韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

誤爆

自走砲の射撃訓練を行うバ韓国軍wwwww

自爆して除鮮が捗りそう


今にも自爆しそうでwktk


今にも誤射しそうなバ韓国軍


先日行われたバ韓国軍の訓練の模様。

今にも自爆しそうでヒヤヒヤものですねwwww


どうせなら朝鮮戦争での勇姿を見たいのであまり訓練しないでほしいものです。

訓練すればするほど自爆の可能性が高まるだけですからね。


-----------------------
射撃訓練をする兵士たち

 江原市鉄原郡の陣地で22日午前、第5砲兵旅団の兵士たちがK9、K55自走砲の射撃訓練を実施した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/23/2015042300842.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【wktk】バ韓国の国産戦闘機「FA-50」20機が実勢配備!

本格的に配備されたFA-50




つい先日、とうとうバ韓国で屑チョン製の軽戦闘機「FA-50」20機が実戦配備されたとのこと。

パククネ婆も大喜びで、記念式典に参加して

長年の念願がついに実を結んだニダ。今日は韓国初の国産戦闘機が領空防衛という重大な任務を与えられ、実戦配備された歴史的な日ニダ」と祝辞を述べたんだとか。


莫大な予算を費やしたにも関わらず、その内部は外国産で占められ、性能もかなりの低レベルのようです。


そもそも、有事の際にまともに飛ぶはずもありません。

整備とかメンテナンスとかそういう概念のない生き物ですからね。



結局はこのFA-50なる戦闘機はバ韓国の国力を大いに削いでくれたわけです。










-----------------------
韓国、国産の戦闘機で領空を守ろう!=韓国ネット「誇らしい」「ホントに国産?」「浪費はやめよう」

 2014年10月31日、韓国紙・朝鮮日報によると、韓国産の軽戦闘機「FA-50」20機が史上初めて実戦配備され、朝鮮半島領空の防衛作戦に投入された。「FA-50」は韓国産の「T-50」超音速訓練機を戦闘機に改造したもので、空対空および空対地ミサイルと精密誘導爆弾など最大4.5トンの武器を搭載できる。 

 韓国空軍は30日、江原道・原州基地で「国産戦闘機FA-50戦力化記念式」を開催、朴槿恵(パク・クネ)大統領をはじめ、韓国政府および韓国軍の主要幹部や地域住民が参加したという。朴大統領は記念式で、「長年の念願がついに実を結んだ。今日は韓国初の国産戦闘機が領空防衛という重大な任務を与えられ、実戦配備された歴史的な日」と祝辞を述べた。 

 これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。以下はその一部。 


「韓国空軍、本当におめでとうございます!」 

「朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領が基礎を固め、朴大統領が実を結んだ。誰にも侵略させないようにしよう。大韓民国ファイト!」 

誇らしい!次は日本や米国をしのぐ戦闘力を持った航空機の開発だ。韓国ならできる」 


「韓国のスマホも外国製の部品と技術が入っている。このご時世に100%国産がどこにあるっていうんだ?」 

全体部品の6割が国産で、4割が輸入だっていうじゃないか」 


軍隊ほど不正が多いところはない。これまでもさまざまな不正や事件があった。果たしてあの飛行機もまともに作ったものだろうか?何か起こるのが目に見えている」 

「性能を見ると非常に初歩的な戦闘機だね。かつて大騒ぎされた新兵器は鉄くずと評価されたらしいじゃないか。どうかそんなことが起こりませんように」 


「これからが本番」 

今後は管理もしっかりね。ついでに核も開発して北のやつらをぎゃふんと言わせよう。韓国人が核を作ったら、きっと世界的な核ができるはずだ」 

「こんなことに浪費するんじゃなくて、韓国の戦時作戦権のコントロールタワーであるオバマ大統領に忠誠を誓うべきだ」

http://www.recordchina.co.jp/a96688.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【お笑いバ韓国軍劇場】磁石を近づけただけで誤爆するバ韓国ご自慢のK11複合小銃www

過去にも爆発事故を繰り返していたK11複合小銃




2010年から本格量産が始まっているバ韓国の「K11複合小銃」。


なんとこの銃は、磁石を近づけただけで誤動作してさく裂弾が爆発しかねない代物だったことが判明していました。



バ韓国の防衛事業庁はこの誤動作の事実を知りながらも、黙認しつづけて量産していたんだとか。



いやぁ、見たかったですね。

バ韓国自陣で次々にさく裂弾が爆発する様を。



ま、今回その欠陥が判明したからといって、修正されるとは限りません。


いい意味で期待を裏切ってくれることでしょう。




楽しみがまた一つ増えましたね。

いつも極上の笑いをありがとうございます。








-----------------------
K11小銃に深刻な不具合、防衛事業庁は黙認して量産

「磁石を当てただけで撃発信号と誤認」

 韓国軍が誇る高品質兵器、「K11複合小銃」(写真)。防衛事業庁(防事庁)は、K11複合小銃に性能上の問題があることを事前に知りながらこれを黙認し、量産を強行した疑惑が浮上した。

 最大野党、新政治民主連合の金光珍(キム・グァンジン)議員(初当選、比例)によると、国防技術品質院は今年5月30日に「K11複合小銃電磁波影響性実験」を行った。この実験で、K11複合小銃の20ミリ空中さく裂弾の撃発センサーが、市販されている一般的な磁石の磁性を撃発信号と認識してしまう欠陥が確認された。

 20ミリ空中さく裂弾は、弾に電磁信号を入力することで、一定の距離を飛んだら爆発するシステムになっている。電磁装備なので、電磁波の影響をかなり受けるという。このため、今後普及が予定されている戦闘ヘルメットのヘッドセットマイクの磁石にも影響されかねないことが明らかになった。万一の場合、K11複合小銃を携行した兵士が銃の誤射・誤爆事故に遭いかねないというわけだ。デリケートな電子装置を有し、誤作動の危険が大きい複合小銃は、米国やドイツでも開発を中止している。

 防事庁は2010年からK11複合小銃の量産を始めたが、11年10月と昨年3月に爆発事故が発生し、戦力化を中断した。その後、今年7月に戦力化の再開が決まり、8月に再び量産に入った。金光珍議員は「防事庁は、事業推進に対して問題を提起した国防技術品質院を排除するため、防衛事業法の関連規定に違反してまで、品質保証業務の担当を開発機関の国防科学研究所(ADD)に変更した」と語った。これに対し防事庁の関係者は「強力な磁石を当てた場合、K11複合小銃の撃発センサーが誤作動を起こすのは事実」「射手がこうした問題を認知して措置できるようにする安全装置を、K11複合小銃に追加した」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/21/2014102101247.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る