韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

贈収賄

【お笑いバ韓国軍劇場】大金を投じて用意した無人偵察機、帰還能力に欠け飛ばすことができないwwww

鉄くずに大金を投じるバ韓国軍


バ韓国軍には、510億ウォン相当の無人偵察機が存在しています。


しかし!


故障だらけでろくに飛ばず、電波妨害で墜落したり帰還できない代物のようですwwww



その結果、大金を投じて用意したものの倉庫に眠らせておくしか用途がないとのこと。



いやぁ、流石ヒトモドキのすることですなぁ。


結局、一部の関係者だけが私財を増やし、北朝鮮の脅威にはまったく抵抗できないといういつもの流れです。


こんな国、さっさと終わらせてあげるのが慈悲というものでしょう。




この日本国内に巣食っている害獣どもをさっさと送り返し、

ヒトモドキという種を地上から完全に消し去りたいものです。


-----------------------
墜落恐れ飛ばせない510億ウォン相当の韓国軍無人偵察機

 韓国が510億ウォン(約45億円)の税金を投じて導入した海洋情報艦の無人偵察機(UAV)の性能が劣り、事実上使い物になっていないとの指摘が出ている。韓国軍は北朝鮮による攻撃の兆候を積極的に探知しなければならないUAVの「故障」を懸念し、頻繁には活用していないという。野党は「数百億ウォン相当の装備が観賞用と化したのか」と批判している。

 自由韓国党の李種明(イ・ジョンミョン)国会議員によると、韓国軍の代表的な対北朝鮮情報資産である艦船「新世紀」「新紀元」に搭載されたUAVはGPS妨害への対処能力が著しく低いか、そうした性能そのものを備えていないことが判明した。新世紀艦のUAVは当初、GPS妨害対応能力が備わっていなかったが、監査院による監査で指摘が相次ぎ、その場しのぎで補完を済ませた。また、新世紀艦のUAVよりも先に導入された新紀元艦のUAVにはGPSは搭載されているが、妨害対応能力はないことが分かった。李議員は「現在の状況ならば、偵察作戦中に北朝鮮によるGPS妨害攻撃を受ければ、墜落するか、母艦への帰還が不可能だ」と述べた。その上、両艦のUAVは海軍の指揮統制体系とも連動しておらず、作戦指揮にかなりの障害があるとも指摘した。新世紀艦のUAVは2003年、新紀元艦のUAVは08年に戦力化が推進された。

 しかし、事業者選定過程で贈収賄や優遇といった雑音がやまなかった。UAVの運用は海軍、UAVで得た情報は国家情報院がそれぞれ管理する。野党からは「数百億ウォンの税金をつぎ込んだにもかかわらず、結局故障を恐れ、飾っておくしかない『スクラップ』ではないか」と指摘する声がある。海軍は「合同参謀本部、防衛事業庁などと性能改良に取り組んでいく」と説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/11/2019101180144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【真っ黒クロスケwww】バ韓国の次期首相候補である李完九の経歴がブラック過ぎwwwwwwwww

韓国の次期首相李完九。過去の経歴は真っ黒け


バ韓国の次期首相候補の李完九(イ・ワング)。


国民全てが犯罪者のバ韓国らしく、こいつも相当ブラックな経歴を持っているようです。


息子の兵役回避のためアメリカに留学させ、留学中の怪我を理由に兵役逃れに成功。

実弟は贈収賄の不正を働き、本人にも兵役の早期転役疑惑が取りざたされています。



実に屑チョンらしい経歴ですねwwww



-----------------------
韓国次期首相候補、家族めぐる疑惑を全面否定

 次期首相に内定した李完九(イ・ワング)氏が二男の兵役免除疑惑と実弟の贈収賄疑惑について全面否定し、公開検証するという意向も明らかにした。李氏側のセヌリ党金在原(キム・ジェウォン)院内首席副代表は24日、政府ソウル庁舎で会見を開き、「李氏の二男は米国留学中にサッカーの試合で負傷した。国外留学者で兵籍管理入営延期対象だ」と主張した。また、「異論を提起し続けるならばメディア関係者の前でエックス線撮影などあらゆる証明をする用意がある」と明らかにした。

 金副代表は、「李氏の二男はサッカーの試合で右ひざ前十字じん帯が完全に破断し手術を受けた。これによって不安定性大関節を理由に5級の判定を受けた」と説明した。

 入営延期疑惑と関連しては、「2001年から5年間にわたり米ミシガン大学などで学業を修めた。この期間は兵務庁で国外留学者として兵籍管理を受け、本人が完全帰国するまで入営延期対象だった」と話した。合わせて「2002年9月に入営通知があったが電算エラーによるミスで、ソウル地方兵務庁から『留学出国者であることを確認し即時入営通知取り消し』を通知した」と述べた。

 これとともにミシガン大学病院のMRI検査結果診断書と手術確認書、徴兵身体検査結果通知書、昨年8月に撮影したエックス線撮影フィルムなどを公開した。金副代表は、「エックス線撮影フィルムで見るように二男の右ひざには鉄芯が埋め込まれた状態で、今後持続的治療が必要であり完全に回復した状態ではない」と説明した。

 続けて李氏本人の兵役については、「李氏は徴兵身体検査で副舟状骨を理由に補充役招集の判定を受けた。李氏は1976年5月に入営し翌年4月に満期で服務を満了した。一部メディアが報じるように李氏が肺疾患を理由に早期転役したというのはまったく事実ではない」とした。

 このほか2011年に李氏が忠清南道(チュンチョンナムド)知事だった当時の実弟の贈収賄についても「関連はない」と明らかにした。金副代表は、「当時李氏は忠清南道開発公社が清堂洞(チョンダンドン)のマンション事業に参加するのを反対した。当時許認可権者は忠清南道知事ではなく天安(チョンアン)市長だった。この事業は許可が取り消され実施されなかった」と明らかにした。続けて、「李氏の弟の不正の事実に李氏がまったく関与していないことは明白で、2011年に内偵調査を受けた当時も弟と何の関連もないということが確認された」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150125-00000007-cnippou-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る