韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

観光警察

あれ? 観光警察は? バ韓国・ソウル市が新たな「ぼったくり」対策を発表wwwww

まったく無意味だったバ韓国の「観光警察」


外国人観光客がぼったくり被害にあわないよう創設されたバ韓国の「観光警察」。

しかし、まったく意味が無かったようで、この度ソウル市は新たな対策を発表していました。

ま、今回の対策も今までと同じように無意味で終わるに違いないでしょうwwwww


たとえぼったくりを根絶できたとしても、観光客のリピーターは増えませんから!!


ぼったくり被害なんぞより、そこに屑チョンが存在していることのほうが問題なのです。



本当に観光客のリピーターを増やしたいのなら、
ぼったくり根絶より屑チョン根絶のほうが遥かに効果があるでしょうねwwww


-----------------------
ぼったくり観光根絶に向けソウル市が対策

 ソウル市は24日、外国人観光客に対するぼったくりの根絶などを目指す「観光革新課題」を発表した。ぼったくりや劣悪な商品で嫌な思いをした外国人客が韓国を二度と訪れず、日本など別の国に足を向けているとの指摘を受け、対策を講じた。

 それによると、市は明洞や梨泰院など市内6カ所の観光特区の全店舗を対象に、下半期中に価格表示制を導入する。現行は6特区の面積17平方メートル以上の小売店に限り同制度を適用しているが、自治区や観光特区協議会、商人会などとの協議を踏まえて全ての店舗に拡大する。

 外国人客のぼったくり被害に対する補償金も引き上げる。市の観光協会と観光特区協議会は来月から、小売店や飲食店、宿泊施設で被害に遭った外国人客への補償額を従来の1人30万ウォン(約3万円)から50万ウォン(約5万円)に増額する。また、明洞にしかないぼったくりの申告窓口を空港の出国ロビーとソウル駅にも設ける。

 市内の公共交通機関をお得に利用でき、観光地の料金も割引になるソウル観光パスも導入する。

 このほか、タクシーのぼったくりを防ぐため、外国人向け観光タクシーに限って実施している区間定額料金制(仁川国際空港-ソウル市内)を一般タクシーにも適用することを検討する。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/25/2016032500730.html?ent_rank_news
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【観光警察は?】バ韓国・ソウル市がぼったくり店を対象に取り締まりを実施!

86バズーカみたいなバ韓国の観光警察


ソウル市が市内にはびこるぼったくり店を対象に取り締まりを行うと発表していました。

取り締まりの対象は、なんと3万店!!!!!!!


まともに営業している店なんざ皆無なんだから、一面焼け野原にしてしまったほうが早そうですねwwww




それにしても……、

ソウル市が鳴り物入りで導入させていた観光警察ってなんだったんでしょうかねwwwwwwwww



あ! 上記の画像は86バズーカじゃありませんので。念のためwwww


-----------------------
ソウル観光特区のぼったくり 自治体が取り締まりへ

 ソウル市中区は30日、観光特区の小売店が価格表示制を守っているか、不当な料金を請求していないか、取り締まりを実施すると発表した。

 取り締まりは6月末までで、明洞や南大門、北倉洞、茶洞、武橋洞の観光特区と東大門ファッションタウン観光特区一帯の約3万店が対象となる。価格表示については、陳列台にだけ表示し個別の商品には表示していない場合や、包装容器や袋に分かりやすく価格を表示していない場合も取り締まりの対象とする。

 覆面調査員が店を訪れ、価格表示違反があれば改善を勧告する。軽度な違反はその場で改善させる。2回目以降の違反に対しては30万~1000万ウォン(約3万3400~11万1300円)の過怠料を科す。

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2015/0430/10143811.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








観光客をいやらしい目で見つめるバ韓国・観光警察www

街を練り歩くガラの悪い観光警察


レイプ相手を物色中の観光警察




レイプの標的を物色中のバ韓国・観光警察。


-----------------------
パトロールを行う観光警察

 観光警察が発足から1周年を迎えた16日午後、ソウル市中区の繁華街・明洞では、観光警察がパトロールを実施していた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/17/2014101701141.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








観光タクシーもダメ、観光警察もダメ! いまだぼったくりが横行するソウルww

レイプ相手を物色中のソウル・観光警察


いまだに韓国へ観光する日本人の気がしれません。
糞在日や糞帰化チョンがほとんどだと思いたいのですが……。
まだまだ馬鹿ウンコ喰うの実態を知らない日本人も多いようですね。


