韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

警報

集中豪雨のバ韓国、気象庁の局長「開いた口がふさがらないほど想像できなかった現象ニダ!」

バ韓国の集中豪雨で被害相次ぐ


先日からの集中豪雨で被害が相次いでいるバ韓国。

死傷者の数は少なめで残念ですが、浸水被害はかなり深刻なようですね。



この豪雨の際のバ韓国の気象庁の対応が話題になっていました。


夕方から豪雨になっていたのに、気象庁は警報を発令したのは夜の19時40分wwwwwww

いったいその間何をしていたんでしょうね?



しかも、気象庁の予報局長が、


「戸惑いを通り越し、開いた口がふさがらないほど想像できなかった現象ニダ」


「30年近く気象庁に勤務しているが、初めて見る現象だったので予測できなかったニダ」


……と述べているそうです。



いやぁ、開いた口が塞がらないのはこちらのほうですねwwww


バ韓国製の気象衛星の打ち上げが控えていますが、

この調子だと今後もバ韓国の予報はいい加減なものになりそうです。



さすが、屑チョンクオリティですなぁwwwww



-----------------------
「想像もできない現象…」韓国気象庁の発言が「無責任すぎ」と物議

 2018年8月30日、韓国・国民日報は、「韓国気象庁の“無責任な発言”が物議を醸している」と報じた。 

 記事によると、韓国では28日夕方以降に集中豪雨があり、河川の氾濫や道路の浸水など各地で被害が相次ぎ、死者も出た。当初、気象庁から豪雨注意報は発令されておらず、午後7時40分になってようやくソウルに警報が発令された。このため、ネット上では「予報すべき気象庁が生中継をしているのか」などの批判が多く寄せられたという。 

 さらに、市民らの不満の火に油を注いだのが気象庁予報局長の発言。ユ・ヒドン局長は同日夜、記者らに送ったメールで「戸惑いを通り越し、開いた口がふさがらないほど想像できなかった現象」だとし、「30年近く気象庁に勤務しているが、初めて見る現象だったので予測できなかった」と述べたという。 

 これを受け、韓国のネットユーザーからは「無責任な発言」「想像もできないくせに、なんで気象庁にいるの?」「税金がもったいない」「予報責任者が言うせりふなのか」「こちらの口がふさがらない」「気象庁の職員の給料より、外国から天気予報情報をもらう方が安そう」「気象庁に予算を使うのは金の無駄。日本の天気予報を参考にしよう」など非難の声が高まっている。

https://www.recordchina.co.jp/b639516-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国のキチガイ医療】長さ10センチのハサミが8か月もお腹の中にwwwww

低能バ韓国塵に外科手術なんて真似は無理


バ韓国の47歳のメスが空港の金属探知機を通過したところ、

何度試しても警報が鳴ったとのこと。


その理由は、お腹の中に手術用のハサミが埋まっていたためwwwwwwwwww


このメスは昨年の12月に脂肪除去手術を受けており、その際にハサミが腹に入ったまま縫合されていたんだとか。


しかもそのハサミは10センチもあったというのですから、相当なもんですね。




ま、これも屑チョンどもの習性によるものでしょう。


手術前のメスやハサミの数をカウントするなんて真似は、あのキチガイどもには到底できないんですから。


整形手術が盛んなバ韓国なので、その内顔面にハサミが埋まったままの屑チョンが出現しそうですなぁwwwwww




-----------------------
空港の金属探知機に何度も引っかかる韓国女性、体内を調べてみたら…―韓国メディア

 2018年8月8日、環球網は、韓国の空港で保安検査を受けて警報が鳴った女性の腹に、手術用の鉗子が埋まっていることがわかったとする韓国メディアの報道を伝えた。

 記事は韓国SBSテレビの8日付報道を引用。旅行者を経営する47歳の女性朴(パク)さんが、空港で保安検査を受けたところ、金属探知機が作動した。係員の指示を受けてX線を撮影してみると、腹部に信じられない物が写っていた。

