韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

観光地

海外で自然破壊しまくるバ韓国塵! フィリピンのリゾート地で立小便して屑チョンが逮捕される!!

フィリピンの観光地で環境汚染をするバ韓国塵に死を


フィリピンのリゾート地でバ韓国塵が立小便をして逮捕されていました!


またそれ以外にも、禁じられていた海岸で飲酒を行った罪でバ韓国塵4匹も逮捕されていたようです。


このリゾート地は環境汚染が深刻となり、しばらく全面閉鎖されていた島です。

再び入島を許可した矢先に、屑チョンによって環境が破壊されていたわけです。



やはり屑チョンが海外旅行するという行為は、それだけで死罪に相当するでしょう。


入国するだけで、現地の人の生命と財産を脅かすことになるのですから。



解決策は簡単です。

ヒトモドキが入国したと同時にその場で殺処分することです。



観光によって外貨を稼ぐという一面もあるでしょうが、屑チョン1匹が入国しただけでその何百倍もの被害があるのですから。


この日本も屑チョンの観光客を締め出すだけではなく、国内に棲息している害獣どもを狩りだして完全なる浄化を目指すべきでしょう。


ヒトモドキのいない国……。


想像しただけでほっこりしますよね?


治安も向上し、観光価値も急上昇!


まさにいい事尽くめなんですから!



-----------------------
フィリピンのリゾート地で立小便、韓国人観光客が逮捕=韓国ネット「恥ずかしい」「こういう部分で日本に勝とうよ」

 2019年9月27日、韓国・KBSによると、フィリピンの有名リゾート地・ボラカイ島で最近、韓国人観光客が立小便をして警察に逮捕されていたことが分かった。

 記事によると、韓国人観光客は13日にボラカイ島の海岸で立小便をしていたところを現地の警察に発見され、逮捕された。すぐに拘留はされなかったものの、召喚状が発行された。また、警察は現地の法律に違反してボラカイ島の海岸で飲酒した韓国人観光客4人も逮捕したという。

 フィリピン当局はボラカイ島の環境汚染が深刻なレベルに達したことを受け、昨年4月に環境対策として全面閉鎖を決定したが、半年後に再び観光客の受け入れを開始した。その後は海岸でのパーティーや飲酒、喫煙を禁止したが、環境汚染行為が相次いで摘発されているという。

 今年8月には海岸で子どもに大便をさせたり、使用済みのおむつを砂浜に埋めたりした中国人観光客の姿がカメラに捉えられた。今月12日にも海岸で立小便をした中国人観光客2人が逮捕されていた。

 このニュースに韓国のネットユーザーからは「恥ずかしい」「国の恥さらし。外国にまで行ってそんなことをするなんて」「韓国に帰ってこないで」と批判する声が上がっている。

 また、「逮捕してくれてよかった。反省して今後は気をつけて」「フィリピンの法律で厳しく処罰してほしい」「罰として海岸の掃除をさせてほしい」と訴える声も。

 そのほか、「こんなんじゃ日本に勝てないよ。基本的な秩序は守って」「経済戦争ではなく、まずはこういう部分で日本に勝とうよ」との声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b748176-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の観光地、中国語だけで書かれた注意書き看板が乱立しているワケ……

ハングルでの注意書き。バ韓国塵の迷惑行為にうんざり


現在、バ韓国の観光地では、中国語で書かれた看板が乱立しているとのこと。


その内容は、


「壊したら責任を取ってもらうニダ」

「ごみを捨てるな!」

「観光客は立ち入り禁止ニダ!!」


……というもの。



ヒトモドキの分際でナニをヌかしてるんでしょうね?


やはりきゃつらは己の身分をわきまえていないようです。



この日本でも、ハングルだけで書かれた看板をアチコチに立てたいものです。


「屑チョンは息するな!」


……と。



-----------------------
韓国各地に乱立する中国語の警告、中国人の韓国旅行再び冷え込ませる恐れ―中国メディア

 中国メディアの捜狐は13日、韓国で激減していた中国人旅行者は徐々に回復しつつあるが、再び減少する恐れがあると主張する記事を掲載した 

 THAADミサイル配備の問題で中韓関係が2016年に悪化し、中国では韓国への団体旅行が事実情禁止される事態になった。それから10数カ月が経過して、「禁止令」は徐々に解除され、韓国を訪れる中国人の数も回復しつつある。韓国の観光とその関連産業を支えているのは中国マネーと言ってもよく、韓国人にとって中国人観光客が戻ってくるのは願ったりかなったりのはずだ。 

 ところが、韓国では市中や多くの観光地で「壊したら責任を取ってもらう」「ごみを捨てるな!」「観光客は立ち入り禁止」など反感を買いそうな警告や注意書きがわざわざ中国語でだけ随所に掲示されているという。記事は「まるで人種差別のようだ」と反発した。

https://www.recordchina.co.jp/b228352-s0-c30-d0139.html
-----------------------

これぞ、目糞鼻糞を笑うってやつですねwwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【大爆笑!】英国の観光地で、屑チョンのメスが転落死!! その原因は……

屑チョンが転落死した英国のセブンシスターズ


イギリスの観光地で、屑チョンのメスが転落死していましたwwww

どうやら崖の上で写メを撮影中に、ジャンプして足を踏み外したようですwwww


いやぁ、実に屑チョンらしい不様な死に方ですなぁwwww

笑いがとまりませんwwwwwwww

しかし、その汚らしい死体でイギリスに迷惑をかけたことは許せません。


屑チョンどもはどんどん自殺するべきですが、

我々人類に迷惑をかけないよう朝鮮半島の中でおっ死んでいただきたいものです。



-----------------------
英国南部セブンシスターズの崖…23歳女性が記念撮影中に転落死

 イングランド南部イーストサセックス県海岸部で、英仏海峡に面してそそり立つ著名な白い断崖、通称セブンシスターズ。その崖の上で記念撮影中だった23歳の女性が誤って足を踏み外し、200フィート(約60メートル)下の岩場に転落、死亡する事故があった。英メディア各紙が報じた。

 亡くなったのは韓国籍のHyewon Kimさん(23)。キムさんは宙に浮かんでいる瞬間を撮影しようと通りがかりの人に自らのスマートフォンを渡して撮影を依頼。崖の縁に立ってジャンプしたところ足を踏み外し、そのまま真っ逆さまに転落したという。キムさんのスマートフォンには英仏海峡を背景に笑顔で写る転落直前の写真6枚が残されていた。キムさんは英語の勉強のために留学中だった。

 セブンシスターズの断崖はイーストサセックス県の観光名所の一つで、年間35万人が訪れ、その絶景は映画やドラマの撮影でもよく使われる。しかし、日本なら柵が設けられて当然と思える場所ながら、自然のままにとどめるという方針からか、柵はない。最近は崖のぎりぎりに立ってスリルを味わう人たちのホットスポットにもなっているという。

https://www.japanjournals.com/uk-today/10397-171013-1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【37564相当】世界中の観光地で迷惑をかけまくるバ韓国塵ども

独の観光地、ハングルで落書き注意


ごらんの画像は、ドイツの観光地に貼られている注意書きです。

その内容は、


-----------------------
防犯カメラ監視中。
落書きをすると処罰されます。
-----------------------


わざわざ、ハングルでだけ注意しているとはwwwwww


管理側もさっさとバ韓国塵を立ち入り禁止にすべきでは?



世界中の観光地が足並み揃えて屑チョンどもを排斥すれば、全ての問題は解決ですねwwwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る