韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

解決策

文喜相国会議長提案の徴用工問題解決策、バ韓国政府と話し合ってなかった!?

日韓関係をさらに悪化させたバ韓国の文喜相国会議長


先日来日して、自称・強制徴用被害者への賠償問題解決策を提案していたバ韓国の韓国の文喜相国会議長


こいつの提案は我々日本人の怒りを買っただけに終わりましたが……。



なんと、この提案はバ韓国政府と話し合って決めたものではなく、この文喜相国会議長による独断だったようです。



いやぁ、トンデモない話ですねwwww


ま、バ韓国塵ならやりかねないとも言えますがwwww



どちらにせよ、この文喜相国会議長は日韓関係を破壊した立役者の1匹です。

その点だけは評価してあげてもいいかもしれませんね。



-----------------------
徴用賠償巡る国会議長の提案 「政府と深く話し合ってない」=韓国首相

 韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が強制徴用被害者への賠償問題を巡り、両国の企業と国民から寄付を募り、被害者に支給する案を提案したことについて、李洛淵(イ・ナクヨン)首相は7日、韓日両国の企業が自発的な拠出金で財源をつくる「1プラス1」という案はこれまでもあったが、それに「アルファ」を加える次の段階については、文議長が政府と深く話し合ってなかっただろうとの見解を示した。国会予算決算特別委員会の全体会議で述べた。

 文議長は5日に早稲田大で行った講演で、韓国大法院(最高裁)が日本企業に強制徴用被害者への賠償を命じた訴訟に絡み、韓日の企業と両国国民の自発的な寄付を財源に基金をつくり、被害者に支給することを柱とする「1プラス1プラスアルファ」案を解決策として提案した。

 李首相は文議長の案について、「強制徴用被害者をはじめとする一般の国民がどの程度受け入れ、また日本が受け入れるのか、多くの課題がある」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/07/2019110780273.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の既婚メスの7割以上が「夫婦間で対立したら離婚すればいいニダ!!」と回答ww

バ韓国塵と結婚するのはキチガイだけ


バ韓国の既婚メスに行ったアンケートによると、


「夫婦間の対立を解決できなければ、離婚が良いニダ」


……と答えたのが7割以上だったとのこと。


そもそも下等生物のヒトモドキどもには、婚姻制度なんて意味がないのでは?


どうせ離婚するなら、ヒリ出した幼獣の始末も行ってほしいものです。



夫婦生活の痕跡をこの世から抹消し、生んだ子供を1匹残らず殺してくれるのなら、

後に控えているヒトモドキの駆除作業が捗りますからwwww


-----------------------
韓国の既婚女性、7割が「夫婦対立解決できなければ離婚が良い」

 既婚女性の10人中7人の割合で夫婦間の対立を解決できなければ別れる方が良いと考えていることがわかった。離婚や死別後に再婚し新しい人生を始めることに対しても10人中6人の割合で賛成した。韓国保健社会研究院の「2018年全国出産力と家族保健・福祉実態調査」の結果によるものだ。 

 保健社会研究院は15~49歳の既婚女性1万1207人を対象に、離婚に対する受容性を調査した。「夫婦間の対立を解決できないならば離婚する方がより良い」という意見への賛成の割合は72.2%だった。「全面的に賛成」が18.1%、「概ね賛成」が54.1%となった。「別に賛成しない」の28.7%、「まったく賛成しない」の4.3%より割合が高かった。 

 こうした賛成比率は2015年調査時の賛成比率65.6%より高まったもの。賛成比率を居住地別に見ると、家族に対する保守的で伝統的な性向が強い農村では68.6%で、大都市の74.1%、中小都市の71.6%よりやや低かった。 

 年齢別では統計上有意味な差は出なかったが、年齢が高いほど離婚を夫婦対立の解決策として賛成する割合が高かった。年齢が増すほど伝統的な姿勢を見せるという予想とは異なる結果だ。 

 学歴別では中卒以下の低学歴集団で賛成比率が62.9%となり、高卒の72.7%、大卒の72.3%、大学院卒の71.9%など70%以上の賛成を見せた他の集団と比べ低かった。「死別や離婚後に再婚を通じ新しい人生を始めた方が良い」という考えに対しては62.4%が賛成した。 

 特に既婚女性の67.1%は「子どもがいても離婚できる」という考えに賛成した。これに対し研究チームは「結婚生活中に発生しうる障害を解決する策として離婚を選択可能な代案として考える傾向が韓国社会でとても一般化されている。子どもの存在はこうした考えにそれほど大きな影響を及ぼせずにいるとみられる」と解釈した。

https://japanese.joins.com/article/573/252573.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る