韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

見世物

【閲覧注意】バ韓国のMAMAMOOとかいうメスグループの顔がwwww

ママムとかいうバ韓国のメスグループ


バ韓国のママムとかいうメスグループ。

どいつもこいつも健常者とは思えないツラをしていますなぁwwww


精神異常者を見世物にすることに抵抗を感じない朝鮮ヒトモドキ独自の文化というやつですね。


はぁ、キムチ悪い。


-----------------------
MAMAMOOが新譜

 韓国のガールズグループMAMAMOO(ママム)がニューアルバム「White Wind」の発売記念イベントで新曲を披露した。

https://jp.yna.co.kr/view/PYH20190314182100882?section=image/photos
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【呪われてる?】平昌冬季五輪の開催まで間もないのにバ韓国で鳥インフル発生!! ちなみに、昨年は……

五輪直前、バ韓国で鳥インフル発生


平昌冬季五輪開催まであと3カ月もないというのに、トンデモない事態が発生していました!!


昨日、バ韓国で鳥インフルエンザが検出されていたのです!!


過去の事例を見るまでもなく、屑チョンどもに被害を防ぐ防疫なんて真似はできません。



ちなみに昨年は鳥インフルエンザの発生から終焉まで、

5カ月近くかかっていますwwwwwww



これでますます平昌冬季五輪の失敗が確実になりました。

どんな醜い見世物になるのか、楽しみですなぁwwwwwww


-----------------------
韓国、五輪目前に鳥インフル発生で「超緊張」=韓国ネット「また悪夢が始まった?」「今の韓国なら克服できる」

 2017年11月20日、韓国経済によると、韓国で今冬初めて、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(AI)がカモの飼育場で検出された。来年2月の平昌冬季五輪を前に、防疫当局に緊張が走っている。 

 韓国の農林畜産食品部は19日、全羅北道の高敞郡にあるカモ農家に対する検査で、高病原性(H5N6型)鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。同農家は畜産企業チャムプレから委託を受け、カモ1万2300匹を飼育していた。防疫当局は18日に同農家の出荷前検査で鳥インフルエンザ抗原が検出された後、カモを全て殺処分し、疫学調査を開始した。家畜類に致命的な高病原性鳥インフルエンザウイルスの発生が確認されたことを受け、韓国政府は全国の家畜飼育農家に対し、20日午前0時から48時間の移動禁止命令を発動した。 

 平昌五輪の開幕まで3カ月を切り、鳥インフルエンザなど家畜伝染病の発生を防止するため総力を上げていた韓国政府は「超緊張状態」に陥っているという。イ・ナギョン首相は「危機警戒レベルを上げ、中央事故収拾本部を設置するなどの必要な措置を迅速に実行せよ」と指示したそうだ。 

 韓国では昨年11月から今年4月まで、約140日にわたって鳥インフルエンザが発生し、3787匹が殺処分される史上最悪の被害が出た。再び鳥インフルエンザが拡散する場合、五輪の進行に大きな影響を与えることは確実なため、防疫当局は神経をとがらせている。韓国政府は五輪期間中、約80カ国の選手やスタッフ、取材陣約2万7000人を含む約40万人の外国人が韓国を訪れると予想している。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは「また始まったの?」「五輪を目前に控えているのに。これは大変だ」「あの時の悪夢が思い出される」「昨年のように被害が拡大しないよう最善を尽くしてほしい」「今回は迅速に対応できるだろうか?」「なぜ鳥インフルエンザはいつも、国が大事な局面を迎えている時に発生するのだろう?」など不安の声が相次いでいる。 

 一方で「朴槿恵(パク・クネ前大統領)の時代が最悪だったから、今の政府の全ての対応を素晴らしいと思える」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の実力が見られる良い機会だ」「今の韓国なら絶対に克服できる」など前向きなコメントも寄せられている。

http://www.recordchina.co.jp/b219244-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国のパンダ】死期を悟ったかのような表情

