韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

バ韓国政府「セウォル号から遺骨が見つかったニダ!」、しかし詳しく調べたら……

セウォル号の中から豚の骨が発見される


バ韓国政府「引き揚げられたセウォル号の中から犠牲者の遺骨が見つかったニダ!!

……、

…………、

詳しく鑑定したら、


豚の骨でしたwwwwwwwww


もうこれは我々人類を笑い死にさせる気マンマンですね。


それにしても失礼な話です。

屑チョンより遥かに高位な存在である豚の骨と間違えるだなんて、言語道断もいいところですねぇ。




大金を投じてセウォル号を引き揚げても、船体はザルのように穴だらけwwwww

搭載していないはずの動物の骨が見つかったり……。



まだまだ我々を笑い死にさせるような発表がありそうです。


覚悟しておきたいものですなぁ。



-----------------------
韓国政府がセウォル号から見つかった豚の骨を「行方不明者の遺骨と推定」と誤発表=騒動で浮かび上がった新たな謎と問題とは?

 2017年3月28日、沈没から約3年ぶりに海上に引き揚げられた韓国の旅客船セウォル号から骨のようなものが見つかり、一時「行方不明者の遺骨と推定」と発表されたが、鑑定の結果、数時間後に豚の骨と判明する騒動があった。これを受け複数の韓国メディアが、新たに浮かび上がった疑問や引き揚げ作業の問題点を報じている。 

 韓国海洋水産部は28日午後3時過ぎ緊急会見を開き、同日午前にセウォル号を載せて運ぶ半潜水式の船甲板上で、行方不明者の遺骨とみられる骨7片が見つかったと明らかにした。この知らせに、家族との3年ぶりの再会に期待を膨らませた行方不明者の家族たちだったが、同日午後9時ごろ出された国立科学捜査研究院による鑑識の結果、骨片は豚のものと判明した。

 人と貨物だけを運んでいたはずのセウォル号からなぜ動物の骨が見つかったのか、との疑問を掲げ解説したのは聯合ニュースだ。セウォル号には乗員33人を含む443人が乗船、捜査結果と記録によれば2143トンの貨物が積まれていた。専門家の話では動物を運ぶための貨物室はなく、貨物として動物を載せることはできないため、これまでセウォル号で動物が運ばれていた可能性は言及されることがなかった。 

 しかしある専門家は「動物を他の貨物と混ぜてトラックに積み込み、申告していない可能性もある」と指摘する。このほか専門家からは、セウォル号が馬の産地として知られる済州島(チェジュド)行きであったことから馬が載せられていたことや、乗客がペットを連れて乗船したこと、乗客が持ち込んだ食べ物や船内の食堂で食材として使われた豚肉の骨が見つかったこと―などの可能性が提起された。 

 一方、SBSテレビが指摘したのは、船内の遺留品などが海に流れ出るのを防ぐための措置が不十分だったのではないかという点。セウォル号は窓や出入り口など290カ所余りに2.5センチ間隔で「流失防止ネット」が張られていたが、今回「船外」で見つかった骨片の中には長さ18センチになるものもあった。海洋水産部などによれば、引き揚げ作業の過程で重みに耐え切れず一部のネットが破損した可能性があるほか、それ以前に、引き揚げ作業のため船体に開けられた穴は140以上に上り、行方不明者の家族の間では、今回の騒動でさらに不安が募っている。

http://www.recordchina.co.jp/b171561-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【産地偽装が得意なあの店に注意!】バ韓国で豚の口蹄疫が発生中!!!!!!!

バ韓国で豚の口蹄疫発生中!


バ韓国でまたもや豚の口蹄疫が発生したようです。


既に豚670頭が殺処分されたとのことですが、なんて可哀そうなのでしょう。


現在消毒作業中とのことですが、しょせん屑チョンのやることですから大した効果はみられないんでしょうねぇ。



こうした悲劇を繰り返さないためにも、病原菌の元であるバ韓国塵を5000万匹ほど殺処分すべきでなのです。

今すぐにでも!!


