韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

補償金

さすがバ韓国!! セウォル号から生き残った5歳のメスに対する壮絶なイジメwwwwwww

船内の乗客を見て見ぬふりのバ韓国・海洋警察


3年前のセウォル号沈没事故で、両親と兄を亡くした5歳のメスの幼獣。

現在8歳になっていますが、なかなか壮絶なその後を送っているようです。


伯父に引き取られたものの、学校ではからかわれて何度も転校を余儀なくされているとのこと。

しかも、先生もこの幼獣を擁護していなかったようです。

そして現在は偽名を使ってこっそりと生きているとのこと。




これは、アレですな。

賠償金を手にした遺族や生き残りに対してのやっかみでしょう。


悲惨な目にあったものにムチ打つのが大好きな南チョーセンチンらしい行いですねwwwwww

こんな醜い連中が、この日本にも数多く生息しているのですからゾっとする話です。


一刻も早く根絶やしにしたいものですね。


-----------------------
韓国、セウォル号事故で一人生き残った5歳少女の過酷な3年=韓国ネット「間違った世の中をつくったのは大人」「どうか元気にすくすくと育って」

 2017年8月25日、韓国・ソウル新聞は、2014年に起こった旅客船セウォル号事故で一人生き残った当時5歳の少女のその後の3年間の日々について報じた。 

 14年4月16日に起こった事故で、ウンジちゃん(当時5歳・仮名)は沈没直前の船から辛うじて救出された。ウンジちゃん一家はセウォル号の目的地であった済州島(チェジュド)で農業をするため、貨物トラックに引っ越し荷物を積んで船に乗っていた。両親と年子の兄は事故で命を落とした。 

 事故から3年が過ぎた今も、セウォル号の悪夢はウンジちゃんを苦しめている。小学2年になった彼女は、入学から1年半ですでに3回も転校を経験したそうだ。伯父に当たるクォンさん(63)は「友達からからかわれるせいで3回も転校した」と打ち明けた。ウンジちゃんが「おまえのお母さんとお父さん、みんな死んだらしいね?」と心の傷をえぐるようなことを学校で言われても、先生からの強い擁護はなかったという。ウンジちゃんは面倒を見てくれている叔母と共に誰も知らない場所に引っ越し、最近転校した学校では別の名前を使っているそうだ。 

 事故以降、ウンジちゃんはソウルの大きな病院で心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療を受けてきたが、現在、治療は中断状態にある。周囲の視線を避けるため、近所の心理治療機関を探しているところだという。クォンさんは「めいは被害者なのに、なぜこんな生活をしなければならないのか。胸が痛い」と涙を流した。 

 ウンジちゃんは現在、生活保護の受給者に指定されている。昨年受け取った事故の補償金は、30歳になるまで使えないよう裁判所信託になっているからだ。国務調整室のセウォル号被害者支援および追悼事業支援団関係者は「セウォル号特別法により、ウンジさんのための担当チームを別途つくって支援したが、『自然に成長できるよう関心を控えてほしい』という家族側の意見があった」と説明している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからはウンジちゃんに対し「どうか痛みを克服して元気にすくすくと育って」との応援メッセージが寄せられ、からかう子どもやその親に対し「とても残念。ウンジちゃんに何の罪があるの?いじめはやめて」「子どもは親に似る」「保護者は家庭教育をしっかりすべき」などの非難コメントが相次いでいる。 

 また、「腹が立つ」「ごめんね。間違った世の中をつくったのは大人だ」とのコメントや、補償金の扱いについて「学費や独立費用などこれからお金が必要なのに。これでは30歳までに結婚も難しそう」と心配する声も上がった。

http://www.recordchina.co.jp/b188745-s0-c30.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【セウォル号沈没事故後3回目の自殺未遂】救助活動で多くの害獣を助けてしまった屑バ韓国塵、補償を受けられず自殺騒動wwwww

