万人当たりの発生率が2位のラトビアを二倍以上上回る圧倒的1位です。

 発病率はOECD平均の7倍、死亡者は5倍を超える状況です。韓国は食事も豊かで、環境も良くなったのに、なぜ結核患者がこんなに多いのでしょうか?

 保健福祉部や疾病管理本部で公式に出した原因分析はない状況です。ただ、戦後経済状況が難しかった1960年代以降、潜伏している結核菌がまだ残っているという推定です。

 また、高齢化でお年寄りたちが増えているのに、老人たちが免疫力が弱くて発病する確率が高いという点です。咳をする際に口を覆ったりしない生活習慣などが原因と推定されます。

 幸いなのは2011年の39557人をピークに、最近6年間新たに発症する患者が減少しているという点です。昨年は減少幅が拡大し、初めて三万人以下に下がった状況です。

 では、いつまで後進国病と呼ばれる結核発病率OECD 1位という不名誉を抱えて行けば良いでしょうか。解決策では正確な原因分析、予算拡大(2017年412億ウォン)、成人用予防ワクチンの開発がされます。

 遅れたものの、今でも正確な原因分析を行わなければならないという声が高いです。また、昨年基準412億ウォンの予算をさらに増やすべきだという指摘です。

http://v.media.daum.net/v/20180323200303449
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る