-----------------------
豚の口蹄疫発生

 韓国南西部の金堤にある養豚農家で飼育していた豚2頭が口蹄(こうてい)疫に感染したことが確認された。当局は同農家で飼育中だった豚670頭を殺処分し、感染拡大を防ぐため消毒などを強化している。消毒作業が行われている南部の高霊にある養豚農家。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20160112147000882
-----------------------


こうしたバ韓国産の豚肉を「産地偽装」して店頭に並べるAEONだのイオンだの岡田屋にも天罰を与えたいものです。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【グロ注意!】バ韓国のメスのハンドボール選手たちwwww

バ韓国のメス豚集団


バ韓国のメスのハンドボール選手たち……。


売春婦にすらなれない屑豚の集団ですか?


随分と臭そうな豚ですことwwwwwww


画像から酸っぱい匂いと腐敗臭が漂ってきそうで吐き気がしちゃいますね。


-----------------------
ハンドボール女子 6大会連続V達成

 ハンドボール女子のアジア・ユース選手権の決勝がインド・ニューデリーで行われ、韓国は日本を27―22で下し、6大会連続の優勝を果たした。優勝を決め、喜ぶ韓国代表。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20150904025800882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【真性グロ画像帝国】半ズボンを履いた申智愛(バ韓国のメスプロゴルファー)wwwww

白豚の申智愛、いや豚に失礼でしたね


醜いモモを晒す申智愛


日本のプロツアーに参戦している屑バ韓国塵の申ジエ。

わかりにくいかもしれませんが、一応性別はメスのようです。

まるで豚ですね。


あ、豚に失礼でした。豚の可愛さにも遠く及ばないただの肉とウンコの塊にしかすぎませんでした。



この不細工がツアー後のインタビューで、

実は…今日初めて半ズボンをはいたニダ。恥ずかしいニダ!

と意味不明の供述を始めたとのこと。



誰も見てねえから!

何を勘違いしてんだか、この不細工はwwwwww

そんな汚ないもんを晒すなんて、これはもうテロですね。




こんなデブ不細工がTVに写るだけでどれだけ多くの人が不快に感じていることでしょう。

女子プロゴルフの人気が一向に回復しないのは100パーセントこいつらバ韓国塵のせいに他なりませんね。

一刻も早く締め出すべきでしょう。


女子プロゴルフだけと言わず、人類のありとあらゆるスポーツも屑チョン抜きで競い合いたいものです。

-----------------------
初めての半ズボン 申ジエは「脚が白くて恥ずかしい」

 国内女子ツアー「サイバーエージェント レディス」が1日(金)、千葉県の鶴舞カントリー倶楽部 西コースで開幕。2010年大会の覇者、申ジエ(韓国)が6バーディ、2ボギー「68」でプレーし、2位に1打差の単独首位発進を切った。

 ラウンドを振り返る取材中、笑顔とともに自ら切り出した申。「実は…今日初めて半ズボンをはいたんです」。言われてみれば、これまでは確かに長ズボンの印象が強かった。その証拠に、両足はプロゴルファーらしからぬ真っ白な肌色。「今までゴルフではいたことがなかったので、まだ白くてちょっと恥ずかしい」と、視線を両足に落としながらはにかんだ。

 聞けば、2010年、この大会の開幕2日前に誕生日を迎えた申に贈呈されたケーキの上に、スカート姿の申の人形が載せられていたという。申は、感謝の印として「次の試合では、スカートか半ズボンをはいて頑張ります」と返答。長く実現できていなかった宣言を、ようやく5年越しで果たせたとのことだ。

「これからも頑張って黒くなれるように、一生懸命はいていきたいです」。試合内容よりも多くの言葉を費やした半ズボンへの意気込みに力を込め、周囲の笑いを誘った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150501-00000014-gdo-golf
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る