韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

訪韓

究極の選択を迫られるバ韓国! THAAD問題がある限り習近平の訪韓はない!?

バ韓国に圧力外交する王毅外相


王毅外相の訪韓は、予想通り「THAAD圧力」をかけまくっていた圧力外交ようです。



文政権府側は、支持率回復のため習近平に訪韓してほしくて仕方がないのに、


中国側は、「THAAD解決しなければ習主席訪韓ない」というスタンスとのこと。



今までのらりくらりとアメリカや中国に媚びへつらっていたバ韓国。


しかし、そろそろハッキリと答えを出さざるを得ない状況になっています。




どちらを選択しても、裏切られた側の怒りは相当なものでしょう。


つまり、どう転んでもバ韓国が崩壊するという未来ですねwwww



バ韓国という国、そしてヒトモドキという種が消えてなくなる瞬間を我々の世代で見届けたいものです。


-----------------------
王毅外相「THAAD解決しなければ習主席訪韓ない」…課題投げ掛ける

 中国の王毅・外交担当国務委員兼外相が訪韓期間中に与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表に別個に会い、「敏感な問題をうまく処理すべきだ」と言ったことが6日、確認された。「敏感な問題」とは、慶尚北道星州に臨時配備された在韓米軍の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)を意味する。今月4日と5日に約4年ぶりに訪韓した王毅外相は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、李海チャン代表という韓国側の主要人物全員に「THAAD圧力」をかけて韓国を去ったことになる。

 文在寅大統領をはじめとする韓国側の主要人物たちは「習近平国家主席の早期訪韓」問題を集中的に取り上げたが、王毅外相は確答しなかったとのことだ。外交消息筋は「中国が習近平主席の訪韓とTHAAD解決を結びつけようとしている意図が見え隠れする」と話す。

 中国外務省が6日に明らかにしたところによると、王毅外相はソウル到着当日の4日、李海チャン代表に会い、「中国は韓国との意思疎通を強化し、一帯一路(中国主導の新シルクロード構想)を韓国の発展戦略とつなぎ合わせることができるよう努力し、第3者の協力を積極的に研究するだろう」と語った。米国からインド太平洋戦略への賛同を求められている韓国に「一帯一路への合流」圧力をかけたものだ。そして、「両者は互いに心から接し、相互核心利益と重大関心事を尊重すべきだ。中韓関係のしっかりとした発展に影響を与える敏感な問題をうまく処理し、両者関係の発展を守らなければならない」と述べた。

 ある元外交部次官は「中国が公に反対しているTHAADや米の中距離ミサイル配備といった『敏感な問題』を韓国がうまく処理しなければ、習近平主席の訪韓など両国関係の発展は難しいという警告を外交的修辞で包んだものだ」と話す。中国の外交部によると、これに対して李海チャン代表は「両国関係がさらに高い水準になるよう、共に民主党にはいっそう大きな役割を果たす意向がある」と明らかにしたとのことだ。

 外交消息筋は「(現在の)韓国の政権が発足して3年になろうとしているのに、中国の首脳が訪韓していない事例は1991年の韓中修交以降、見当たらない。韓国政府の焦りをよく知っている中国としてはできるだけ確答を遅らせ、THAAD問題解決への圧力をかけるだろう」とした。

 しかし、中国は限韓令などのTHAAD報復措置をほぼ放置している上、最近になってTHAAD圧力の程度を高めている。このため、中国は限韓令を強化したり緩和したりしながら、「韓国を手なずける」戦略を駆使しているとの見方もある。2017年末のいわゆる「三不」誓約でTHAAD問題は解決したという韓国政府の立場がない状況だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/07/2019120780017.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さっそく隠蔽失敗!! バ韓国を訪れた王毅外相のTHAAD問題に関する発言!!

中国の外圧に怯えるバ韓国政府


圧力外交のため訪韓していた中国の王毅外相。


その会談の後、バ韓国政府側からの発表では「THAAD問題」には一切触れられていませんでした。



しかし!