余計な救助で害獣駆除の妨害をしたキム・ドンス


セウォル号が沈没した際、屑チョン学生20匹を救助したとされているキムなんちゃら。

本当に余計なことをしてくれましたよね。

こいつに助けられた学生の親は今でも遺族になりそこねたことを恨んでいることでしょう。


このキムなんちゃらが乗っていた貨物車はセウォル号と共に沈んだわけですが、

十分な補償が受けられず生活が困窮しているとのこと。



それゆえ、昨年の3月と昨年の12月、そして今回と合計3回の自殺未遂騒動を起こしているのです。


とんだカマってちゃんですね。


自殺するする詐欺で注目を集め、少しでも多くの金をせびりたいのでしょう。


本当に見た目も性根も醜いものですね。バ韓国塵って。


-----------------------
セウォル号沈没で多数の学生を救助し“青いズボンの義人”と呼ばれた男性がまた自殺未遂

 2014年韓国フェリー転覆事故から2年(事故は2014年4月16日発生)。18日、当時、学生約20人を救助し“青いズボンの義人”と呼ばれたキム・ドンス氏(50)が済州(チェジュ)道庁1階で自殺を図った。幸い命に別状はない。

 キム氏はこの日の午後1時25分ごろ、済州道庁1階のロビーで突然、大声を張り上げながら自身の両手首と右腹部を所持していた凶器で傷つけた。キム氏の突発的行動に驚いた警備員や職員が凶器を奪い、救急隊に通報し病院に移送した。

 キム氏は「セウォル号の真相究明もなされず、治療もきちんと施さないこの国」とし、「痛みをなくしてほしい。ウォン・ヒリョン済州知事も何もしなくなっている」と叫んだ。

 2014年の事故当時、室内にいた貨物車の運転手キム氏は消防ホースなどを利用して学生約20人を救助し、“青いズボンの義人”と呼ばれた。彼は救助過程で負ったけがとPTSD(心的外傷後ストレス障害)で現在も治療を受けている。

 事故以降、持続的にトラウマに襲われるというキム氏は昨年3月、済州市の自宅で、昨年12月にはセウォル号特別調査委員会聴聞会場でも自殺を図っている。

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2015/0320/10141311.html
-----------------------

ちなみに、
屑チョンなのですから“義人”ではなく“擬人”でしょう。

どれだけ上手に擬態しても、醜いエラと性根は隠しきれませんから。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








「日本からの経済協力金を寄こせ!」遺族らがバ韓国政府を提訴!!

国際条約を一方的に破棄するのがバ韓国塵です




バ韓国の屑どもが、バ韓国政府を相手に訴訟を起こすようです。

その内容は、日韓請求権協定で日本から受け取った資金を自分たちに支払うよう求めるというもの。



うーん、残念!



そのお金はすでにパククネ婆の親父が個人的に使い込んでしまって一銭も残っていませんからwwww


さて、この裁判の結果がどうなるのか非常に楽しみですね。

勝つにせよ、負けるにせよ、バ韓国の屑っぷりが披露されることでしょう。



でも、原告はたったの3匹で、請求額は合計で3億ウォンほど。

下手に判例を残さないよう、適当に和解してお終いかもしれませんね。









-----------------------
日本の協力金渡せ=遺族、韓国政府を提訴へ

 旧日本軍に動員された韓国の軍人、軍属の遺族らが3日、韓国政府を相手に、日韓請求権協定で日本から受け取った資金を自分たちに支払うよう求める訴訟を近くソウル中央地裁に起こすと発表した。原告は遺族3人で、1人1億ウォン(約1050万円)の支払いを求めるという。聯合ニュースが報じた。

 1965年の日韓請求権協定では、韓国が植民地時代の請求権を放棄する代わりに、日本が無償3億ドル、有償2億ドルの経済協力金を支払った。遺族らは「無償の3億ドルは軍人、軍属への補償金の性格だった。これを基に経済を発展させたのだから、国は今こそ、この金を被害者に返してほしい」と訴えている。

 代理人の弁護士は「韓国最高裁は(日本に対する個人の)請求権を認定しているが、日本の裁判所は認めていない」と指摘。「協定を結び、日本に免責の言い分を与えた韓国政府は、被害者に資金の一部を払わねばならない」と主張した。

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/jiji-2014110300357/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








「キムチから虫が出てきたニダ!」、309もの食品製造会社を脅迫していた屑チョン逮捕!!!!!!!!