 「自分のお腹に医療器具があるのを知ってますか」と質問された朴さんは冗談だと思ったが、見せられたモニターで、自身の腹部にハサミのような形をした金属製の医療機器が存在するのを確認したという。

 朴さんは昨年12月に京畿道水原市にある病院で腹部の脂肪除去手術を受けていた。医療スタッフが手術の際に長さ10センチ程度の鉗子を朴さんの腹に入れたまま患部を縫合したものとみられる。

 朴さんによると、手術後に腹部がチクチクと痛み続け、病院にその旨を伝えたものの何の措置も取ってもらえなかったという。鉗子が写ったX線写真を見せてようやく鉗子を取り出す処置を施したとのことだ。記事は「手術後には必ず手術用具を数えることになっているが、この医療スタッフは最も基本的なプロセスを遵守しなかった」と伝えた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15138051/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁッ】バ韓国・ソウル地下鉄の女子トイレに“悲鳴感知システム”が導入されるwww

バ韓国のトイレはレイプが日常茶飯事


ソウルの地下鉄の女子トイレに、

「悲鳴感知システム」が導入されたようです。


性被害を防ぐために設置されたようですが、無意味なのでは?


なにしろ、息を吐くように嘘をつき、息を吸うように性犯罪を犯す連中なんですからwwww



ま、常に警報が鳴りっぱなしになって、

アッという間にシステムが使われなくなることでしょうねwwww


-----------------------
ソウル地下鉄が女子トイレに悲鳴感知システムを導入、韓国ネット「男子トイレは?」

 2018年3月23日、韓国・ニュース1によると、ソウル交通公社が韓国の通信会社大手KTとともに駅構内の空気汚染の状態をリアルタイムで測定し調整するシステムと併せ、女子トイレに悲鳴を感知して通報するシステムを導入した。 

 ソウル交通公社は、ソウル地下鉄「光化門(クァンファムン)駅」、「往十里(ワンシムニ)駅」、「長漢坪(チャンハンピョン)駅」にリアルタイムで駅構内の空気汚染の状態を分析する事が可能なシステムを導入。KTの空気の質管理ソリューション「GiGA IoT Air Map」が適用されたこの装置は、駅構内のPM2.5、PM10、二酸化炭素、温度、湿度、騒音の測定が可能となっており、管制センターでは空気の状態をリアルタイムで確認し、換気システム運用のタイミングと回数を調節することができるという。 

 さらに、「傍花(パンファ)駅」、「乙支路4街(ウルチロサガ)駅」、「君子(クンジャ)駅」などには、女子トイレに悲鳴を感知してリアルタイムで緊急事態を知らせるシステム「Safe Mate」を設置した。この装置は、悲鳴を感知するとトイレの入り口で光が点滅し、駅職員の携帯電話に状況を伝えるというもの。ソウル市は犯罪予防センターと協力して警察にも事故の状況を通報するシステムを構築する予定とのこと。 

 ソウル交通公社のキム・テホ社長は「情報通信技術を基盤としたシステムを試験設置し、実効性が検証される場合、全ての駅に拡大設置する予定」とし、「革新的な技術を地下鉄に適用して、より安全でクリーンな交通環境を構築する」と述べている。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「予算の無駄遣いのような気がするな」「やることがオーバー過ぎる」「例えば、小さな虫に驚いて悲鳴を上げた場合はどうするんだ?」「こんな事に金を使うんだったら、軍隊の待遇をもっと良くしてくれ」など、批判の声が寄せられた。 

 また、「男子トイレには何もしないの?」「男子トイレで暴行事件があっても無視か」「犯罪は男子トイレでも起きる可能性がある」など、対策が完全ではないとの不満の声も見られ、中には「男は犯罪を犯すものと決めつけているような気がする」とするコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b585128-s0-c30.html
-----------------------


>「男は犯罪を犯すものと決めつけているような気がする」

たしかにこれはいけませんね。

“朝鮮ヒトモドキは必ず罪を犯す”が正解なんですから。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る