中国外務省が、

「THAADの臨時配備に関して、バ韓国政府に適切に処理するよう伝えたアル!」

と発表していたのです!



バ韓国政府が隠蔽しようとしているのを察し、あえて発表した感が見え見えですねwwww



さすが支那畜!

家畜未満の存在にしかすぎないヒトモドキの扱いに長けていますなぁ。





文政権がアメリカに内緒で、中国に利するような密約をしたことは間違いないでしょう。


でも、いつもの調子でこうした密約もすぐにすっぱ抜かれそうですね。



今後の展開が実に楽しみですwww


-----------------------
中国がTHAAD問題で一方的発表、韓国政府は当惑

 5年ぶりに訪韓した中国の王毅・外交担当国務委員兼外相が、慶尚北道星州郡に臨時配備された在韓米軍の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)に関連して、韓国政府に対し「適切に処理してほしい」と要求したことが5日、確認された。このため、THAADの臨時配備を問題視し、限韓令(韓流禁止令)などさまざまな報復措置を取ってきた中国が、今度はTHAADの「完全撤退」圧力をかけてきたのではないかとの見方が出ている。韓国外交部と青瓦台は、王毅外相がTHAADに関して圧力をかけてきたことを黙っていたが、中国外務省が同日午後、その事実を公表して騒動になると、後になってこれを認めた。そうしたことから、韓国政府は「中国のTHAAD圧力」を隠ぺいして韓中経済協力などの広報に有利なことばかりを浮き彫りにしたと指摘されている。

 中国外務省の華春瑩報道官は同日の記者会見で、「両国は共通認識に基づいて『THAAD』など中韓関係の健全な発展に影響を与える問題を引き続き適切に処理し、互いの核心的利益と正当な関心事を尊重することにした」と述べた。王毅外相訪韓の成果を説明しつつ、「THAAD」問題を指摘したものだ。

 しかし、これに先立って行われた韓国外交部記者の会見で、同部の金仁チョル(キム・ インチョル)報道官はTHAADについて言及しなかった。韓国外交部は前日に行われた康京和(カン・ギョンファ)同部長官と王毅外相の会談結果を説明した長文の報道資料からTHAADの話を外していた。韓国外交部当局者は同日の記者懇談会でも、「王毅外相は(THAADなど)敏感な事案について話したのか」という質問に対して、「相互の関心事についてさまざまな意見を交換した。これ以上、具体的に話すべき事案はない」とだけ答えていた。青瓦台も同日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の王毅外相接見結果に関する記者会見で、THAADに言及はしないまま、同大統領が習近平・中国国家主席の来年上半期訪韓を期待しているといった話だけした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/06/2019120680005.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















米韓同盟終了のお知らせwww バ韓国・文大統領、米国防長官の目の前でGSOMIA破棄の撤回を断固拒否!!!!!

ついに手首を切ったバ韓国の文大統領


バ韓国のガイキチ文大統領がついに手首をかき切っていましたwwww


訪韓していたアメリカの国防長官の目の前で、


「安全保障上、信頼できないという理由で輸出規制を行っている日本と軍事情報を共有するのは難しい」


と啖呵を切っていたのです!!



まさに手首を切る切ると騒いでいたブスが、後戻りできずにいやいや手首を切った格好ですねwwww


このまま出血多量で死んでいく様子を眺めていたいものです。



それにしても感慨深いものがありますなぁ。


米韓同盟の終了、そしてバ韓国という国家の消滅……。


それら一連の流れを間近で見物できる日がこんなに早く訪れてくれるとは。


本当に文大統領のおかげですねwwww



-----------------------
文大統領、米国防長官の面前でGSOMIAを拒否 

 米国のエスパー国防長官は15日、ソウル竜山の韓国国防部(省に相当)庁舎で開催された第15回韓米安保協議会(SCM)に出席し、韓国側に防衛費分担金の増額と韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄の撤回を改めて強く求めた。エスパー氏はこの日、大統領府で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した席でも同じ考えを伝えた。これに対して文大統領はエスパー氏に対し「安全保障上、信頼できないという理由で輸出規制を行っている日本と軍事情報を共有するのは難しい」として明確に拒否した。これまで米国は様々な方面からGSOMIAを維持するよう韓国側に圧力を加えてきたが、今回は文大統領自ら「GSOMIA破棄」を明言した形だ。防衛費分担金の引き上げについても韓国政府は「米国の要求を受け入れるのは難しい」との考えを伝えたという。

