韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

謝罪

日本とバ韓国の弁護士が両国で同時記者会見? 徴用工問題で日本政府を非難!!!!!

日本とバ韓国の弁護士が同時記者会見だと?


日韓の弁護士が、両国で同時に記者会見を開いていました。


「日本政府は強制動員を認めろニダ!」


「謝罪する気があるなら金を払え!!」


「事実を認め、歴史に残すようにするニダ!」



……日韓の弁護士ではなく、

バ韓国塵の弁護士と在日弁護士による同時記者会見だったわけですね。






そもそもヒトモドキに弁護士などという職が務まるわけがありません。

何しろ法を守るという意識が、生まれつき存在していない生物なんですからwwww



今すぐにでも日本で活動しているヒトモドキ弁護士どもの資格を取り上げるべきでしょうね。



-----------------------
強制徴用訴訟関連の韓日団体が両国で同時に記者会見…「両国協議体を提案」

 強制徴用事件の訴訟にかかわってきた韓日両国の弁護士と彼らを支援してきた民族問題研究所など市民団体は6日、韓日両国で同時に記者会見を開き、真の問題解決のための韓日両国協議体の設立を提案した。

 「強制動員問題の正しい解決を望む韓日関係者一同」の韓国側弁護士と市民団体関係者はこのような提案をして、韓日両国政府が協議体の活動を支援して協議案を尊重するよう要求した。また、協議体には被害者の代理人弁護士と支援者、韓日両国の弁護士・学者・経済界関係者・政界関係者などが含まれるべきだとの提案も行った。

 彼らは強制動員問題をまともに解決するためには▼加害者(日本政府)の強制動員事実の認定と謝罪▼謝罪証拠としての賠償▼事実と教訓の次世代継承(歴史教育)--など3つの条件をクリアしていなければならず、日本政府と企業が過去の人権侵害事実を認めて謝罪することだけが強制動員問題解決の出発点だと話した。

 一方、「強制動員問題の正しい解決を望む日韓関係者一同」の日本側弁護士と市民団体関係者は6日午後、東京都中央区京橋区民館で記者会見を開き、同じ趣旨のコメントを発表した。

https://japanese.joins.com/JArticle/261221
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【いつものアレwww】GSOMIA問題はバ韓国の大勝利で終わったニダ! 日本政府が謝罪したから許してやったニダ!!

バ韓国塵に言葉は通じません


GSOMIA破棄を延期したのは、


「日本政府が謝罪したから許してやったニダ!」


……というスタンスを取り続けるバ韓国。



しかし、日本の菅義偉・官房長官は「いずれにしても(日本)政府として謝罪した事実はない」と明言しています。



どうやら、

日本の外務省次官名義で『経済産業省の無理なブリーフィングは申し訳ない』とバ韓国側に伝えていたというのが、きゃつらの根拠のようです。



本当に外務省の次官が謝罪したのか疑わしいですが、

軽い挨拶のノリで謝辞を述べた可能性はありますね。



その関係者の一言を拠り所にして、


「日本政府が謝罪したニダ! 安倍首相の惨敗ニダぁぁぁ! ウリの大勝利ニダぁぁぁぁぁぁぁ!!」


と顔を真っ赤にしているのでしょう。



バ韓国塵どもに我々人類の常識は通じません。


はっきりと「NO」と伝えても、きゃつらの頭の中で勝手に「YES」に変換されてしまうのですから。



日本政府としてはこれでまたひとつ学んだでしょう。


どんな約束事をしても正反対の結果しか得られないので、ことごとく無視し続けるしかないでしょう。




制裁を下す時もただ黙って行い、

ゴキブリどもの言葉に耳を貸してはいけないのですから。





-----------------------
日韓関係、緩和したと思いきやまた舌戦=韓国高官が日本に警告―中国メディア

 2019年11月26日、環球網は、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)の失効回避により関係が緩和したかに見えた日韓両国が、「どちらが譲歩したか」をめぐって再び舌戦を繰り広げていると報じた。

 記事は、韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が24日夕方の記者会見で、GSOMIAに関して日本政府が連日発表している情報について「強い遺憾を示さざるを得ない」とし、日本が今後も同じ行動を続ける場合は、日韓交渉の進展に重大な影響を及ぼしうるとの見方を示したという韓国紙・中央日報の報道を紹介した。

 ハンギョレや中央日報といった韓国メディアの25日付の報道によると、鄭室長は「世界貿易機関(WTO)提訴を停止するという韓国側の通知があって初めて両国は交渉を再開した」という日本政府の見解を否定し、「8月23日に韓国がGSOMIA終了通知を出した後に日本側が外交ルートによる交渉を持ちかけてきた」と説明。GSOMIA失効回避は米国の圧力によるものという日本側の認識についても否定した。