生気がまったくないバ韓国のパンダ


自分の死期を悟ったかのようなパンダ


バ韓国のサムスン・エバーランドで先日一般公開されたパンダ2頭。

その模様が公開されていたのですが……、



死期を悟った病人そのものですね。




愛くるしいはずのパンダなのに、生気をまったく感じられません。

屑チョンなんぞの見世物になるくらいなら、さっさと死んだほうがマシだと思っていることでしょう。



こんな可愛そうな目に合う動物たちをこれ以上増やさないためにも、

一刻も早くきゃつらを根絶やしにしたいものです。


-----------------------
中国のパンダが韓国にお目見え、サムスン・エバーランドのパンダワールドがオープン―中国メディア

 2016年4月22日、中国新聞社によると、ジャイアントパンダ「愛宝」と「楽宝」の新居となる韓国・三星愛宝楽園(サムスン・エバーランド)のパンダワールドが21日、一般公開された。 

 屋内にあるパンダ舎に入ると、来園客はガラス越しにパンダが食事をするところや遊んでいるところを見ていた。パンダは時折、木の昇り降りを繰り返し、芝生の上を転げまわっている。これらの「パフォーマンス」が披露されるたびに、人々から歓声や笑い声が漏れた。 

「愛宝」と「楽宝」は3月3日、中国からの親善大使として、故郷の都江堰パンダ基地から2400キロメートル離れたソウルに到着、さらに2時間車に乗ってサムスン・エバーランドに到着した。 

 今回のパンダ共同研究の実施機関であるサムスン・エバーランドは、大事な「お客様」であるパンダに快適に暮らしてもらえるようにと新居を建造、まさに至れり尽くせりのもてなしぶりと言えるだろう。 

 サムスン・エバーランド内のパンダワールドは敷地面積7000平方メートル、建築面積3300平方メートル。ただパンダの生活空間だけが設けられた他国のパンダ舎と異なり、この3300平米の複合建築物には温度自動調節装置や湿度制御・空気循環装置が備え付けられたうえ、80台以上の最新IT設備も配備されており、来園者はまったく新しいパンダの生活空間を体験することができる。 

 パンダワールドは、入場ゾーン、「見学前」体験ゾーン、本物のパンダを見学できる「パンダジャングル」、来園者のためのサービスゾーンの4大ゾーンで構成されている。入場ゾーンにはタッチパネル方式の入場ゲートが設けられている。来園客はパネルに示された二次元バーコードを読み取ってパンダアプリをダウンロードし、パンダの実物を見る前にパンダワールドを堪能することができる。

http://www.recordchina.co.jp/a134642-1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








中国人観光客獲得に必死のバ韓国www ソウル市長が観光ガイドとなって媚びを売りまくりwwwww

喋る猿に興味津々の中国人たち


市長自ら媚びを売って観光客獲得を目指してるようです


奇怪な生物を遠巻きに見物する中国人たち


外国人観光客の獲得のためになりふり構わないバ韓国。

今回はソウルの市長自ら観光ガイドとなって中国の旅行会社関係者やメディア関係者に媚びを売りまくっていたようです。




言葉をしゃべる醜い猿を見物しているようにしか見えませんがwwwwwwww




そう言えば、以前チンパンジーと人間の中間にあたる未知の生物として「オリバー君」が有名でしたが……。

そんなノリなんスかね?


オリバー君もバ韓国塵も人類と染色体の数が違うという意味で同じですからwwwwwww


-----------------------
一日ガイド務める朴元淳ソウル市長

 一日ガイドに変身した朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が14日午後、ソウル・南山の八角亭前で、中国の旅行会社関係者やメディア関係者を対象に、ソウルの文化遺産について説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/07/15/2015071500678.html
-----------------------




訂正して謝罪します。


バ韓国塵なんぞと同列に扱ってしまいゴメンナサイ。


オリバー君は害獣でもなんでもありませんでしたから。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る