 最大の懸案であるGSOMIAと防衛費分担金問題で韓米両国の主張の食い違いが明確になった結果、今後の交渉で一層の困難が予想されるのはもちろん、韓米同盟そのものが大きく揺らぐ可能性も出てきた。ある外交筋は「同盟国である米国が強い意志を持ってGSOMIAの維持を求めたにもかかわらず、韓国政府ではなく文大統領自らこれを明確に拒否してしまった」と指摘した。

 エスパー氏は見直し期限まで一週間と迫ったGSOMIAについて「もし完全に終了すれば、これによって利益を得るのは中国と北朝鮮だ」「有事を想定した場合、韓米日が効果的かつ適時に情報を共有するためGSOMIAは非常に重要だ」などと説明した。しかし文大統領は「日本の姿勢に変化がみられない限り、GSOMIAの延長は難しい」との考えを直接伝えた。韓米両国が同盟国としての大きな懸案をめぐってこのように意見が対立し、それがメディアによって伝えられるのは過去に例がない。

 これに先立ちエスパー氏はSCMが終了した直後に行った記者会見で「大韓民国は富裕な国のため、もう少し負担できる余裕があり、また負担をしなければならない」と述べた。しかし文大統領とエスパー氏との対話で防衛費分担金問題は一切取り上げられなかったという。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/16/2019111680005.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















異常事態!! バ韓国を訪問したボルトン補佐官、最初の会談相手は……

バ韓国訪問中のボルトン米大統領補佐官


本日、訪韓したボルトン米大統領補佐官。

そのボルトン氏がバ韓国入りして、最初に会った相手は、

最大野党の代表でした!!



これはヤバい傾向ですね。


以前から文大統領を相手にしていなかったアメリカ政府が、

いよいよ露骨に文大統領を排除してきたのでしょう。



我々日本にとって、文大統領以上に頼もしい存在はいません。



なんとしてでも文大統領にはその在任中に、

日韓関係が二度と修復できないようなものにしていただきたいのですから。



-----------------------
訪韓した米補佐官が真っ先に会ったのは…?=韓国ネットも驚き「この国は大丈夫か?」

 2019年7月24日、韓国・アイニュース24によると、訪韓したボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は最初の会談相手として最大野党「自由韓国党」のナ・ギョンウォン院内代表を選択した。米外交・安保のツートップの1人であるボルトン補佐官が真っ先に野党代表と会うのは「異例のこと」で、注目が集まっている。 

 ナ議員は同日、ボルトン補佐官と非公開の会談を行ったと明らかにした。会談はナ議員から要請し実現したという。ナ議員はボルトン補佐官と、昨年5月に日米韓議員会議の韓国代表団団長として米ワシントンD.C.を訪れた際に会うなど面識があったという。 

 ナ議員は今回の会談で、日本の輸出規制措置について「日米韓協力のためにならない」と指摘した。中国、ロシアのKADIZ侵害をめぐっても「米韓同盟の重要性」を強調したという。ナ議員は会談後「安保に関する我が党の立場を十分に伝えた。非常に意味ある会談だった」と感想を述べたという。 

 これに韓国のネットユーザーからは「え?大統領府より先に野党代表?そんなに文大統領が頼りない?」「北朝鮮好きの文大統領とは話すことなどないってこと?」と驚く声が上がっている。 

 その他にも「ボルトン補佐官は日本大好きな人物の1人。やっぱり親日のナ代表に真っ先に会うんだね」「文大統領とは話が通じないと判断したのだろう」「文大統領はもう、米国に大統領と思われていない」「こんなんでこの国は大丈夫か?」などと嘆く声が寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b700300-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る