韓国塵にとって寄生虫入りのキムチはデフォです


買ったキムチから虫が出てきたニダ! 金を払わないと区役所や食品医薬品安全処に届け出てデモを起こすニダ!

自分で虫を混入させたキムチなどの食品を使い、多くの企業から補償金をせしめていた屑チョンが逮捕されていました。



きっとこの屑チョンは、日本の害虫である在日どもの手口を真似たんでしょうね。

その汚くて幼稚なヤリクチがそっくりです。





ま、今回の犯罪のように屑同士でヤリあうのは構いません。

しかし、この日本で犯罪に走る韓国塵は絶対に許せません!!


というワケで、日本に棲息する全ての屑チョンを一刻も早く追い出すべきです。

半島に帰国するのを嫌がる素振りを見せたら、その場で銃殺って方向でお願いします。




-----------------------
「食品から虫が」 メーカーから350万円詐取の男ら逮捕

5カ月間に309社から金を脅し取る

「キムチから虫が出てきた」

 今年3月初め、慶尚南道昌原市鎮海区にあるキムチ製造業者の元に、消費者を名乗るC容疑者(46)からこんな電話がかかってきた。釜山市北区の大型スーパーで、この業者が製造したキムチを購入したところ、中から虫が出てきたというのだ。

「新品を送るわけにはいきませんか」

違う形で補償してほしい。さもなければ区役所や食品医薬品安全処(省庁の一つ)に届け出るか、スーパーの前でデモを行う

 結局、この製造業者は、虫が出てきたというキムチを小包で受け取って中身を確認した上で、C容疑者の元に社員を派遣して謝罪し、20万ウォン(約2万円)の補償金を支払った。なお、問題のキムチの価格は2300ウォン(約229円)だった。

 C容疑者は同居しているB容疑者(35)と共謀し、このような手口で、今年2月13日から5カ月間にわたり、食品メーカー309社から3500万ウォン(約348万円)を脅し取った。対象となったのは、味付け海苔のふりかけ、ワラビ、米菓、パン、ツナや桃の缶詰、餅、チョンドゥギ(駄菓子の一種)、干しブドウ、中華クラゲ、豆腐、サツマイモの茎、ヌルンジ(おこげ菓子)、さつま揚げ、とんかつソース、スンデ(韓国式の腸詰め)など、大型スーパーで売られているあらゆる食品だった。これらの食品に混入させた異物も、ハエやクモ、アリ、ダンゴムシ、ウジ虫などの虫のほか、小石、プラスチック、髪の毛、魚の骨、糸など多岐にわたった。菓子など甘いものにはハエやアリなどを、餅には髪の毛を、ヌルンジには石などを混入させた。

 ハエやアリなどの虫は生ごみ用バケツや花壇などから採取したものを保管し、混入させていた。警察は「大型スーパーで勤務した経験があるC容疑者らは、消費者からの抗議に対応できる能力がない零細業者ばかりを狙って犯行を繰り返していた」と説明した。

 C容疑者らは、食品メーカー1社につき1万-30万ウォン(約1000-3万円)の金を脅し取っていた。今年5月半ばには、釜山市北区で低所得層の高齢者たちが設立した作業所で製造したカンジョン(もち米で作った伝統菓子)にアリを混入させ、10万ウォン(約1万円)を脅し取った。だが、これらの犯行は、B容疑者が「おい、三つのメーカーからの金は受け取ったか」というカカオトーク(スマートフォン向け無料チャット・通話アプリ)のメッセージを、誤って食品メーカーの関係者に送ったことで発覚した。

 釜山地方警察庁広域捜査隊は29日、C容疑者らを恐喝などの疑いで逮捕した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/30/2014073001485.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る