さて、そんな馬鹿ウンコ喰う。

数少ない日本人観光客から金を奪おうと必死になっています。

小売店では日本人と見るやボッタクリ価格で販売してくるし、国がお墨付きを与えた観光タクシーですら違法な金額を要求してくるのです。


そんな事態を受け、ソウルの観光協会が斜め上の方策を打ち出してきました。


それは、「ぼったくり被害を補償するニダ」というもの。

ぼったくり被害を申告すれば3万円までは補償するというものらしいです。
ただしそれを証明するためには領収書が必要とのこと。

ぼったくりするような連中が素直に領収書を発行するとは思えないので、実効性はほとんど無さそうですね。



違法なぼったくりをしている側を取り締まればいいだけの話に思えますが、そんな当たり前のことすらできないのがバ韓国なのです。



半万年の歴史のなか、ずっとウンコばかり喰ってきたので脳の構造が人類と大きく違うのです。


きゃつらは生きているだけで、人類に多大なる害を及ぼしています。
一刻も早く絶滅させねばならないのです!!



-----------------------
「ぼったくり被害を補償します」 ソウル市観光協会が「苦肉の策」

 ぼったくりに遭った外国人観光客を救済しようと、ソウル市観光協会が被害を補償する制度を始めたと韓国メディアが報じた。しかし、現状を認めるような施策に疑問の声も出ている。

 補償金制度を報じたのは、韓国の通信社「聯合ニュース」の2014年1月22日付記事だ。

激減している日本人観光客を呼び戻すため?

  それによると、ソウル市観光協会は、明洞、南大門などの観光特区7か所で1月からこの制度を始めた。そこでは、観光客がぼったくりの被害に遭ったとき、まずソウル市観光案内所の現場不便処理センターに電話などで申告する。すると、観光警察などが調査をしたうえで、最大で30万ウォン(約3万円)まで被害を補償するというものだ。観光警察は、13年10月に新設され、ベレー帽姿の警察官がソウルの観光特区を巡回している。

 5万ウォン以下なら観光警察の調査だけでよいが、それ以上なら審議委員会が判断するという。ただ、申告するには、領収書など被害を証明する資料が必要だとしている。

 この制度の最初の利用者は、日本人の女性観光客だったという。女性は1月20日、海苔を約5000円で買ったものの、ほかの店では約3700円だったと被害を申告した。そして、その日のうちに差額を受け取ったそうだ。

 なぜこの制度を始めたのかは、記事では触れられていないが、最近は、日本との関係悪化や円安などで日本人観光客が激減している。そんな中で、再び観光客を呼び込もうとする苦肉の策でもあるらしい。

 しかし、日本のネット上では、「これぼったくり業者を排除するほうが先じゃねーの?」「国挙げて『危険国家』と白状してるようなもんだな」「全然汚名返上なってねーだろw」などと突っ込まれる始末になっている。

外務省「補償するというのは変な話だ」

 外務省の海外安全ホームページを見ると、日本人が韓国で遭ったぼったくりとしては、料金を交渉して決める、タクシーに似た「コールバン」の被害などが挙げられている。ただ、外務省の海外邦人安全課では、ぼったくりが多いかについては、「人気観光地では、多かれ少なかれあるもので、ソウルだけ高いという認識はありません」と否定的だ。

 とはいえ、ぼったくり被害を観光協会が補償するという施策には、担当者も首をひねる。

「普通なら、被害者が警察と一緒に店などに行って、適正な値段にするよう交渉し、差額などを返してもらうものでしょう。大元のぼったくりを絶たないといけないわけで、補償するというのは変な話だと思います

 ぼったくるような店は、領収書なども出してもらえないのが普通だとし、危険な店などには近づかない方がいいと言っている。

 韓国の観光警察では、ぼったくりについて、担当者が取材にこう説明した。

「飲食店や小さな土産物店では、外国人は料金が違うというケースも確かにみられましたが、今では値札を付けていない店は取り締まっています。交通機関では、コールバンの被害もありましたが、取り締まりで減りつつあります。今はそれほど被害も多くなくなっており、補償金制度の利用もまだ日本人女性の1件だけです」

 制度については、「小さな店では、交渉してもなかなか説得するのは難しく、警察もそれ以上は関与できません。しかし、観光客の不満を解消しなければいけませんので、観光環境を改善するためにも必要だったと思います」と言っている。

http://www.j-cast.com/2014/01/23194923.html?p=all
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る