 一方で、「韓国が24日にGSOMIAや貿易紛争への見解をめぐって日本に抗議を行った翌25日に日本政府が謝罪した」という韓国メディアの報道に対して、日本の外務省や経済産業省の関係者に加え、菅義偉官房長官もこれを否定した。

 記事は、GSOMIA失効回避決定からわずか2日で両国関係に再び亀裂が走ったことについて、日韓両国の専門家やメディアが「両国の信頼不足」「立場になおも明らかな差があることの表れ」「両国が問題解決の落としどころを見つけるのは難しい」「日米韓の安全保障に生じた亀裂はもはや隠せない」との認識を示していると伝えた。

https://www.recordchina.co.jp/b762395-s0-c10-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【どうなるバ韓国】チョ・グクの辞任で窮地に追い込まれる文大統領

チョ・グクの辞任で謝罪したバ韓国の文大統領


チョ・グクの法相辞任を受け、文大統領が謝罪していました。


「国民の間に多くの葛藤を引き起こしたことについて非常に申し訳なく思うニダ」



これからの展開が楽しみです。



保身のためチョ・グクが司法取引して、文大統領の裏の顔を暴露することも考えられるでしょう。



ここが踏ん張りどころですね。


文大統領には、なんとしてでもこの窮地を脱してほしいものです。



彼には、バ韓国を終わらせるという重大な使命があるのですからwwww




-----------------------
固い表情の文大統領

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(左から2人目)が青瓦台(大統領府)で開かれた首席秘書官・補佐官会議に出席した。会議前に側近のチョ国(チョ・グク)法務部長官が辞意を表明した。固い表情を見せる文大統領。

https://jp.yna.co.kr/view/PYH20191014172500882?section=image/photos
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【北朝鮮ミサイル】地球は丸いからバ韓国が先に探知できるニダ! 日本の情報なんていらないニダ!! → 嘘でしたwwww

GSOMIA破棄でバ韓国崩壊がまた近づくことにwww


北朝鮮が発射したミサイルの詳細を得るため、バ韓国が日本に情報を要請していました。


GSOMIAを言い出しておいて、よくもまあそんな真似ができるもんですwwww


しかし、バ韓国の国務調整室長は、


「日本に情報要請なんてしていないニダ!!!」

「地球は丸いからウリが一番先にミサイル探知できるニダ!!」


と顔を真っ赤にして否定していました。



これが真っ赤な嘘だとすぐにばれてしまい、この国務調整室長は謝罪に追い込まれていましたwwww



もうこんな茶番は見飽きましたね。

見るのもうんざりなので、さっさと半島ごと消えてなくなってほしいものです。



-----------------------
「日本にミサイル情報要請していない」と言い張った韓国国務調整室長が謝罪

 2019年10月2日、韓国・朝鮮日報は「『日本に情報提供を要請していない』と言い張っていた国務調整室長が、後になって謝罪した」と報じた。

 記事は、「韓国野党・自由韓国党の金鎮台(キム・ジンテ)議員と盧ヒョン旭(ノ・ヒョンウク)国務調整室長が同日、国会国防委員会による国政監査で舌戦を繰り広げた」と伝えた。焦点になったのは、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けた国防部・鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官の発言。鄭長官は「われわれは日本とのGSOMIA終了を発表したが、発射体について日本から(情報)要請があったか」という質問に対し、「日本の要請はなかった。われわれが情報共有を要請したという報告を受けた」と答えたという。

 この発言について盧室長は「日本に情報要請はしていない」と主張したが、金議員は「国務調整室長なのに一番情報が遅い。ニュースをまだ見ていないようだが、GSOMIAを使って日本に要請した」と反論。これに対し、盧室長は「地球は丸いので、北朝鮮がミサイルを発射すれば当然、韓国が先に探知できる。北朝鮮のミサイルがSLBMであったことも韓国の国家安全保障会議(NSC)が発表した。事実関係を一度確かめてほしい」と答えた。

 しかし、その後に盧室長が確認したところ、鄭長官の発言は事実であったことが判明した。盧室長は謝罪し、情報を把握していなかったことについて「国家安全保障会議(NSC)常任委員として(当該問題を)フォローアップしていたが、国政監査に出席するため今日は(会議に)出席できなかったため」と説明したという。

 これを受け、韓国のネット上では「口を開けばうそばかりの文政権」「うそが日常的な文政権。少しの間は国民をだませるかもしれないけど、いつか真実は明らかになる」といった政権批判をはじめ、盧室長に対しても「もっと把握してから慎重に話すべきじゃない?辞職して!」「『国務調整』という名前を汚してる」など厳しい意見が寄せられ、中には「GSOMIAの破棄が結局は災難を呼んだ」との嘆き節も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b749526-s0-c10-d0127.html
-----------------------


>口を開けばうそばかりの文政権


どうやら屑チョンどもは大きな勘違いをしていますね。


ヒトモドキは一匹の例外もなく嘘しか口にしない、ということを我々人類はよく理解しています。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る